3年間は経過をしっかり見る


薄毛改善は油断は禁物

一旦よくなっても、いや、良くなったと思ったとしても、それは本物の改善なのか?完全に回復したのかについては最低でも3年は経過観察する必要があるし、その間定期的に通っていただきコンサルティングする必要がある。

 

私が見させてもらっている方で、約半年くらいで本人が満足する程の発毛成果を出したことがあります。

 

初めて彼の薄毛を確認したのは2017年3月だったと思う。

頭皮は黄色く(黄土色)で天頂部からはハッキリ頭皮が見えるくらい薄くなっていました。

長年の付き合いだったので、たった1~2年見ない間の急速な脱毛だったんです。

彼曰く、プライベートでのストレスがそのまま出たのだろうという事でした。

 

原因をはっきりさせるためにも、脱毛根診断とヒアリングをしっかり行い、その年の5月から施術に入りました。

 

彼も起業したてだったこともあり、2週間に1度の来店は難しかったのですが、それから半年間で7~8回のコンサルと施術をしました。

その結果がこれ

かなり良くなっていたんです。

 

本人も安心したのと、仕事の忙しさを理由に2017年12月から施術を止めてしまったのです。

 

ところがそれから半年くらいたったある日・・・また連絡があり、「抜けてしまった・・・」というのです。

 

すぐに時間作って来店してもらい、「脱毛根診断」からやり直し、仕事が忙しかろうが2週間に1度のペースで施術をしていくことにしました。

 

それから半年たった2018年12月の状態がこれです。

良くなっていた状態までは戻っていませんが、徐々に回復してきています。

 

ただ、この方の問題はハッキリとした「原因」が判っていないという事です。

 

薄毛になる方は、どんな薄毛でもそこに至る原因が必ずありますが、ヒアリングと脱毛根診断だけでは判明しないものも少なくありません。

 

医療で行われる各種検査がもし出来るとしたら、この原因究明ももっと精度が上がり改善する方々の割合も多くなると思います。

 

今後は医療機関との連携で薄毛で悩んでいる方々の笑顔が増えるのではないかと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA