タグ別アーカイブ: #リーキーガット、#大腸炎

自宅で楽しく発毛キャンプ®⑩~あれが原因でハゲた!?~

こんにちは。

 

このブログは薄毛でお悩み、または今後の予防として考えている方が、お金をかけて育毛発毛にチャレンジする前に、知っておかなければいけないことをお伝えしています。

 

もちろん、育毛剤や発毛剤、またはその関連のシャンプーやサプリメントなどを購入し、チャレンジしている人が、もっと発毛効果を出せるようにするためにも、必ず読んで欲しい内容となっております。

 

イメージするならば、シェイプアップなどにチャレンジする場合、筋トレだけではなく、食事の管理をすることで、理想の体を手に入れることと非常に似ていると思います。

 

筋トレだけして、食事内容はでたらめであれば目標は達成されません。

逆に、食事制限だけのダイエットは、食事制限をなくせばリバウンドという恐ろしい結果が待ち受けているように、どちらもバランスよく継続することが重要でしょう。

 

これは、薄毛改善にも同じことが言えるのです。

 

いや、もっとやるべきことが多いと言った方良いかもしれません。

 

しかし、実行すれば髪の毛が手に入るほか、「美しさ」「美Body」「健康」といった大きなオマケもついてきます。

 

 

是非、しっかり読んで継続して実行してみてください。

 

その為にも、「食」については耳にタコができるほどお伝えしなければいけません。

 

それを、栄養学の観点から・・・とかって難しい話にすると、理解しずらくなてしまいがちですので、実際に薄毛改善に来られた方がやった食事による改善方法をお伝えしていこうと思います。

 

先ずは、最近非常に多くなったアレによる脱毛についてお伝えしようと思っています。

 

それは、「グルテン」による自己免疫疾患です。

 

その方は、こんな感じの薄毛でした。

 

 

この方の薄毛で特徴的なものはトップの薄毛ではなく、生え際の抜け方が特徴的なのです。

 

実は、この方がある改善方法を実行したことによって、グルテンが薄毛の原因にもなるんだという事がわかってきたのです。

 

この方は、今や流行りの「幹細胞培養液」を使った最新の発毛技術を受けていました。

 

しかし、トップ(つむじ)辺りはどんどん改善していくのに、生え際は一向に改善しないという事が起こっていました。

 

 

まぁ。生え際からの脱毛でよく見られるのが剃り込みがどんどん後退していくタイプの3型ですが、これは改善がなかなか難しいというのは解っていたのです。しかし、この方の脱毛に関しては、3型の抜け方とはチョット違うものだったんです。

 

しかし、生え際の発毛は難しいんだろうな・・・という事で焦らずやっていこうと思っていたのです。

 

しかし、あることがきっかけでこの方の生え際から太く丈夫な毛が生え始めたのです。

 

 

判りますか??短く太い毛が数本生えてきているのがわかると思います。

 

この発毛のきっかけになったのは、この方の奥様のある一言でした。

 

それは、

 

「グルテンフリー」してみたら?!?!です。

 

 

実はこの方、薄毛のほかにも中々症状が改善しない皮膚疾患を患っていたのです。

 

それは、左頬が炎症を起こし、ただれた状態が長く続いていました。

 

これがなかなか薬でも改善されず、それを見かねた奥様が「グルテンフリー」に着目し、ご主人にアドバイスしたのです。

 

 

このお客様は、お友達がうどん屋さんをやっていたことと、営業職という事で外回りが多かった為、ランチは毎日「うどん」という日々が続いていたらしいのです。

先ずは、うどんをやめることから始め、グルテンフリーを実行していったのです。

 

その他にも、グルテンが入っているものと言えば、

○麦(小麦・ライ麦・大麦・オート麦)

○パン

○麺類(ラーメン・うどん・そば(十割以外)・パスタ・素麺)

○たこ焼き・お好み焼き

○ピザ

○ケーキ

○饅頭

○餃子・シュウマイ

○醤油(たまり)

○アイスクリーム

○加工食品

○ビール

○お酒

などなど、グルテンフリーをすると、かなりの食品に気を使わないといけないんですね。。。。

 

このグルテンフリーでの食事改善をしたことで有名なのが、テニスのジョコビッチ選手!!

 

ジョコビッチ選手はセリアック病と判明して、このグルテンフリー食に変え、世界ランキング1位まで上りつめましたよね

 

そして本まで出しています

 

もしかして、セリアック病かも!?と思ったら、次の症状がないか、先ずは自己診断してみてください。

〇主な症状としては

●腹痛

●ガス/おなかが張る

●ゲップが良く出る

●慢性的な便秘や下痢

●臭いのきつい便

●ねっとりとした脂肪便

●原因のわからない体重の増減

などなど

 

その他にも・・・・

こういった症状も・・・・

●栄養失調(現代型栄養失調も含む)

●関節・筋肉の痛み

●疲労

●鬱/不安症

●イライラ

●眠気

●手足のしびれ

●頭痛

●慢性的な感染症

●むくみ

●皮膚の水疱

 

という風に、主には胃腸系に関わるものが多いのが特徴です。

 

やはり、胃腸系ってすごく大切な臓器なんですね。

 

という事で、今回は薄毛にも胃腸系のトラブルによっておこる薄毛もあるという事が理解していただけたのではないかと思います。

 

もし、少しでも疑いがある場合は2週間で良いので「グルテンフリー」を試してみてください!!

 

もしそれで体調が回復するようでしたら、続けてやることによって薄毛改善にも大きく進展があるはずですよ!!

 

では、また次回のブログを楽しみにしていてください♪

 

◎発毛のサポート情報です。
興味のある方がいたら、招待してあげてください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
発毛率80%以上(※大手発毛サロンの発毛率は10%以下

をたたき出している全国の発毛のプロ、発毛キャンプトレーナー(理・美容師)が本気で貴方の悩みを解決いたします。
 
 
また、様々な最新の発毛、育毛ネタを提供します。
 
チャット形式で自分名前も変更して参加できますので
気軽に参加してください。
 
薄毛や抜け毛を撲滅するお手伝いをいたします。
 
また、知り合いで悩んでる方や興味のある方がいれば
招待してあげてくださいね。
 
 
 
オープンチャット「全国の発毛専門家がいる相談室」に招待されました。下のリンクから参加できます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
参加できない・・・との声を多数いただきましたので
簡単な説明と参加方法を送ります。
 
よかったら参考にしてください。
 
①チャットルームの始め方はこちらから
 
②まずはこちらの認証が必要です。
 
③次にこちらへ

 

自宅で楽しく発毛キャンプ®⑦~デトックス編~

おはようございます。

 

今日は、デトックスについてちょっとだけ詳しくお伝えしようと思います。

 

前のブログでもお伝えしたように、現代の食事情では化学物質(添加物や農薬など)から逃れることはかなり至難の業であろうという事は理解していただけたと思います。

 

であれば、体に取り入れた化学物質は出来るだけ悪さをする前に体外に排出したいですよね。

 

その方法をいくつかご紹介しますので、これは必ずやってくださいね。

 

化学物質(体に毒となるもの)には、「薬」「農薬」「食品添加物(着色料)」といったものが代表的なものだと思いますが、このどれもが原料は石油です。

元が石油ですので油によく溶ける(脂溶性)といった特徴があります。

 

こういった「毒」をどうやったら体から追い出せるのか!?についてお伝えします。

 

 

🔳解毒の要は「腸」、便秘や下痢を防げ!

体外に排出される有害金属のうち、実に75%は便に含まれているといいます。

健康な便を作る大腸は、解毒作業を行う肝臓や腎臓と並ぶ「解毒の要」と言われています。

 

便秘になると、水銀や鉛といった有害金属が長時間、大腸の中にとどまることになるので、「腸の粘膜から、それらが再吸収されてしまう」そうです。

 

摂ったらすぐに出す!これが重要みたいですね。

 

また、腸のお掃除をしてくれたり、腸を刺激して便通を良くしてくれる食材を積極的に摂る方がよさそうですね。

 

では、何を摂ればよいのか?

 

それは「食物繊維」です。

 

  • ◇穀類
    穀類
    玄米
    胚芽米
    麦めし
    とうもろこし
  • ◇豆類
    豆類
    煮豆(大豆、うずら豆、あずき)
    納豆
    おから
  • ◇芋類
    芋類
    さつまいも
    里いも
    こんにゃく
  • ◇野菜
    野菜
    ごぼう
    ふき
    セロリ
    アスパラガス
    青菜類
    キャベツ
    白菜
  • ◇果物
    果物
    柑橘類(みかん、グレープフルーツなど)
    バナナ
    うり類
  • ◇きのこ類
    きのこ類
    しいたけ
    しめじ
    えのき
  • ◇海藻類
    海藻類
    わかめ
    寒天
    ところ天

 

といったようなものを積極的に摂ることが重要ですが、上記に挙げたようなものだけ取ればよいというわけではなく、他の食材と一緒にバランスよく摂取することが重要です。

 

また、乳酸菌なども腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にしてくれますが、ここで乳酸菌というとヨーグルトを思い出す方も多いかと思いますが、私はヨーグルトはお勧めしません。

なぜなら、乳製品が及ぼす害があるからです。

この乳製品が及ぼす害については、ここでは割愛しますが、いまや常識となってきていますので、ご自分でお調べになってみてください。

 

 

じゃあ、何がいいの!?ってことになりますが、私がおすすめするのは乳酸菌の「死菌」を使った商品です。

また、この特殊な加熱処理菌と、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維、全てを兼ね備えた補助食品である「Dr.サイリウム」をお勧めしています。

 

この商品は、名前にもあるように肛門科のドクターが開発に携わった商品で、飲めばわかる!!くらい体感が出る商品です。

 

乳酸菌に至っては、製薬会社が32年間この「FK23菌」という乳酸菌の研究を続け、11の特許を取得している特殊な乳酸菌となっています。

 

しかし、あくまで補助なので、出来れば自然のエネルギーをしっかり受けた食材を摂取することをお勧めします。

 

上記に挙げた食材のほかに、解毒野菜果物ランキングとして以下のようなものがあります。
第1位 菜の花
第2位 タマネギ
第3位 ホウレン草
第4位 小松菜
第5位 トマト
第6位 ブロッコリー
第7位 ジャガイモ
第8位 キャベツ
第9位 ニラ
第10位 アボカド

(日経ウーマンより)

 

こうやって見ると植物性のものにはデトックスと言われるものが多数入っています。
しかし、何度も言いますが、これらを単体で摂ることは好ましくありません。
ちゃんとほかの栄養素とセットで摂ることが健康では重要です

また植物はデトックス能力は高いですが主要栄養素の含有が低いです。
それ以上に吸収率が悪いので、主要栄養素は動物性の食品を基本として、植物固有の栄養素やデトックス能力を植物に求めることがよいと思います。

ミネラルをしっかり取ることもデトックスにつながるので、本物の調味料であれば薄味にする必要など特にありません。
 
あと、デトックスを食事だけに求めるのもやめたほうがいいですね♪。
低温サウナや発汗療法などをうまく駆使し、汗をかいた後はミネラルをしっかり補給して良質の油をとる、これによってデトックスが促されていきます。

 

また、ミネラルについてはデトックスとして重要な働き、キレート作用がありますので、別の機会に詳しく書きたいと思います。
 

◎発毛のサポート情報です。
興味のある方がいたら、招待してあげてください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
発毛率80%以上(※大手発毛サロンの発毛率は10%以下をたたき出している全国の発毛のプロ、発毛キャンプトレーナー(理・美容師)が本気で貴方の悩みを解決いたします。

 
また、様々な最新の発毛、育毛ネタを提供します。
 
チャット形式で自分名前も変更して参加できますので
気軽に参加してください。
 
薄毛や抜け毛を撲滅するお手伝いをいたします。
 
また、知り合いで悩んでる方や興味のある方がいれば
招待してあげてくださいね。
 
 
 
オープンチャット「全国の発毛専門家がいる相談室」に招待されました。下のリンクから参加できます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
参加できない・・・との声を多数いただきましたので
簡単な説明と参加方法を送ります。
 
よかったら参考にしてください。
 
①チャットルームの始め方はこちらから
 
②まずはこちらの認証が必要です。
 
③次にこちらへ

自宅で楽しく発毛キャンプ®⑤~日本の意外な世界一~

こんにちは。

 

台湾に仕事半分、遊び半分で行ってまいりまして

ちょっと前回のブログから期間が開いてしまいました。

 

さて、前回までのブログでは、足す栄養学ではなく、引き算の栄養学が必要ですよ~~って内容でしたね。

 

しかし、食品添加物などは、現在の食事情を見ても避けられないところまで来ているのではないでしょうか。

データによると、日本の厚労省が許可している食品添加物の種類は、1500種類以上あると言われダントツの世界一だそうです。

 

各国とどれくらい差があるかというと・・・・

 

アメリカ・・・・130種類

ドイツ・・・・・64種類

イギリス・・・・21種類

日本・・・・・・1500種類

 

ダントツという言葉では物足りなさを感じる数字ですね・・・(゚Д゚;)

 

因みに、農薬の使用量でも世界一!

 

悲しい現実ではあるけれど、改善できないこともない。

 

実は、私たちが何を選ぶかによってメーカーや農家さんは変わるってことを知っていて欲しいのです。

 

こんな添加物沢山、農薬ベッタリの食べ物を自分のかわいい子供達に食べさせたいですか?

 

自分の大切な体を壊すような食べ物を食べたいですか?

 

そんなはずはないと思います。

 

であれば、少し意識を持って口に入れるものに関心を持って選んでみられてはいかがでしょうか。

 

消費者が変われば必ずそれを提供する生産者が増えてくるのです。

 

決して変えることが出来ないものではありませんので、選択基準を少し高く持ってみてください。

 

さてさて、少し前置きが長くなりましたが、そのような食事情が薄毛と関係があるのか!?については前回のブログにも少し書きましたが、体の健康を害す=薄毛は関係あるのです。

 

そもそも人間の体は病気になったり怪我をすると、自分の体の中にある幹細胞が、その悪い場所に集まり治してくれたりします。この事をホーミング効果といいます。

幹細胞・・・人間の身体を自ら治癒する治療薬

細胞を維持、管理し、機能しなくなった細胞を再生させる自己治癒力を発揮する。

身体の組織に損傷が発生すると、ほかの臓器にある幹細胞が集まり損傷した組織

に変わる(ホーミング効果)

 

ここで薄毛になるようなダメージが頭皮や毛髪構造に起こったとしましょう。

この場合、ダメージを受けた皮膚細胞や毛髪の細胞を修復するために幹細胞が集まってきてくれたらいいのですが、毛髪は体の中でも生命維持活動に必要な器官としては、最下位にランクしていますので、先ずは生命維持活動の重要臓器や器官から先に治そうとします。

 

もちろん幹細胞が体の中にふんだんに有れば良いのですが、40を過ぎると生まれたての赤ちゃんの20分の1まで幹細胞は減少していますので、なかなか手が回りません。

 

これが年を取ると病気の治りが遅かったり、傷の治りが悪いといった事に繋がっているのです。

 

しかし、食品の添加物などが薄毛の原因になっているという事は、こんな単純な事でもなさそうなのです。

 

次回のブログでは、30歳前半男性が異常な抜け毛に悩まされ、相談に来てある事実が判明し、お金をかけずに改善まで導いた話をしたいと思います。

 

◎発毛のサポート情報です。
興味のある方がいたら、招待してあげてください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
発毛率80%以上(※大手発毛サロンの発毛率は10%以下をたたき出している全国の発毛のプロ、発毛キャンプトレーナー(理・美容師)が本気で貴方の悩みを解決いたします。

 
 
また、様々な最新の発毛、育毛ネタを提供します。
 
チャット形式で自分名前も変更して参加できますので
気軽に参加してください。
 
薄毛や抜け毛を撲滅するお手伝いをいたします。
 
また、知り合いで悩んでる方や興味のある方がいれば
招待してあげてくださいね。
 
 
 
オープンチャット「全国の発毛専門家がいる相談室」に招待されました。下のリンクから参加できます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
参加できない・・・との声を多数いただきましたので
簡単な説明と参加方法を送ります。
 
よかったら参考にしてください。
 
①チャットルームの始め方はこちらから
 
②まずはこちらの認証が必要です。
 
③次にこちらへ