発毛キャンプ®トレーナー育成講習の中身とは


こんにちは。

 

ここ最近ブログに手を付けれないくらい余裕がありませんでした。

 

それは、世界ではものすごく注目されている(※日本では全くまだ注目されていません)若返り物質の入手が出来る事になり、その商品開発や情報収集で全く余裕がなかったのが理由です。

 

今後説明しやすいように、この物質に仮名を付けておきます。

 

その名は「奇跡のN2W※正式名称はまだ秘密

 

このN2Wは最近美容業界に大きな広がりを見せてきた「幹細胞培養液」可能性をはるかに凌駕する本物の奇跡を生むかもしれない物質です。

 

この話をしだすと全部暴露してしまいそうなので、本題に移ります。

 

発毛キャンプトレーナー育成講習2日間は、弊社が指定した5月と11月の集合講習場所は都度違います)と、各サロン様からご依頼を受け、臨店講習という形でサロンのご希望日に行う講習2種類あります。

 

直近の講習が11月11日12日の2日間、岐阜大垣にある美容室をお借りして開催されます。

開催日:11月11日12日

時間:両日とも10:00~21:00

場所:〒503-0804 岐阜県大垣市中ノ江1丁目3−1(hair’s Gallery 桜歌(おうか)大垣ソフトピア店)

 

 

希望サロンはすでに数店舗参加が決定しており、追加募集はしていないのですが、今後開催したい、もしくは次回の集合講習の5月に参加してみたいというサロン様のために、内容がどんな講習なのかについて少し本音で暴露したいと思います。

 

先ず講習の初日は11時間(10時ー21時)は座学をしてもらいます。

内容としては

 

毛髪科学・・・この毛髪科学と言っても、今まで理美容師さんが学んできた毛髪科学は発毛にはほとんど関係ないので、この授業はかなり雑学的な毛髪科学を行います。もちろん今まで当たり前としてきた毛髪科学の一部は学んでもらいます。

 

その中でも理美容師さんに一番覚えていて欲しい内容は毛髪サイクルの真実です。

これさえ押さえれば、今までの毛髪科学はほとんど覚えなくてよい知識です。

 

あまり必要ないのになぜやるのかというと、2日間で行う講習の中で、「共通認識」「共通言語」を持っていただきたいがためです。

 

それがないと講習内容がしっかり伝わらないからです。

 

次に

 

皮膚科学なんですが、この皮膚科学は座学の中で一番重要な科目だと言えます

それは何故か?

 

毛髪というのは皮膚が角化した状態のものを指すのですから、毛髪の土台ともいうべき皮膚の事を分かっていないと発毛に関して全く無知だと言えるからです。

 

この皮膚科学を通して、再生医療分野でもある幹細胞などについても学んでいただきます。

 

次は理美容師さんがほとんど意識してこられなかった「栄養学」についてその基礎の基礎をお伝えしています。

昨今この栄養学はかなりの進化を遂げまして、「分子栄養学」「分子整合栄養医療」と言われるような進化した栄養学で病気を治す学問へと進化してきています。

 

しかし、このオーソモレキュラー療法などをしっかり理解するのは簡単なことではなく、数年の歳月を要するような高度な栄養学です。

この2日間の1講義の時間ではその入り口しかお伝え出来ないのが現状です。

 

しかし、この課題に関してはトレーナー講習の第2段階(アドヴァンスコース)にてお伝えさせていただいております。

 

そして、香粧品学を学んでいただいております。

この香粧品学については理美容師さんはほとんど興味がないみたいで、したがって今まで学んでこられていないので、化粧品などはメーカーの言いなり・・・ディーラーの言われたままに受け取り、それをお客様にお伝えするという軽率な対応が見受けられますので、化粧品について、その化粧品で使われている原料やその処方組み、またはそこに使われるナノ技術などについても最新のコスメ理論をお伝えしています。

 

また、技術においては一番重要とされる再生医療メソッドを応用したものとなりますので、再生医療の基礎知識や、生理解剖の知識などについてもお伝えします。

この分野についてもそうですが、すべての分野で時間の限りお伝えしても入口までのお伝えになるかと思いますので、その先の学については専門家に来ていただきアドヴァンスコース、または発毛キャンプグループによる勉強会や各種講習会などで学んでいただきます。

 

次が一番重要なことなのですが、座学で学んだことを実際の現場で生かすためのワークが入ってきます。

その中心の学びは、お客様のカウンセリングの方法。これはお客様の現状や薄毛スタート時の生活環境を聞き取りし、薄毛の原因となったであろう所を座学で学んだことを活かし推察・仮説を立てていく作業をやります。

この際使われるのが「脱毛根の撮影と診断」「頭皮の状態観察」「カウンセリング」「毛髪状態」など複合的にその客様の改善方法を見つけ出していくワークです。

このワークが一番の学びになります。

座学でいくら学んでもそれを活かす方法を知らなければ何もなりません。

 

このワークに沢山の時間をかけます。

 

今回11月11日12日に行う講習会に、今まで受講されたサロンから講師として初登壇が有ります。

これは私にとって凄く嬉しい事です。

学んでいただいた方々が日々研鑽をし、成長し、サロンでメニュー化しお客様に喜んでもらって収益につながっているという事はなによりも嬉しい事です。

そんな方が講習の一番重要なセクションを担当し講師を引き受けてくれるのですから、楽しみでしょうがありません。

 

その他機器の取り扱い、お客様のホームケアのアドバイスやホームケアで使用する商品の処方のしかた、ビフォーアフターの写真の撮影方法など実践を重ねていただきます。

 

 

そして最後に2日間で学んだことの結果を見させていただく「テスト」があり講習は終了となります。

 

細かいところをかなり端折ってお伝えしてますので、簡単に聞こえるかもしれませんが2日間はかなりハードな講習内容となっております。

 

もう終わったころにはありきたりの表現になりますが「頭から煙が出ているのが見えます・・・」

 

ここまでやっても先ずはスタートラインに立ったレベルです。

 

本来なら、「この2日間で貴方のサロンもバンバン稼げる発毛メニューが展開できます」と耳触りの良い言葉で集客した方がいいのでしょうが、そんなに甘いものではありません。

 

理美容師が今まで知らなかったことを学び習得しそれを利益に変える訳ですから、簡単ではないのです。

 

しかし、簡単ではないからこそ古典の個性は生まれ、他店との差別化が出来、集客に困らないメニューが誕生するのです。

 

あまいものではありません。

 

もし、このブログを読んで受講してみたいと思われた奇特な方がいらっしゃったとしたら、是非覚悟して受講してみてください。

 

これからの理美容業界になくてはならない知識を習得できると思います。

 

では皆様のご参加お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA