ナノ化すりゃ何でもいいのか!?

前回培養液について「最近多い培養液コスメの質問にお答えします」というタイトルで書きましたが、そもそもどんなに皮膚に良いものだったとしても導入できなければ何の意味もない!という話をしたと思います。

 

中には経皮毒や経皮吸収などするはずがない!!と言い切っている素人の方が散見されますが、では経皮吸収させ効果を出す塗布薬や湿布、ニコチンパットなどはどの様にしているのでしょうね。

 

効果のある薬剤を目的のところに届ける技術であるDDS(ドクターデリバリーシステム)というものは年々研究は進み技術が向上し、導入率も向上していっているのです。

 

では、このDDS技術とないったいどんなことなのかを先ず説明したいと思います。

 

 

という事なのです。

 

DDS技術でよくつかわれるのがナノ化なんですが、このナノ化にはいろいろな技術があります。

 

今までよく耳にしたものでは「リポソーム」といったナノ化技術があります。

細胞膜と同じ2重リン脂質構造になっており、細胞膜との融和性に優れ、粒形の調節も可能で最もメジャーなDDS技術といえると思います。

 

ただ、このリポソームには弱点があるんです。

 

もし、導入したいものが「たんぱく質」で出来ているものだとすると、このリポソーム化する際に圧縮するのですが、この時60度近い熱が発生するといわれています。

 

この熱によりたんぱく質は熱変性を起こし、そのたんぱく物質は効果を発揮する事が出来なくなってしまうのです。

 

前回のブログに書いた培養液の最も重要なものは、幹細胞が培養によって増えていく際に発現するたんぱく物質(=これが成長因子や増殖因子といったGF)ですので、このたんぱく質が熱によって変性し、効果を持たなくなるというのは凄く問題なのです。

 

現在はこのナノ化技術でも熱を発しない「低温リポソーム技術」といわれるものが開発されてきていますが、どこでもが出来る技術ではまだないという事です。

 

折角の有効成分を、導入したいがためにナノ化したはいいが、熱によって効果のないものになってしまっては本末転倒なのです。

 

 

 

 

 

 

その他のおすすめ記事

あなたは洗剤を飲んだことがありますか?
カテゴリ:不都合な真実 化粧品 口腔ケア 界面活性剤
あなたは洗剤を飲んだことがありますか? というトンデモなタイ …
最近多い培養液コスメの質問にお答えします。
カテゴリ:GF
2014年、化粧品原料国際命名法(INCI)で培養液が登録さ …
白猫エイトに起きた悲劇ーエピソード3-
カテゴリ:シャンプー ストーリー 化粧品 社会環境
“このブログ(エピソード)は、私が理美容業に入り、現在、日本 …
話題の育毛コンセプト原料を検証してみよう -パート2-
カテゴリ:GOCELL 再生医療 成分 発毛・育毛剤
さて   前回のブログでは、キャピキシルという「育 …
話題の育毛コンセプト原料を検証してみよう
カテゴリ:化粧品 成分
  CAPIXYL™って?? 最近育毛剤や育毛シャ …
ちょっと違う判断基準part2
カテゴリ:シャンプー 化粧品 地球環境 発毛キャンプ 皮膚 自宅で発毛キャンプ®
こんにちは。 ちょっと違う判断基準の続きを書きたいと思います …
間違えてほしくない化粧品選び
カテゴリ:化粧品
こんにちは。 今日は、間違えてほしくない化粧品選びについて書 …
「5000」「800」「102」
カテゴリ:シャンプー スタイリング剤 化粧品 地球環境 時事ネタ 社会環境
こんにちは。 いつも長文のメルマガを読んでいただきありがとう …
紫外線より怖い○○○
カテゴリ:GOCELL 化粧品 発毛キャンプ 皮膚
皆様こんにちは。 発毛キャンプトレーナーの椿山です。 &nb …
気を付けるべき点
カテゴリ:GOCELL それダメ 化粧品 常在菌 成分 皮膚
こんにちは! またまた久しぶりの投稿となりました。 &nbs …

Page Top