月別アーカイブ: 2019年7月

自宅で楽しく発毛キャンプ®⑨~細胞のリフォーム~

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

ここ数回はデトックスの重要性と、それに必要な食べ物などを紹介してきましたが、今日はその究極の方法をお伝えいたします。

 

この方法は、人間がこの地上に現れた頃から、今私たちがこの世に存在している理由ともいうべき、ものすごく神秘的な現象の話になります。

 

現代において、普通に暮らしている人には想像もつかないともいますが、太古から人間は「飢餓」との闘いを強いられていました。

 

その飢餓状態でも生物の生存に極めて重要な役割を果たしているのが

「オートファジー」という機能です。

 

このオートファジー機能は、貴方の体の中で、今でも使われている機能なのです。

 

ただ、ある条件下の中では、この機能をフル活用しないといけなくなります。

 

それは、「飢餓状態」になったときです。

 

 

まず、このオートファジーという聞きなれない言葉について説明をしたいと思います。

 

オートファジーとは「オート=自ら」「ファジー=食べる」、日本語では自食作用といいます。

 

何を自食するのかというと、人間の体にある37兆個の細胞なのです。

 

この細胞で日々行われているのが「オートファジー」なのです。

 

ごくごく簡単に言うと、細胞の中の余計なものを細胞自体が取り除くシステムです。不思議なことに、小さな掃除機のような器官が突然現れ、細胞の中を掃除する! 

 

すごくないですか!?

 

細胞の中の余計な物や、壊れたもの、働きが悪くなったミトコンドリア(生物のエネルギー製造工場)でさえ、いったんアミノ酸まで分解し、再構築する「リフォーム」を行う機能なのです。

 

その際に、どういう選択肢でそうなっているのか解りませんが、人間の体に不必要なものは排除し、必要な物だけで再構築するのです。

 

 

この機能は前述したように日々行われているわけですが、ファスティング等をすることによって、その作業は促進され、細胞のリフォームが進むといわれています。

 

そりゃそうですよね、、、体の細胞の材料となるものを摂取しないわけですから、オートファジーを盛んに行わないと、体を維持することは出来ません。

 

この際に、製造工場であるミトコンドリアのリフォームもしますので、エネルギーの正常工場は新しくなり、細胞そのものはエネルギーに満ち溢れ、生き生きとしてきます。

 

そのお陰で、体力はみなぎり、お肌や髪の毛は艶々になり、食事は常においしく感じ、睡眠の質は高まり、朝から快調な毎日♪といった感じです。

 

想像しただけでウキウキするような体の状態!!

 

そんな体にするためにも、ファスティングは凄くお勧めです!!

 

 

しかーし

 

 

ファスティングとは??ですよね・・・

 

 

わたしも10数年前に7日間のファスティング(当時はまだ断食と言ってた)したことがあるのですが、その当時にやった時には断食でも有名な方(仙人みたいな)の断食の仕方を真似してやったんですが、今やファスティングはメジャーになりすぎて、本物かどうかがわからないようになってしまっています・・・・

 

私は、「本断食」といって、7日間水だけで生活をしました。

 

そういった本格的な断食ではなくても、このオートファジーは働いています。

 

そういった意味では、1週間のうち、1日だけ水とミネラルのみで断食するという方法も有りだと思います。

 

もっと軽めに、1日1食の日を作るとか

 

 

食と食の間を12~14時間以上あける日を作るというのも効果的だといわれています。

 

何かしら軽めの、ご自分でも出来そうなところから始められると良いでしょう!!

 

 

自宅で楽しく発毛キャンプ®⑧~デトックス(ミネラル編)~

こんにちは。

 

発毛キャンプ®トレーナーの椿山です。

 

今日は、デトックス法として、ミネラル摂取の重要性についてお伝えしようと思います。

 

ミネラルがデトックスとして重要だという理由については、大きくは「2点」あると思います。

 

1540_321つは、本来のミネラルの働きでもある、補酵素としての働き。

1540_322つ目は、ミネラルのキレート効果(作用)

 

ミネラルの働きについてはもっとたくさんの重要な働きがありますが、先ずはこの2つはデトックスにも大きく関係のある働きとして押さえておいてよいと思います。

 

 

先ず押さえておきたいこと

ミネラルは、糖質や脂質、タンパク質、ビタミン、食物繊維ファイトケミカルに並ぶ7大栄養素のひとつで、「無機質」とも呼ばれています。しかしながら、残念なことに人間の体内で作り出すことができないため、食べ物から補うしかありません。しかし、摂取量が不足すると欠乏症が起き、さまざまな病気のもとになってしまいます

 

体内で作り出せないという事は、外から摂取する以外にないこのミネラルは主にお野菜などから摂取していたのですが、その野菜に含有しているミネラルは50年前に比べ10分の1以下になっているともいわれています。

 

そのミネラルの働き~その1~としては

 

体の中で最重要な働きをしている酵素の事を知っておかなければならないでしょう。

 

酵素の働きは、大きく分けて2つになります。

 

「代謝酵素」と「分解酵素」

 

この2つです。

 

この2つのうち、デトックスに大きく関係しているのは「代謝酵素」ではないかと思います。

 

代謝とは、古くなった細胞が、新しい細胞に入れ替わること(このブログは出来るだけ優しく書きたいので、説明不足的なところはご了承を)です。

 

要するに、細胞の代謝を行い、毒をため込んで古くなった細胞、または病気がちな細胞(壊れた)を代謝し、新しくしてくれます。

 

その重要な酵素は補酵素なしにはちゃんと働いてくれません。

 

この補酵素とは「ビタミン」や「ミネラル」が役割としています。

 

細かいことを言えば、ビタミンですらミネラルがないとちゃんと補酵素としての働きをできないというほど、ミネラルの重要性があります。

 

 

次に「キレート効果・作用」ですが、解りやすく言うならば、キレートとは「カニのはさみ」という意味を持っています。

 

イメージとしては、体に有害な金属をカニのはさみで挟んで体外に排出するといった感じをイメージしてもらえればいいかと思います。

 

この2つの働きだけでも十分すぎるほど重要な働きをしていると思いませんか!?

 

 

そのミネラルは前述しましたように、皆さんがとられている食事からは推奨量が摂取できていません。

 

本来ならサプリメントをすぐにでも!!と言いたいところですが、出来れば自然の食品の中から摂取いただくよう努力することから始めてみてください。

 

その為には、今のお野菜等から何故ミネラルが消えてしまったのか!?

 

今の食事からは何故ミネラル摂取できないのか!?など、本当は知っておかなければいけない事を、ほとんどの方々は知りません。。。。

 

そこで、この「自宅で楽しく発毛キャンプ®」では~食事編~辺りでこの辺の内容も細かくお伝えしていこうと考えていますので、要チェックお願いいたします。

 

では!!次号また!!

自宅で楽しく発毛キャンプ®⑦~デトックス編~

おはようございます。

 

今日は、デトックスについてちょっとだけ詳しくお伝えしようと思います。

 

前のブログでもお伝えしたように、現代の食事情では化学物質(添加物や農薬など)から逃れることはかなり至難の業であろうという事は理解していただけたと思います。

 

であれば、体に取り入れた化学物質は出来るだけ悪さをする前に体外に排出したいですよね。

 

その方法をいくつかご紹介しますので、これは必ずやってくださいね。

 

化学物質(体に毒となるもの)には、「薬」「農薬」「食品添加物(着色料)」といったものが代表的なものだと思いますが、このどれもが原料は石油です。

元が石油ですので油によく溶ける(脂溶性)といった特徴があります。

 

こういった「毒」をどうやったら体から追い出せるのか!?また、についてお伝えします。

 

 

🔳解毒の要は「腸」、便秘や下痢を防げ!

体外に排出される有害金属のうち、実に75%は便に含まれているといいます。

健康な便を作る大腸は、解毒作業を行う肝臓や腎臓と並ぶ「解毒の要」と言われています。

 

便秘になると、水銀や鉛といった有害金属が長時間、大腸の中にとどまることになるので、「腸の粘膜から、それらが再吸収されてしまう」そうです。

 

摂ったらすぐに出す!これが重要みたいですね。

 

また、腸のお掃除をしてくれたり、腸を刺激して便通を良くしてくれる食材を積極的に摂る方がよさそうですね。

 

では、何を摂ればよいのか?

 

それは「食物繊維」です。

 

  • ◇穀類
    穀類
    玄米
    胚芽米
    麦めし
    とうもろこし
  • ◇豆類
    豆類
    煮豆(大豆、うずら豆、あずき)
    納豆
    おから
  • ◇芋類
    芋類
    さつまいも
    里いも
    こんにゃく
  • ◇野菜
    野菜
    ごぼう
    ふき
    セロリ
    アスパラガス
    青菜類
    キャベツ
    白菜
  • ◇果物
    果物
    柑橘類(みかん、グレープフルーツなど)
    バナナ
    うり類
  • ◇きのこ類
    きのこ類
    しいたけ
    しめじ
    えのき
  • ◇海藻類
    海藻類
    わかめ
    寒天
    ところ天

 

といったようなものを積極的に摂ることが重要ですが、上記に挙げたようなものだけ取ればよいというわけではなく、他の食材と一緒にバランスよく摂取することが重要です。

 

また、乳酸菌なども腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にしてくれますが、ここで乳酸菌というとヨーグルトを思い出す方も多いかと思いますが、私はヨーグルトはお勧めしません。

なぜなら、乳製品が及ぼす害があるからです。

この乳製品が及ぼす害については、ここでは割愛しますが、いまや常識となってきていますので、ご自分でお調べになってみてください。

 

 

じゃあ、何がいいの!?ってことになりますが、私がおすすめするのは乳酸菌の「死菌」を使った商品です。

また、この特殊な加熱処理菌と、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維、全てを兼ね備えた補助食品である「Dr.サイリウム」をお勧めしています。

 

この商品は、名前にもあるように肛門科のドクターが開発に携わった商品で、飲めばわかる!!くらい体感が出る商品です。

 

乳酸菌に至っては、製薬会社が32年間この「FK23菌」という乳酸菌の研究を続け、11の特許を取得している特殊な乳酸菌となっています。

 

しかし、あくまで補助なので、出来れば自然のエネルギーをしっかり受けた食材を摂取することをお勧めします。

 

上記に挙げた食材のほかに、解毒野菜果物ランキングとして以下のようなものがあります。
第1位 菜の花
第2位 タマネギ
第3位 ホウレン草
第4位 小松菜
第5位 トマト
第6位 ブロッコリー
第7位 ジャガイモ
第8位 キャベツ
第9位 ニラ
第10位 アボカド

(日経ウーマンより)

 

こうやって見ると植物性のものにはデトックスと言われるものが多数入っています。
しかし、何度も言いますが、これらを単体で摂ることは好ましくありません。
ちゃんとほかの栄養素とセットで摂ることが健康では重要です

また植物はデトックス能力は高いですが主要栄養素の含有が低いです。
それ以上に吸収率が悪いので、主要栄養素は動物性の食品を基本として、植物固有の栄養素やデトックス能力を植物に求めることがよいと思います。

ミネラルをしっかり取ることもデトックスにつながるので、本物の調味料であれば薄味にする必要など特にありません。
 
あと、デトックスを食事だけに求めるのもやめたほうがいいですね♪。
低温サウナや発汗療法などをうまく駆使し、汗をかいた後はミネラルをしっかり補給して良質の油をとる、これによってデトックスが促されていきます。

 

また、ミネラルについてはデトックスとして重要な働き、キレート作用がありますので、別の機会に詳しく書きたいと思います。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅で楽しく発毛キャンプ®⑥

おはようございます。

 

福岡では梅雨だというのに全く雨に恵まれず、梅雨入りして1か月も経たないうちに梅雨も明けそうです。

 

これも地球温暖化だ~~って、、、大騒ぎしていますが、それこそ本当なのでしょうか???

 

何事もその情報は本当なの??って疑ってみることも大事なような気がします。

 

それほど今の世の中は、一部の人間が得するように情報操作がされているようですよ。

 

まぁ、確証の無い話はここまでにして、本題に入りたいと思います。

 

前回のブログで最後にお約束した、ある男性の話をしたいと思います。

 

それは、もうかれこれ15年以上前、当店に薄毛改善の相談に来られた男性の方がいました。

歳は32歳、瘦せ型で身長は165㎝位だったでしょうか。

 

奥様に連れ添われ、薄毛の改善をしたいという事でご来店になりました。

 

その方の薄毛(禿げ方)は異常な禿げ方だったのです。

 

以下の図参照

 

こんな感じ(黒塗りのところが髪の毛がまだある部分)

 

先ず、髪際線(生え際)はもちろん脱毛し、クラウン部分(つむじ)も脱毛・・・・

ここまでならⅯとOのよく見られる脱毛なのですが、この方は異質で、髪の毛の生えぎはがぐるっと薄くなっており、その上、後頭部と前頭部も薄毛になっているかなり異様な脱毛をしていたのです。(グレー部分が髪の毛がある部分)

イメージとしては、幅の広いハチマキを巻いたような状態に見えるんです。

 

こんな禿げかたをした方を初めてみましたので、かなりの禿を見てきた私でもちょっと動揺したのを覚えています。

 

先ずは原因を探るべく、綿密なカウンセリングを実施。

食習慣・生活習慣・慢性疾患や病歴・アレルギーの有無・サプリメントなどの摂取の有無・睡眠・運動・家系、ありとあらゆる可能性を探るべく質問したのですが、決め手になるような原因を見つけることができなかったんです。

 

原因がわからなければ改善のしようがないのです・・・・

 

原因がないのに30代前半でこれほど酷く抜けてしまっているというのは考えにくいことなのですが・・・

 

もしかしたら噓をついているのか???

 

しかし、奥様も横に座られてのカウンセリングでしたので、内容が違えば奥様からも指摘があったであろうし、噓をついているようには思えなかったのです。

 

とりあえず脱毛根診断を解析センター(当時は外部機関に解析を依頼していた)に採取した脱毛根を送り、その結果が出て、シャンプーや育毛剤、その他もろもろのオーダーメイドの薄毛改善キットを処方する方向で説明をしていました。

 

ただ、その方は、あまりお金をかけることが出来ないということで、当時毎月処方するキットの総額が月5万円ほどしていたものは現実難しそうな雰囲気・・・・

 

まぁ私自身も原因が解っていないのに高額なお支払いをさせる事など出来ないと思っていたので、改善は厳しいとお伝えして断ろうかと考え出していたところでした・・・

 

カウンセリングも行き詰まり、次回脱毛根診断の結果だけ、お伝えしたい旨を伝え次回のご来店日の予約をいただいていた時でした。

 

奥様がトイレに立たれたのです・・・

 

そこで・・・そのお客様から・・・おもむろに・・・

 

「あの・・・・実は・・・・」

 

と発した言葉で原因が明らかになったのです!!

 

 

それは・・・・

 

奥様が席を立たれてすぐに

お客様が言ったこと・・・

 

「実は、大学生の時に一人暮らししていた時からラーメンが大好きで、、、毎日カップラーメンを食べているのです」

 

なっ!!!なにぃぃ~~~!?!?

 

 

なぜ言わなかったんだ!?!?!?今まで!!

 

あぁ・・・奥様がいらっしゃったからか・・・・

 

 

私は小声で「今もですか??」と尋ねると、奥様には内緒で現在も毎日食べているということ・・・・

 

 

それであれば改善方法はあるかもしれない!!

 

それもお金もかけずに!!

 

もちろん奥様には内緒でその改善方法を伝え毎日実施していただいた結果、3か月後には見違えるように改善しました。

 

この時、シャンプーも育毛剤も売っていませんし、サロンにおける薄毛改善メニューも施術いたしておりません。

 

さて、何をしたかというと・・・・

 

 

1540_32毎日2リットル以上の水分摂取

1540_32じんわり汗をかく方法・・・低温サウナ、もしくは有酸素運動、半身浴などの実行

1540_32もちろんカップラーメン禁止!!

 

たったこの3つのお約束を3か月続けていただいた結果、8割がた毛髪が復活!!

 

3か月経ったある日、その男性も満面の笑みでご報告に来てくださいました。

 

何をしていただいたかというと、添加物を極力摂らず、今までため込んだ化学物質である添加物を体外に排出してもらうという事をやっていただいただけで、髪の毛は復活しました。

 

化学物質は脂溶性のものが多く、水を摂取するだけでは排出できませんが、低温サウナや軽度の運動、半身浴などジンワリと汗をかく程度の事をすることによって効率的にデトックスできるのです。

 

このお客様の発毛を成功させていただいたおかげで、薄毛で悩んでいるお客様に一番必要なのは「原因を見極め、それを改善させるためのコンサルティング力」だという事に気付かされたのでした。

 

もし貴方が、遺伝でもなければ老化でもない薄毛に悩んでいるのであれば、やはり口にしている物の見直しは必須となることを肝に銘じてください!!

 

また、デトックスについては次号詳しく書きたいと思います。

 

自宅で楽しく発毛キャンプ®⑤

こんにちは。

 

台湾に仕事半分、遊び半分で行ってまいりまして

ちょっと前回のブログから期間が開いてしまいました。

 

さて、前回までのブログでは、足す栄養学ではなく、引き算の栄養学が必要ですよ~~ってないようでしたね。

 

しかし、食品添加物などは、現在の食事情を見ても避けられないところまで来ているのではないでしょうか。

データによると、日本の厚労省が許可している食品添加物の種類は、1500種類以上あると言われダントツの世界一だそうです。

 

各国とどれくらい差があるかというと・・・・

 

アメリカ・・・・130種類

ドイツ・・・・・64種類

イギリス・・・・21種類

日本・・・・・・1500種類

 

ダントツという言葉では物足りなさを感じる数字ですね・・・(゚Д゚;)

 

因みに、農薬の使用量でも世界一!

 

悲しい現実ではあるけれど、改善できないこともない。

 

実は、私たちが何を選ぶかによってメーカーや農家さんは変わるってことを知っていて欲しいのです。

 

こんな添加物沢山、農薬ベッタリの食べ物を自分のかわいい子供達に食べさせたいですか?

 

自分の大切な体を壊すような食べ物を食べたいですか?

 

そんなはずはないと思います。

 

であれば、少し意識を持って口に入れるものに関心を持って選んでみられてはいかがでしょうか。

 

消費者が変われば必ずそれを提供する生産者が増えてくるのです。

 

決して変えることが出来ないものではありませんので、選択基準を少し高く持ってみてください。

 

さてさて、少し前置きが長くなりましたが、そのような食事情が薄毛と関係があるのか!?については前回のブログにも少し書きましたが、体の健康を害す=薄毛は関係あるのです。

 

そもそも人間の体は病気になったり怪我をすると、自分の体の中にある幹細胞が、その悪い場所に集まり治してくれたりします。この事をホーミング効果といいます。

幹細胞・・・人間の身体を自ら治癒する治療薬

細胞を維持、管理し、機能しなくなった細胞を再生させる自己治癒力を発揮する。

身体の組織に損傷が発生すると、ほかの臓器にある幹細胞が集まり損傷した組織

に変わる(ホーミング効果)

 

ここで薄毛になるようなダメージが頭皮や毛髪構造に起こったとしましょう。

この場合、ダメージを受けた皮膚細胞や毛髪の細胞を修復するために幹細胞が集まってきてくれたらいいのですが、毛髪は体の中でも生命維持活動に必要な器官としては、最下位にランクしていますので、先ずは生命維持活動の重要臓器や器官から先に治そうとします。

 

もちろん幹細胞が体の中にふんだんに有れば良いのですが、40を過ぎると生まれたての赤ちゃんの20分の1まで幹細胞は減少していますので、なかなか手が回りません。

 

これが年を取ると病気の治りが遅かったり、傷の治りが悪いといった事に繋がっているのです。

 

しかし、食品の添加物などが薄毛の原因になっているという事は、こんな単純な事でもなさそうなのです。

 

次回のブログでは、30歳前半男性が異常な抜け毛に悩まされ、相談に来てある事実が判明し、お金をかけずに改善まで導いた話をしたいと思います。

自宅で楽しく発毛キャンプ®④

読んで下さっている皆様こんにちは。

 

前回のブログの続きですが、足す栄養学の前に、引き算の栄養学が大切ですよってことで、今回のブログでは、どういったモノを摂取しないようにした方が良いのかという事をお伝えしようと思っています。

 

その前に、6月に書いたブログも先にお読みください。

タイトル「ある一致が見られる」

このブログ中に書いている3つの病気だけではなく、私が調べて統計などが出ている病気ではほとんどの病気に一致するグラフの形になっていました。

 

これは何らかの同じ原因があるのではないかという事はだれの目にも明らかではないかと思います。

 

という事は、現代の薄毛の原因もそこにあると考えるのは無理のない事かと思います。

 

さて、ブログ中にも書いてありますが、何が変わったかの推察では「食」ではないかと思っています。

 

ある時期から、日本で売られている食品のそのほとんどが加工食品となっています。

 

加工食品というと、冷凍食品やインスタント食品を思い浮かべるかもしれませんが、そうではなく豆腐や醤油といった日本では一般的でなおかつ伝統的な食品や調味料ですら自然の製法ではなく、味付けがされていたり、加工しやすいように添加物が使用されていたりと、まともな食品が姿を消してきています。

 

もちろん中には伝統の製法を守り、手間暇かけて作られているところは存在しますが、その商品は他の加工食品とは違い、値段も少々高くなっていますよね。

 

消費者は何の疑いもなく安い商品に手を伸ばし、それを摂取することで体を壊してきているわけですが、本物の食品は売れず、おのずと需要が少なければ生産量も少なくせざるを得なく、手間暇かけている分もあり、値段は高くなり、なおさら消費者は手を出さなくなって、そのうち本物を作るメーカーさんは姿を消していってしまいます。

 

スーパーの陳列棚には偽商品が並び、選択の余地がなく、消費者はそれを手にします。

 

後は、いかに安くするかの競争となり、なおさら食品が食品でなくなってきているように思います。

 

こういう状況で我々は体に合わない不自然なものを口にし、当たり前のように体を壊していっています。

 

要するに今日書きたかったこれは身体に入れたくないリストは、このブログには書ききれない程多くの食品が自然な姿からはかけ離れた食品ばかりになっているという事と、まずはその事実をしっかりと知っていただき、口に入れるものはしっかり意識して買うべきだという事が言いたいのです。

 

その為には何が本物で、何が偽物なのかを知る必要があると思います。

今やネットの世界は情報であふれかえっていますので、知ろうと思えば簡単にすることのできる世界です。

 

意識を持てば、情報は向こうから嫌でもやってきますので、本気で改善したければ調べてみてください。

 

そうすれば、この先私が書く内容も少しは皆様の頭に入ってくれるのではないかと思っています。

 

では、また次回のブログにていくつか例を挙げながら薄毛改善のヒントをお伝えしていこうと思います。

 

 

自宅で楽しく発毛キャンプ®③

自宅で楽しく発毛キャンプの記事を読んで下さっている皆様、こんにちは

 

前回のブログから少し日にちが立ってしまい申し訳ございません。

 

ここ数日は東京・長野出張で理美容師様へ発毛キャンプメソッドをお伝えしに行ってまいりました。

 

健康と美に関して理美容師さんがもっと知識とスキルと経験値が増せば、薄毛でお悩みの方がサロンに行って気軽に相談が出来る場所が増えますので、理美容師さんへのメソッド普及にも力を入れております。

 

さてさて、前回までのブログでは、現状認識とこれからのコミットメントについてお話ししました。

 

このブログからは実践に入っていきますのでお付き合いください。

 

先ずやるべきことは、貴方の薄毛の原因の解明なのですが、ご自分で解明することは難しいかもしれませんので、今一番多いと思われる原因の改善方法について書いておこうと思います。

 

皆さんの体は何によってできていると思いますか?

 

それは、貴方が毎日口にしている物全てがあなたの体を作り上げているという事を認識すべきです。

 

食べるもの飲むものが体にとって害あるものであれば、おのずと体はその恒常性を失い、病気がちになります。

 

逆に、口にするものを変えれば体は本来の機能を取り戻し、正常な状態へと導くのです。

 

薄毛も正常の状態とはいいがたいものが殆どですので「食」を変えるだけで改善していくと思いませんか?

 

あの医聖ヒポクラテスはこう言っています。

 

「食事で治らない病気は、医者でも治せない」

 

その通りなのです。

 

現代の人は医者が病気を治すと信じて疑わない人が多すぎます。

 

それはとても危険なことだと思っています。

 

貴方が毎日口にしたもので体が出来ているという事が腑に落ちたならば、口にするものを意識するだけで、今あなたの体に起こっている事の殆どが理解でき、そして改善できるのだという事を身をもって体感してみてください。

 

先ず私が提案したいことは、体に不必要なものは入れない!!という事です。

 

マイナスの栄養学です。

 

栄養学とはいえ、体に不必要なものは栄養とは呼ばないのですが、病気になっている人の殆どが口にするものを意識しなさすぎなのです。

 

不必要なものを先ず排除するために行ってほしいことが、コンビニで飲食物を購入することを禁止することです。

 

買っていいのはお水とドリップするコーヒー位しかありません。

 

他の商品の殆どがあなたの体を害するものだと理解しましょう。

 

本当に改善したければ、先ずはそこから始めてください。

 

手軽で簡単な物であればあるほどあなたの体には「リスク」となるという事を肝に銘じてほしいと思います。

 

今日はこれ位にして、次号は身体にとって摂ってはいけないものをリストアップしていきます。

 

では、次号をお楽しみに♪