月別アーカイブ: 2019年1月

シリカ摂取は本当に体に良いのか

ここ数年シリカ(ケイ素)水などの人気が高まっていますが、本当に体に良いのでしょうか?

その効果とはどのような効果があるのでしょう。

これはシリカ水などの販売ページを検索していただければ嫌というほど出てきますので各々調べてみてください。

 

ただ、一言でいえば、「美容と健康」には効果はありそうだという事。

 

しかしながら、長年ミネラルの重要性を伝え続けている私としては、ケイ素だけの摂取で賄えるほど人間の体は単純ではないという事です。

 

ケイ素は人間が必要としている必須ミネラルであることは間違いないのですが、人体にとっては他にも大切な必須ミネラルがあることは忘れてはいけません。

 

そもそもミネラルはカラダにとってどんな働きをしているかを知る必要があると思います。

 

例えば、骨や歯を作るカルシウムもリンやマグネシウムをバランスよく摂取しないと骨や歯の形成には至りません。

 

鉄にしても、赤血球に含まれるヘモグロビンの材料ですし、「ミネラル」は体の中にある「酵素」の働きを助けるという重要な働きをしています。

 

一つ一つの細胞はその細胞が属する器官の目的を達成するために、エネルギーを生み出し、各器官の機能を正しく行うためのあらゆる活動をしています。

その活動の化学反応、つまり代謝を行うのが酵素なのです。

すなわち人体の細胞のすべてにある無数の酵素を助ける触媒の働きをしているのが「ビタミン」と「ミネラル」なのですが、このビタミン一つとってもビタミンだけではなんの働きもしません。

 

例えば、ビタミンA が役割を果たすためにはカルシウム、マグネシウム、リン、セレニウム、亜鉛の助けが必要なのです。

同様にビタミンBにはコバルト、銅、マンガン、カリウム。

ビタミンCにはカルシウム、コバルト、銅、鉄、ナトリウム。

ビタミンEにはカルシウム、セレニウム、ナトリウム、亜鉛、リンといったミネラルが必要となります。

 

また、重要な役割として、細胞膜の浸透圧の調整をしてくれているミネラルもあります。それが、カリウムとナトリウムです。

この浸透圧の調整が出来なければ、細胞は栄養分の取入れもできなければ、細胞内の不要物の排泄もできなくなります。

 

この様に、まだまだ解明途上のミネラルの働きはカラダの構成成分や代謝、体内の生理機能など生命活動にはなくてはならない存在なのです。

 

このミネラル同士も密接な関係で成り立っています。シリカもお肌や髪の毛のために良いとされていますが、そういったタンパク質の合成、やコラーゲン形成には亜鉛は無くてはならないミネラルなのです。

 

また、どれか一つを摂りすぎることによってバランスを崩すことの方が問題です。

 

一つのミネラルが過剰になると、他のミネラルの吸収を妨げ、新たなミネラル不足を生ずる「拮抗作用」を起こすようです。

この拮抗作用が起こるとミネラルバランスが崩れ、健康を維持する働きをしなくなるというから注意が必要です。

 

 

3年間は経過をしっかり見る

薄毛改善は油断は禁物

一旦よくなっても、いや、良くなったと思ったとしても、それは本物の改善なのか?完全に回復したのかについては最低でも3年は経過観察する必要があるし、その間定期的に通っていただきコンサルティングする必要がある。

 

私が見させてもらっている方で、約半年くらいで本人が満足する程の発毛成果を出したことがあります。

 

初めて彼の薄毛を確認したのは2017年3月だったと思う。

頭皮は黄色く(黄土色)で天頂部からはハッキリ頭皮が見えるくらい薄くなっていました。

長年の付き合いだったので、たった1~2年見ない間の急速な脱毛だったんです。

彼曰く、プライベートでのストレスがそのまま出たのだろうという事でした。

 

原因をはっきりさせるためにも、脱毛根診断とヒアリングをしっかり行い、その年の5月から施術に入りました。

 

彼も起業したてだったこともあり、2週間に1度の来店は難しかったのですが、それから半年間で7~8回のコンサルと施術をしました。

その結果がこれ

かなり良くなっていたんです。

 

本人も安心したのと、仕事の忙しさを理由に2017年12月から施術を止めてしまったのです。

 

ところがそれから半年くらいたったある日・・・また連絡があり、「抜けてしまった・・・」というのです。

 

すぐに時間作って来店してもらい、「脱毛根診断」からやり直し、仕事が忙しかろうが2週間に1度のペースで施術をしていくことにしました。

 

それから半年たった2018年12月の状態がこれです。

良くなっていた状態までは戻っていませんが、徐々に回復してきています。

 

ただ、この方の問題はハッキリとした「原因」が判っていないという事です。

 

薄毛になる方は、どんな薄毛でもそこに至る原因が必ずありますが、ヒアリングと脱毛根診断だけでは判明しないものも少なくありません。

 

医療で行われる各種検査がもし出来るとしたら、この原因究明ももっと精度が上がり改善する方々の割合も多くなると思います。

 

今後は医療機関との連携で薄毛で悩んでいる方々の笑顔が増えるのではないかと考えています。