日別アーカイブ: 2017年10月20日

理美容室の可能性

こんにちは

 

今日は10月20日、頭髪の日だそうです。

 

理美容業界には関係の深い日なのですね。

 

理美容サロンでは何かイベントやキャンペーン等やられたでしょうか。

 

さて、頭髪の日という事で、それにちなんだ(このブログはほとんどちなんだ内容ですが・・・)ことを書こうと思います。

 

さて、皆さんは世界一「ハゲ」の多い国をご存じだろうか?

 

私も唯一観る「イッテQ」という番組で初めて知ったのですが

 

「チェコ」だそうです。

 

そのハゲ率がすごい

 

 

なんと

42.79%!!

 

ほとんど2人に1人がハゲというハゲ大国!!

 

ここまでくれば薄くなっても怖くない!!(笑)

 

 

ところで日本は?というと世界14位

 

しかし、アジアではNo1!!

 

日本の薄毛人口はおよそ4200万人 | AGA治療ナビの調査によると

 

「あなたは頭髪について、薄毛や脱毛が進んでいると思いますか」という質問に対し「ひどく進んでいる」「進んでいる」「やや進んでいる」と回答した方(15歳以上男女回答数4,800人)

これを日本の人口比率で計算してみると

 

なんと!!32.75%

 

3人に1人が対象顧客であるという実態があるんです。

 

このアジアNo1の国日本において理美容室でこの対象者向けのメニューが存在していない現状は如何なものかと思うのです。

 

なぜならば次のグラフを見て欲しいんですが

このアンケートは日本で有名な育毛発毛サロンで行われたアンケートです。

そのサロンに通っているお客様のなんと80%「本当はここには(有名発毛サロン)来たくなかった」と回答したのです。

 

それだけではなく、注目すべきはそう答えたほとんどの方が「今通っている理美容サロンにこういうサービスが欲しい」と答えている点なのです。

 

では、貴店にお越しいただいているお客様のどれくらいの方々がその潜在顧客で、貴店の可能性はどれくらいあるのかのシュミレーションをしてみたいと思う。

 

この利益変動モデルは、日本の美容業で上場している企業の生産性を元に計算してみました。

 

このT社は営業利益率2.2%の会社

スタッフ1人の年間売上高が699万円ですので、月58万円となります。

美容室の客単価を凡その平均価格7,000円で計算すると、月平均82人をスタッフ一人が担当することとなります。

その数字から、美容室のお客様の来店サイクルなどから、スタッフ一人が抱える実働カルテ数を算出すると、287枚(人)という数字が出てきます。

 

この287人の実働顧客に先ほどの薄毛を実感している割合である約33%をかけると、95人という数字が出てきます。

もちろん30歳~69歳の割合ですから、正確な数字とは言えませんが、100名近いお客様があなたのサロンのスタッフ1人のお客様の中に潜在顧客として存在しているという事なのです。

もちろんその全員が実際に育毛発毛メニューをご利用になられるわけではありませんが、その10%の方、10人が弊社が提案する「発毛キャンプ®システム」をご利用になられたとすると、通常売り上げの年間699万円に、発毛キャンプフルメニューの年間利用金額X10人分1113万円になりますので

 

年間スタッフ1人の売り上げが

 

18,122,000円になるという事です。

 

この可能性がどのサロンにも眠っているという事実を理美容サロンの方々はご存じないという事なのです。

 

では、なぜやらないのでしょうか??

 

お客様がこんなに求めているメニューを

 

今一度貴店のカルテの棚卸をされてみてはいかがでしょうか

 

発毛キャンプ®システムの詳細はこちら