初上陸


こんにちは

今週月曜・火曜日と二日間鹿児島に入り、美容室をお借りして発毛キャンプ®システムをお伝えしに行ってまいりました。

 

美容室4サロンと鹿児島のディーラーさんが参加してくださっていました。

 

どのサロン様もすでに発毛メニューや再生美容に関わる商材や店販商品の扱いをしているサロン様ばかりで、知識もさることながら美容業界の変化を敏感にキャッチされ、それを経営に生かされているサロン様ばかりでなかなかの刺激あるセミナーをさせていただきました。

 

今後、理美容室というお客様にとっては普段利用しているサロンで気軽に、なお結果の出るメニューが受けれるようになる日が近いことは実感しています。

 

さてさて

 

せっかくの鹿児島

 

私は近現代史が好きで、それ関係の書籍も多く読ませていただくのですが、その登場人物で一番尊敬しているのが「西郷隆盛」なのです。

 

その西郷翁を輩出した鹿児島に来たからには、西郷南洲翁ゆかりの場所を訪れないといけません。

 

まず最初に訪れたのは

 

鹿児島市城山町にある西郷隆盛洞窟です。

そこの説明文にはこう書かれていました。

「9月24日、午前4時政府軍城山総攻撃が始まりました。城山に立てこもる薩軍兵士は、わずか300余。これを囲む政府軍は何重もの柵をめぐらし、その数4万。死を決した西郷は、夜明けを待って、5日間過ごしたこの洞窟を出ました。桐野利秋、別府晋介、村田新八、池上四郎といった私学校の幹部たちも一緒です。この日の西郷の出立ちは妻のイトが縫ったしまの単衣に白い兵児帯。ゆっくりと岩崎谷を下ります。その時流れ弾が西郷の腰に命中。別府の介錯をあおいで49歳の生涯を閉じたのです」・・・と

 

その後、西郷南洲翁の菩提寺南洲寺を訪れ、南洲翁の墓前で手を合わせ参らせていただきました。

 

ここには西南戦争に敗れた薩軍2023名もの将兵が眠っているそうです。

ここは桜島が一望できるところにあり、桜島に行ってみたくなり、その後桜島へ・・・・

 

西郷翁を稚拙な一文で表現することなど出来ませんが・・・

江戸時代から明治へと時代が変わっていく中で、世の中の価値観が変わろうと頑として人としての大切なものを守り続けたのが西郷翁であったと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA