1% or 99%?


こんにちは。

 

今日はちょっと思い付きでブログを書いています。

 

思い付きというより、日ごろから思っているんだけど、どうでもいいことなのか?とても重要なことなのかさえ判断しようのない内容なので興味があったら暇つぶしにでも読んでいってください。

 

世の中にはいろんな学問があるよね

 

今、発毛をやっていて身近なところでは「医学」っていう学問があるんだけど、この医学は人間という動物をどこまで解明できているんだろうって考えたりするんだよね

 

ん?皆さんは考えない?

 

ですよね・・・

 

知ったところでどうしようもないという側面もあれば

 

知ることによって今まで信じてきたものの見方が変わり、選択が変わってくるという面白みもある

 

昔ね、この医学って、人間の身体のメカニズムの3~5%解明できていないんだよって聞いたことがあるんだけど・・・

 

これも何を100%として捉えているのか!?によって変わるわけじゃない?

 

全体像が見えていないのに現在、何%って表す事なんて出来ないじゃないかな

 

では、よく非科学的だといって認めない人たちは、何をもって非科学と言っているんだろう

 

非科学=科学では証明されていないもの?

 

非科学=科学では証明できていないもの?

 

この2つは同じようなことを言っているようで全然違うよね

 

人間様が解っていないことだから「非科学」なのか

 

人間がまだそのレベルを理解できていないから「非科学」なのか・・・・

 

あ・・・

 

決して研究者を冒涜しているということではありませんよ

 

日々基礎研究を昼夜問わずされている研究者のことを私は尊敬していますし、長い年月をかけて一つの答えを導き出すその情熱には頭が下がる思いです。

 

しかし、日々その答えは塗り替えられ、また新たな課題を眼前に突き付けられるという研究者たちにはきっと「非科学」などという言葉はないのではないかなぁ・・・

 

などと、まぁ・・どうでもいいようなことが頭を支配する時間があるのです。

 

さて、人間はこの世の理をどこまでワカッテいるのでしょうか・・・・

 

また、これを解き明かす日はくるのでしょうか

 

どちらにしても「非科学」だと言ってしまうと「進化」は無いってことかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA