タグ別アーカイブ: #UVケア、#UVクリーム、#シミ対策、#肌ダメージ

紫外線より怖い○○〇

皆様こんにちは。

発毛キャンプトレーナーの椿山です。

 

今日は、発毛とはちょっと離れた話題を書きたいと思います。

 

ここ数日春を通り越し、いっきに夏になるのではないかと思える日差しが福岡には降り注いでいます。

 

この日差し・・・・

 

お出かけの際女性が気になるのが日焼けや紫外線によるシミ・・・・ですよね~~

 

ご存知の方も多いとは思いますが、この4月は7月・8月に匹敵するくらいの紫外線量となります。

 

そして、紫外線量とともに増えてきたのが、「UVケア商品」のコマーシャル

 

さて、あなたはどんなUVケア商品を使っていますか?

 

以前、化粧品にかなりこだわったメーカーさんが一枚の写真を持ってきました。

その写真は市販のUVクリームを使い捨てのプラコップに

UVクリームを入れたらこんなになりました!!!みたいな写真です。

 

こんな画像です。

裏にはこんなことも書かれていました。

 

私の率直な感想は・・・

「またまた大袈裟な・・・」

でした。

 

ただ、これは自分でも確かめてみないといけないなと思い、近くのドラッグストアに向かいUVコーナーへ

その中でも格安な皆さんがよく使っているであろうUVクリームを購入し、サロンへ戻り同じ実験をしました。

 

その驚くべき結果がこれ

UVクリームをプラコップの底一面に張る位の量を入れ、サロンの準備室に置いておいた。

この準備室は外光は入りにくいところなので、光といえば蛍光灯の光くらいしか当たらないような場所。

 

※矢印の通り見ていってほしい

 

4日後(AM10:26撮影)・・・・プラコップの底からUVクリームが漏れているのが確認できる。

 

またその1日後(AM10:30撮影)・・・プラコップの底が半分程溶けて分離。

 

UVクリームをプラコップに入れて6日後・・・完全に底が抜けてしまっている。

 

 

実際に実験したこの結果には本当に驚いた。

 

この結果はなぜ起こったのだろうか?

 

考えてみた・・・・化粧品のクリーム状のものには必ずと言っていいほど界面活性剤が使われている。これは成分に「水」と「油」が使われていれば必ず入れないと安定しない為入れているのだが、この界面活性剤の一つの作用に「溶解作用」というものがある。

その溶解作用が働きこのような結果をもたらしたと考えられるのではないかと思っている。

 

 

それと、UVクリームが紫外線を皮膚からブロックする仕組みには、「紫外線吸収剤」か「紫外線散乱剤」のほぼどちらかが使われている。

 

このUVクリームは紫外線吸収剤タイプ。

 

この紫外線吸収剤はどのようなメカニズムでお肌を紫外線から守っているのかというと

紫外線を熱エネルギーに変え放出するのだそうだが、実験を行った部屋においては日光は入らないと書いたが、若干外の光が入り、紫外線吸収剤は熱エネルギーに代わり、その熱と界面活性剤が反応してプラシチックまでも溶かしたのではないか???と考えられる。

 

 

この結果を見て、私と同じような感覚になったあなた・・・

自分で実験してみてください

 

特にこれからの行楽シーズンに小さいお子様にもこのUVクリームを使う機会が多くなると思いますので、親御さんは安全なUVケアでお子様を守ってあげてくださいね。

 

お子様の皮膚はプラシチックより硬いってことはないのですから・・・・