発毛キャンプ®って?


こんにちは。

 

久しぶりの投稿ですね・・・・最初のスタートダッシュはどこに行ったのでしょう・・・(苦笑)

 

マイペースで投稿していきますのでたま~に覗いてみてください。

 

さて、今日は発毛キャンプ®ってどんな発毛メソッドなの?についてお伝えしようと思います。

 

先に答えを申しますと、再生医療の考え方を美容に応用した今までの発毛とは根本的に異なるメソッドだということです。

 

では、再生医療とは?になると思いますが、医療の話をしても小難しくなってしまいますので、ここでは発毛キャンプ®に必要な部分だけお伝えします。

 

まず、今までの発毛の考え方と違う点を申しますと、今までは毛を生やす事は毛髪構造に対してどのようにアプローチをしなくてはいけないかというところに着目したものが多いと思います。

 

例えば資生堂さんのアデノバイタル←よく売れてます。

このアデノバイタルはどういった考え方かというと、このように表記してあります。

薬用有効成分 アデノシン
(資生堂独自成分)毛乳頭に直接作用して、毛髪の成長に不可欠な「成長促進因子」を産出し、発毛を促します。(アドバンスト スカルプエッセンスに配合)

 

よくわからない説明ですね・・・・でもなんか効きそう??って消費者は思ってしまうような上手い書き方!!

 

僕にはよく理解できないのです。

 

例えば「毛乳頭に直接作用して~」とありますが、皮膚はそもそも表皮層ですら3重のブロックがかかっていて、そうやすやすと浸透させてくれません。

表皮ですら通過させるのが困難のに、さらに何十倍も深い真皮層に存在する毛乳頭にどの様に届けるのでしょうか??

 

次に、「毛髪の成長に不可欠な「成長促進因子」を産出し、発毛を促します。」と書いていますが、毛髪に不可欠な成長因子、再生因子などのサイトカイン類は単一ではなく、複数存在し、それが複合して毛髪の成長を促しているため、単一の考え方では発毛というところまでは行かないはずなのです。

 

ところが、どの育毛剤を使ってもある程度の結果が出るという事実もあります。

では、どの程度なのかと言いますと、平均では3~5%位ではないでしょうか。

10%行くことは殆どないと思います。

100人使って3~5人なんとなく良い結果が出たなぁってレベルだと思います。

 

何故ここまで断言できるのかというと、薄毛の「根本原因」をそのままにしているからです。

 

どういうことかと言いますと、現代の「薄毛」はどのメーカーも謳っている毛髪構造の不具合に対してのアプローチなのです。

その不具合が起こっている原因こそが本当に改善しなければいけない部分であって、枝葉末節においては、根本原因の改善の先にアプローチすべきことだからです。

 

 

発毛キャンプ®システムでは、その根本原因を追究し、伴奏型コンサルティングおいてその根本原因を究明し、改善しながら、最新のメソッドにて改善していくのです。

自己流でやるより何十倍も速い結果が出ますので、コスト面も断然お得なのです。

 

 

幹細胞培養液.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA