発毛の鍵は・・・

こんにちは。

 

発毛キャンプ®トレーナーの椿山です。

 

28年間発毛というカテゴリーで数多くのお客様に接してきて、この2年、発毛キャンプ®システムを確立してからの発毛率は過去のそれとは比べ物にならないくらい高い確率で発毛しております。

 

このビフォーアフターは

ビフォー3月22日

アフター8月30日ですから、約5か月間の結果です。

この様に結果を出している方と中々結果が出るのが遅い方が存在します。

 

この結果が出るのが早い方を検証したところある共通点が見えてきました。

 

発毛キャンプ®システムでは、外からのケアはもちろんのことながら、インナーケアにも力を入れております。

 

特にインナーケアには注力しており、その中でも腸内細菌、腸環境の改善は最優先課題としております。

 

何故ならば、今までお客様のスキン、スキャルプの健康状態を長年観察してきて、胃腸の弱い人は肌にトラブルを持ちやすいという現場での実証と、最近腸内フローラの研究が進み、腸の重要性がその研究からも解明されてきたからです。

 

腸と肌は密接な関係性にあり、腸内環境の荒れはそのままお肌の荒れに繋がっています。

 

発毛キャンプ®システムにおいても腸内フローラの正常化のために摂取していただいているものがあります。

 

それをキチンと摂取している方とそうでない方では結果に大きな差が出るようです。

もちろんもっと長い期間の経過観察は必要ですが、その傾向にあるようです。

 

しかし、腸が正常かどうかというのはわからないよ~~という方も多いのではないでしょうか

 

そこで、辨野義己先生のホームページをご紹介します。

タイトルが「いいうんち研究所」

 

腸の調子はウンチを見れば一目瞭然!!

 

https://www.toilet.or.jp/iiunchi-labo/unchirsch200809.html

 

このサイトでは「腸年齢チェック」が出来ますので、チャレンジしてみてください。

 

私の判定結果は・・・・

 

 

腸年齢=実年齢,腸年齢は若くてバッチリ合格!今の生活続けて。

 

でした~~(パチパチパチパチ)

 

あなたもチャレンジしてみてください。

 

腸内年齢=見た目年齢ですから!!

 

辨野義己先生プロフィール

独立行政法人 理化学研究所バイオリソースセンター微生物材料開発室長。 農学博士。酪農学園大学獣医学科卒、東京農工大学大学院を経て2004年から現職。35年以上にわたって腸内細菌学・微生物分類学の研究に取り組んでいる。

おもな著書として、「ウンコミュニケーションBOOK」(ぱる出版)、「ヨーグルト生活で「腸キレイ」」(毎日新聞社) 「ビフィズス菌パワーで改善する花粉症」(講談社)、「べんのお便り」(幻冬舎)、「病気にならない生き方で、なる病気」(ブックマン社)などがある。

ここに文字を入力

 

 

その他のおすすめ記事

自宅で楽しく発毛キャンプ®④~消費者がつくているんです~
カテゴリ:発毛キャンプ 自宅で発毛キャンプ®
読んで下さっている皆様こんにちは。   前回のブロ …
危険信号
カテゴリ:GOCELL シャンプー スタイリング剤 それダメ 常在菌 発毛キャンプ
こんにちは。 発毛キャンプ®トレーナー椿山です。 &nbsp …
人間のエゴはこれからも作り出す。
カテゴリ:不都合な真実 地球環境 常在菌 社会環境 腸内フローラ
O-157って人間のエゴが作り出したって知ってた? &nbs …
自宅で楽しく発毛キャンプ®⑩~あれが原因でハゲた!?~
カテゴリ:発毛キャンプ 自宅で発毛キャンプ®
こんにちは。   このブログは薄毛でお悩み、または …
最近広がりを感じるのは・・・
カテゴリ:理容 発毛キャンプ 美容
皆さんこんにちは   今週月曜火曜は名古屋・岐阜の …
ヘッドスパってやった方がいいの??
カテゴリ:GOCELL シャンプー それダメ ヘッドスパ 理容 発毛・育毛剤 発毛キャンプ 皮膚 美容
こんにちは。 今日はちょっとヘッドスパについて私なりの見解を …
3年間は経過をしっかり見る
カテゴリ:発毛キャンプ
薄毛改善は油断は禁物 一旦よくなっても、いや、良くなったと思 …
赤の改善
カテゴリ:GOCELL カラー シャンプー スタイリング剤 それダメ 化粧品 常在菌 発毛キャンプ 美容 運動
こんにちは。 いつも読んで下さりありがとうございます。 発毛 …
自宅で楽しく発毛キャンプ®⑨~細胞のリフォーム~
カテゴリ:ファスティング ミネラル 発毛キャンプ 美容 自宅で発毛キャンプ®
いつも読んでいただきありがとうございます。   こ …
命の危機~正しい水分摂取~
カテゴリ: 自宅で発毛キャンプ®
このタイトルでブログを書くには少し時期を外した感は否めません …

Page Top