日別アーカイブ: 2017年10月11日

導入を考えているサロン様へ注意喚起

こんにちは。

 

東京出張から帰ってきて、なぜか身体がボロボロになっております・・・

 

今回の出張の目的は、すでに育毛発毛メニューを提案しているサロン様への発毛キャンプシステムの情報提供のために行ってきました。

 

最近感じることは、育毛発毛を本気で取り組んでサロンのメニュー化を進めているサロン様が増えてきたことです。

 

当然のことではあると思うのですが、お客様の「美」を提供する理美容室において、年々深刻化している薄毛に対しての提案メニューがサロンに無いという事は問題でもあったわけです。

 

お客様の悩みに対して真摯に向き合うサロンが増えてくるという事は喜ばしいことではある一方で、発毛育毛に関する商材やメソッド、機器の販売等、その周辺サービスを提供する企業も増えて来ている中で、サロンのことを本気で考え、正しい知識や技術、機器知識などを提供できている企業が皆無であるという嘆かわしい現実があるという事です。

 

すでに取り入れているサロン様のお話を聞くと、育毛発毛に必要な情報がほとんど提供されていません。

 

提供されていたとしてもかなり古い情報で、現場での最新のエビデンスに基づいた情報の提供がされていないという事です。

 

このままサロン様がそういった中途半端なメニューや情報をお客様に提供していけば、必ずどこかで破綻することは目に見えています。

 

一番の被害者はお客様であり、サロン様になると思います。

 

提供した企業はほとんどダメージなく次の提案を形を変え、厚かましくしてくるでしょう。

 

今からいろんな企業や団体が、この発毛・育毛・メディカルビューティーの提案をしてくると思いますが、とにかくいくつかの情報を入れ、それから精査し投資していくべきだと考えます。

 

世の中には中身のないものを中身があるかのように見せて上手く販売するプロ達がいます。

 

それはそれで一つの技術として認めますが、そこにお客様がいる以上は軽率な判断で取り入れ、それをそのお客様に提供してほしくないと思っています。

 

 

それらを提供している企業にもうちょっとマシな情報を提供するように言ったところで経験のない素人同然の人たちが販売しているわけですから無理な話なので、選択する側に賢明な判断が求められます。

 

そこで注意してほしい文言がいくつかあります。

 

「経営に困ってませんか?」などといった内容や、「これだけ儲かりまっせ」という見せ方のもの、「簡単」などといった誰にでもできるような言葉を使ったり、「この商品が・・・」とうように商品や機器ありきのメソッド、「メディカルとの連携」を謳い、安心感を匂わせる様なもの・・・・

 

それでも判断できないようなら、こう言ってください。

 

「今までの結果を見せてください」と

 

ほとんどの企業や団体、その他個人発信のメソッドは「エビデンス」をほとんど持っていません。

 

あっても数人分位でしょう。

 

そこが大きな決め手となると思います。

 

サロンが求めるべきものは、商品でもなければ機器でもありません。

 

一朝一夕には習得できない「経験」を買うべきだと思います。

 

提供先がどれほどの「経験」を持っているか!?

 

その経験値に基づくリスクヘッジがあるかどうか!?

 

その証拠となるものは「エビデンス数」です。

 

それを提示できる提携企業の話は聞く価値はあると思います。

 

「育毛元年」を来年に控え、導入サロンが今後増えていくだろうと思います。

 

 

決める前に多くの情報に触れて決めるようにしてくださいね。