月別アーカイブ: 2017年9月

間違えてほしくない化粧品選び

こんにちは。

今日は、間違えてほしくない化粧品選びについて書きたいと思います。

 

弊社が開発したスキャルプ用オールインワンジェル「GOCELL」を最近では女性の方がお顔用の美容クリーム代わりに購入していただく方が増えてきました。

 

購入された方には出来るだけご使用になられての感想をいただいているのですが、その中に「つけても乾燥している感じが残る」といったような感想をいただきます。

 

突っ張る感じだとかっていう感想もあります。

 

これについて、少し本来の化粧品の在り方について考えてみたいと思います。

 

弊社のGOCELLは皮膚本来の機能や皮膚常在菌を正常に戻していくというのがコンセプトになっております。

 

一般の化粧品では皮膚に塗布してすぐに「しっとり」「つやつや」など実感することがあると思いますが、それはただのっけているだけで、あなたの皮膚本来の姿ではないのです。

 

その証拠にしっとりつやつや成分が入っていない化粧品を使ったら、とたんになんだかつっぱる・・・カサカサになった・・・などと言うはずです。

 

実はあなたのお肌の本来の姿はその「突っ張る」「カサカサ」のお肌だということを受け入れるべきなのです。

 

皮膚本来の保湿機能や、代謝、皮脂膜などの保護機能が全く働いていない証拠です。

 

また、そのような皮膚全般の本来の機能を元に戻すには、つけてすぐ戻るなどと言うことは絶対にありません。

 

最低でも1か月、年齢によってこれも変化しますが、完全に戻すには数か月かかる方もいるでしょう。

 

その期間、我慢できずに上塗りの化粧品を使い始めればまた元の木阿弥でしょう。

 

そうは言っても・・・・きれいな肌でいたい・・・

 

わかりますよ

 

奇麗な肌でいたいのは解りますが、奇麗?正常なお肌ではないから、根本的に改善していく必要があるのです。

 

その時だけしっとり感を感じたいのか・・・自分のお肌がしっとりしたお肌になりたいのか・・・

 

さてあなたならどちらを選びますか?

今のところ解明できない件

こんにちは。

今日は、現段階では解明できていない件について書こうと思います。

 

タイトルとして挙げるならば

「皮脂分泌量と皮脂中過酸化脂質量の関係について」というタイトルになるだろうか。

 

皮膚にとって「皮脂」は重要な役割を果たしていることは常識だろうし、皮脂中過酸化脂質が増えることによって皮膚トラブルが増加するという事ももちろん知っていると思う。

 

ちょっと次のグラフを見てほしい

 

これはある大手メーカーS社が皮脂中の過酸化脂質量について調べたグラフである。

表皮過酸化物の加齢変化を調べると、20才代で最低を示し、10代、30代、そして加齢と同時に徐々に増加していく。ということが分かっている。

では、次のグラフも見てほしい。

同じS社の調べた「各部位の年代別皮脂量変化」なのだが、グラフでもわかるように、10代後半から20代にかけて高い数値を出し、加齢とともに徐々に低下していっているのが分かると思う。

 

この2つのグラフを見て気づいただろうか?

 

皮脂分泌量は低下していくのに過酸化脂質量は増加していっている。

 

過酸化脂質とは皮脂中に12%含まれるスクワレンが酸化したものということであるならば、皮脂の量が低下すれば過酸化脂質量もおのずと低下するのではないかと考えられるのだが、反比例して増加していっているのだ。

 

この矛盾に対していくつかの仮説は立ててはいるのだが、残念ながら明確な答えを持っていない・・・

 

是非専門家の方でこのブログを読んでくださった方がいたら、この謎についてお答えしていただけないだろうか。

 

よろしくお願いします。

発毛サロンの施術者へのメッセージ

こんにちは。

今週は広島~神戸と出張続きでブログ更新が遅くなってしまいました。

 

今回のブログでは発毛サロン施術者にとって知識よりも技術よりも、もっと重要になるのでは?という事について書こうと思います。

 

もちろんこれは今発毛に頑張っている薄毛の方々にも重要なことであるのでしっかり読んでほしいと思います。

 

皆さんは二重盲検法という検査方法をご存知ですか?

 

Double blind testとも呼ばれているテスト方法なのですが、このブログでは出来るだけ簡単に書きたいと思いますので、もし詳しく知りたい方は後でググって勉強してくださいね。

 

二重盲検法とは、お薬や治療法の効果について正確にデータを取りたい場合に用いられるテスト方法で、お薬であれば投与される「患者」にも投与する側の「医者」にもどういった薬を投与したのかという情報を与えないというテスト方法なのですが、なぜこのように両者に目隠しする必要があるのか??というと・・・

 

1つ目には、患者に働く「プラセボ効果」をなくすため

 

そして、医者側には観察者バイアスが働かないようにするためということになっています。

 

観察者バイアスって言われてもピンとこないと思いますが、観察者効果とも言って、観察者である医者などが、その目的に合わせた言動を無意識レベルで行うことによって、検索結果に誤差が生じるのだそうです。

 

何かを治したい!これは効果あるかも!などと観察者(発毛では施術者)が自信をもってお客様に接するということは、それだけで効果に差が出るということなのです。

 

また、プラセボ効果も最大に発揮させるには、自分が行っているコンサルティングにおいて絶対の自信と、そこで使われる商材や技術も自信・確信のある施術者が説明をすることでお客様には最大のプラセボ効果も発揮できるということなのです。

 

逆を言うと、今やっていることに自信確信がなく、疑問や戸惑いがあればそれはお客様に何らかしらの言動から伝わり逆プラセボ(本来なら改善するはずが、施術者の自信なさげな説明や技術によって改善しない)も発動しかねないということを肝に銘じていてほしい。

 

人間はメンタルな生き物なのだ

 

オリンピックの射撃の名手といわれていたラニーパッシャムという選手を知っているだろうか。

 

1972年当時で彼は、世界一の射撃技術を持っていると自負していました。

がしかし・・・当年のミュンヘンオリンピックで彼はことごとく10点の的を外し銀メダルに終わるのです。

 

そこから学んだことはメンタルの重要性でした。

 

数々のチャンピオンに会い、メンタル面の研究をしていった彼は、2年後、1974年の世界選手権で金メダル8個を含む15個のメダルを獲得する快挙をなし遂げ、モントリオールでも金メダルに輝きました。

 

彼の言葉に

 

実はここからもわかるように、このシステムは!この担当者は!この育毛剤は!について信用信頼をしなければ効果は出にくいし、またそこをしてもらえるように施術者が自信確信をもってお客様に接しない限りお客様が求めるどこよりも素晴らしい結果は得られないということを肝に銘じておく必要があると思う。

 

それがなければ何をやっても何を使っても並以下にしかならない。

皮脂の酸化速度について

こんにちは。

 

皮脂の酸化について今日も持論を展開していこうと思います。

 

先日セミナーでの質疑応答で、この皮脂の酸化スピードについての質問をいただきました。

 

「皮脂は5~6時間で酸化してしまうという話を聞いたことがあるのですが・・・」

 

私の答えは「NO」でした。

 

この5~6時間という数字がどこから出てきたのか気になっていくつかのサイトをググってみたら、ある記事(ブログ)にこの5~6時間という記述があり、確認できました。

 

これはあくまで商品(シャンプーや洗顔剤)を売りたいショップやメーカーの理論ではないかと思い、大学や研究所と言われるようなところの教授や研究員らの文献はないかと探してみました。

 

その中に、「ス ク ア レ ン の 酸化反応速度」という文献があり、内容を確認いたしました。

 

答えを先に言うと、「ハッキリとわからない」というのが答えではないでしょうか。

 

この文献の冒頭にはこのように書かれています。

 

「そ れ らの速度を定量的に 討 した研究 は非常 に少なく,速 度解析の研究 はほとん ど行 われ ていな い。」

 

そうなんです。

 

あまりにも研究データが少なすぎるのです。

 

皮脂を構成する成分は、ワックスエステル(約25%)、スクアレン(約12%)、トリグリセライド(約60%)と言われています。

 

このうち酸化しやすいのがスクワランという物質です。

 

この酸化しやすい皮脂中12%のスクワランの酸化スピードの文献の結論は

ここに回分型反 装置封入酸素 力 化より,ス クアレンの酸化反 速度を測定 し,微 小な酸化領域の酸化 動を
討し以下の点が明らかになった。
1) 過酸化物生成反 は,非 常に い誘導期とその約10³倍の速度を持った加速期の2段 階で進行する。
2) 反 過程を 起反 と反 中間体の連鎖反 を考慮した反 過程によって解析 した。過酸化物の生成速度は,反 初期では 起反 が,ま た,加 速期では連鎖反の速度によって支配されることが分かった。
3) 反 初期の誘導期と過酸化物が微量生成 して起こる加速期の両期間において,総 括的な脂質の酸化反応速度は脂 質 濃 度 に 関 して 一次 反応 で表 され,そ の 速 度 定数は次 式 の 通 りで あ る 。
k1(h-1)= 6.3×108exp (-1.1× 104/T)
k2(h-1)= 8.7×1012exp (-1.2× 104/T)

「ス ク ア レ ン の 酸 化 反応 速 度」

 

 

スクワレン以外は、脂肪酸とグリセリンに分かれ、保湿や弱酸性に保つ役割をしているわけですが、弱酸性に保つということは酸化にブレーキをかけてくれているわけです。

 

皮脂と常在菌のバランス、皮脂の質、そういったものが正常であれば、酸化のスピードはかなり緩やかに推移するでしょうし、紫外線などに当たる時間などでも大きく違ってくるでしょう。

 

トリグリセライドなどは中性脂肪なので、食べたものが大きく左右します。

 

そうなってくると、文献等で出された数字は確かに1つの参考値にはなるとは思うけど、その人その人によって酸化スピードは違ってきて当然ということなのです。

 

それに、生きている人間の皮膚上では常に皮脂膜の循環は起こっているので、表面の酸化した皮脂、その下の皮膚と密接した新しい皮脂という層になっていると思うので何時間で酸化し、皮膚トラブルになるのか!?という理論は実験レベルでは測れないと思うのです。

 

何が言いたいのかというと、何かの情報を受け取ったら、その情報について自分なりに深く検証する必要があるということだと思うのです。

 

ネットの情報にしても研究者が出した情報にしても、また、このブログの情報にしても100%正しいという情報はないと思うのです。

 

すべてを鵜吞みにせず、すべての情報をリンクさせ判断していかないということです。

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島セミナー第2弾

こんにちは。

 

今週月曜日は鹿児島にて「発毛キャンプ®システム説明会」第2弾をCiero様のご協力で開催してきました。

場所は城山ホテル内にあるサロンにて行われました。

 

参加は、8サロン、2ディーラー12名の参加で、サロン内は移動が困難なほどギュウギュウ詰めの状態で行われました。

 

そのうち3サロン様は前回も参加していただいていたサロン様で、お時間を作っていただき頭の下がる思いでしたm(__)m

 

 

 

最前列の方はもう1mもない位至近距離で、暑苦しかったろうな~~(^^;とは思いましたが、まぁこれ位近くで話をさせていただくと、私のエネルギーが伝わっていい感じのセミナーとなりました。

このセミナーには育毛の大先輩と思しき方も参加で、名刺の肩書も凄くて、「一級毛髪診断士」「美顔術士」「日本育毛協会会員」と書いてあるじゃないですか・・・・

 

そんな大先輩に講習するとは恐縮したりでしたが、講習が終わり、その先輩から嬉しい言葉をいただきました。

 

先輩:「今日は講習ありがとうございました。目から鱗で、自分が学んできたことがこんなにも進化しているとは御見それいたしました・・・」「やっぱり育毛・発毛理論もかなり進化しているのですね・・・」

 

と・・・・

 

確かに私も30年近く発毛・育毛を研究してまいりましたが、ここ数年で飛躍的に理論が刷新され、それにより結果も数倍出るようになってきたと思います。

 

今までの毛髪理論や皮膚理論といった枠に囚われていると、大事なものが見えなくなってしまいます。

それにはちょっと突拍子もない観点から俯瞰的にみる必要があるのですが、今まで勉強をしっかりやってきた人であればあるほどその枠から抜け出れずに堂々巡りをやってしまいがちです。

 

その枠から脱出するには、常識レベルの理論に触れるのではなく、まったくアプローチの違う理論構成をし、結果を出しているメソッドに触れることです。

 

そうした刺激こそが今の壁をぶち破るきっかけとなると思います。

 

講習後も4サロンのオーナーと場所を移し、意見の交換をしました。皆さん素敵な方々ばかりで、実に有意義な時間を過ごせた鹿児島でした。

 

 

筋トレするとハゲる??

こんにちは。今回はちょっとプライベートな投稿です。

 

私は9/1よりプライベートであるプロジェクトを開始しました。

 

それは50歳の誕生日に人生史上最高の体を手に入れようというものです。

 

「My Best Body Project 50」です←こうやって誰かに告知しないと続かない弱っちい意志の持ち主なので(;^_^A

 

 

そのプロジェクトはさておき、表題にあったように、筋トレをやると禿る??のではないかという質問をいただきますので、私が以前体づくりをやった時の経験談を踏まえて少し解説したいと思います。

 

 

実は、私が43歳の時にダイエットの神が降臨してきました。あのダイエットのビフォーアフターの番組みたいに・・・・

 

それまでは、仕事柄飲み会も多く、喫煙に深酒、寝不足に暴飲暴食・・・

 

みるみる醜い身体に成り下がった自分の体を見て情けなくてなさけなくて突然思い立ったのがきっかけでした。

 

身長は168cmしかなかったのに体重は80kgを超えるか超えないかというところまでいってました。。。たぶん・・・

その時の体がこれ・・・

なんともみっともない・・・・(´;ω;`)ウッ…

 

 

この時の体重は正確には覚えていないのです。

 

自分の体に対してだらしなくなると、体重さえ気にしていないので体重計などに乗ることもほとんどなかったんです。

 

でも、今から考えると80kgはゆうにあったのではないかと思います。

 

一念発起しある年の5月19日よりダイエットというか、その時もかっこいい体を作ろうってことで開始したんです。

 

先ず始めたのが食事内容の改善、そしてランニング、筋トレでした。

 

最初の2ヵ月、まったく成果が出なかったりと苦労はしましたが、5か月後には62kgまで体重は落ち、ランニングも普通に10km位は走れるようになっていました。

 

この間、筋トレ方法や、食事内容の改善、ランニング方法等々、かなりの書籍やネットで調べては改善しということを繰り返しやっていました。

 

なんとか自分の中でBestに近い内容になって、安定して狙った身体に持って行っている感触はつかんでいました。

 

その時の最終形がこちら

まだまだ完成には程遠いですが・・・

 

自分の体が変わってくると、周りからいろんな質問が投げかけられます。

 

もちろん一番多いのが、どうやったら痩せれるのか!?です。

 

この質問に関しては、次のように答えます。

 

痩せたいなら

 

摂るカロリー < 消費カロリー であること

 

です!!当然ですよね

 

食事などで摂取するカロリーが、使うカロリーより多ければ脂肪として貯蓄されます。

 

逆に摂取カロリーより使用カロリーが多ければ、今まで貯蓄していた体内の脂肪を使いますので自ずと痩せるというのは明らかなことです。

 

要は、自分が摂取しているカロリーと、基礎代謝(体が何もしなくても使っているカロリー)と運動などでどれくらいのカロリーを使用しているかを「把握」するだけなのです。

 

これをちゃんと把握していれば、あとは使用カロリーを多くすれば痩せるわけですから話は簡単です。

 

 

次に、筋トレすると禿げるって聞くんだけど、本当なの??って質問が男性からは意外と多いんです。

 

これは、筋トレ=筋肉増量=男性ホルモンの増加が必須といった関連性によるものだと思います。

 

男性ホルモン分泌が盛んであればあるほど筋肉は付きやすくなりますからね。

 

ですから、筋トレは先ずスクワット系からやるのが一番効率よく筋肉がつくといわれています。

 

先にスクワットをやることで男性ホルモンの分泌を促し、その後の各部位の筋トレで筋肉増量していく・・・

 

至極簡単に書くとこんな流れで筋トレしていきます。

 

この男性ホルモンの分泌を上げる=禿げるとなっているように思います。

 

しかし、このスクワットでは、男性ホルモンと同時に、成長ホルモン=細胞修復ホルモンともいわれるホルモンの分泌も促され、活性酸素などで傷んだ細胞はこのホルモンによって修復され、若々しさを持続できるともいわれています。

 

あのいつまでも若々しく、ハードな芸能生活を送っていた森光子さんも毎日のスクワットは欠かさずやっていたというし

 

一時期流行った「美魔女」も太ももの皮下脂肪が少ない人ほど見た目年齢が若いというデータもあり、そういた方もスクワットをしていたという事からも、若さとこの細胞修復ホルモンの関係は深いと思いますので、筋トレ=禿という方程式は成り立たないと思います。

 

ただし、筋トレを異常にやっている人たち(ボディービルダー)などでは、極端な食事制限や、男性ホルモンの過剰投与などが考えられますので、そういった方々のハゲ率は大きいかもしれません。

 

しかし、通常の筋トレ(一般人が行う)位で禿げになることは考えにくいと思います。

 

逆に、筋トレしている人の方が、細胞修復ホルモンは増加し、血流増加をし細胞の代謝も促されますので健康的であると考えられますので、薄毛の改善にもなるのではないかと思います。

 

現に私がトレーニングをしっかりやっていた3年前が一番見た目年齢が若く言われていたことを考えると、適度なトレーニングは若返りが期待できると考えられます。

 

ということで、薄毛改善のためにも適度なトレーニングは行ったほうがよさそうです。

 

 

 

 

 

発毛に効果のあるサプリって本当にあるの!?

『発毛に効果のある栄養素って本当になるのか!?』

 

薄毛改善をしたい方などによく聞かれる質問があります。。。

 

「○○って髪の毛に良いの??」って質問です。

 

例えば、「ワカメ食べたら髪の毛生えるってホント??」とか、「白髪には黒ゴマやヒジキがいいって言うけどホント??」とか「亜鉛ってサプリが髪の毛に良いって言うけどホント??」とか

 

とにかく何かを摂取すれば髪の毛が生えるような表現の情報について聞かれることがあるのです。

 

最近では理美容サロンなどに発毛キャンプ®システムをお伝えしに行った際もよく質問されるし、某メーカーなども育毛サプリをあたかも生えるような表現で販売しているので、ここでその事についてハッキリさせたいと思います。

 

では、食物の旅」を簡単にお伝えしましょう。

 

先ず、で咀嚼され分解酵素などである程度細かくされた食物は、食道を通り、へ到達します。

 

へ入った食物はさらに細かくされ、次の小腸に送られるまでの貯蔵庫の役目もします。

※胃酸はph1.5~2.5と強酸

 

小腸は粥状になった食物をさらに分解し、吸収した栄養をリンパ血液が全身の運ぶという順序をたどります。

 

この小腸でアミノ酸まで小さくされ、血液に乗って全身を回り髪の毛の工場である毛母細胞まで運ばれます。

 

そして、そのアミノ酸は今度、毛母細胞で、ホルモン酵素ビタミンミネラルなど様々な作用でタンパク合成をして、髪の毛となっていくわけです。

 

 

では、先ほど亜鉛サプリって出てきましたが、この亜鉛はミネラルの一つで、毛髪工場である毛母細胞でアミノ酸を髪の毛の99%を占めるたんぱく質に再合成させるときに役立っているということは確かなのですが。。。

 

 

はたして亜鉛を摂っていれば髪の毛が作られるのでしょうか???

 

 

逆の流れで見てみましょう。

 

毛乳頭に伸びている血管毛細血管よりもさらに細い末梢血管であるといわれています。この血管古くなっていたら?血管を流れる血流が悪くなっていたら?

 

はたしてこの亜鉛は毛母細胞まで届くのでしょうか???

 

また、血流が悪くなっていたら食物からとった栄養素や、髪の毛の材料となるアミノ酸は運ばれてくるのでしょうか???

 

さらに逆行してみましょう。

 

血流は良好だとしましょう

 

に運ばれてきた粥状の食物は、胆汁膵液腸内フローラ消化ホルモンなど様々な働きを受けて小腸(十二指腸、空腸、回腸)消化吸収されるのですが・・・

 

さてこれは腸内環境が良ければ!?の話だと思いませんか??

 

また、胆汁を作り出す肝臓胆嚢膵液を作る膵臓働きが正常であったらの話だと思いませんか?

 

漢方では、「髪は腎の華」といい、腎臓と髪の毛は密接につながっているといわれています。

このような臓器が弱っていたら、いくら亜鉛を摂ったとしても髪の毛が生えるなどといったことはないと思うのです。

 

また、髪の毛は皮膚の従属機関であるといわれています。

 

皮膚は腸と密接につながっていて、腸内環境が悪化し、腸が弱ると皮膚も荒れてきます。皮膚が荒れれば自ずと発毛にも障害が出てきます。

 

この様に、発毛とは毛乳頭や毛母細胞といった一部分で行われていることではなく、身体全体の健康状態や、その働きが正常であるということが最低条件になるのです。

 

であれば、食の改善はもちろんのこと、生活習慣、精神状態の安定、運動や睡眠など、身体と精神の健康がなくては発毛などするはずがありません。

 

何かさえ摂れば毛が生えてくるなどという幻想に囚われることなく、健康的な生活・食習慣を心がけることが発毛への近道なのです。

 

発毛キャンプ®システム説明会

異常脱毛の1コイン改善

こんにちは。

 

もうかれこれ10年以上前、当店に薄毛改善の相談に来られた男性の方がいました。

歳は32歳、瘦せ型で身長は165㎝位だったでしょうか。

 

奥様に連れ添われ、薄毛の改善をしたいという事でご来店になりました。

 

その方の薄毛(禿げ方)は異常な禿げ方だったのです。

 

以下の図参照

 

こんな感じ

先ず、髪際線(生え際)はもちろん脱毛し、クラウン部分(つむじ)も脱毛・・・・

ここまでならⅯとOのよく見られる脱毛なのですが、この方は異質で、髪の毛の生えぎはがぐるっと薄くなっており、その上、後頭部と前頭部も薄毛になっているかなり異様な脱毛をしていたのです。(グレー部分が髪の毛がある部分)

イメージとしては、幅の広いハチマキを巻いたような状態に見えるんです。

 

こんな禿げかたをした方を初めてみましたので、かなりの禿を見てきた私でもちょっと動揺したのを覚えています。

 

先ずは原因を探るべく、綿密なカウンセリングを実施。

食習慣・生活習慣・慢性疾患や病歴・アレルギーの有無・サプリメントなどの摂取の有無・睡眠・運動・家系、ありとあらゆる可能性を探るべく質問したのですが、決め手になるような原因を見つけることができなかったんです。

 

原因がわからなければ改善のしようがないのです・・・・

 

原因がないのに30代前半でこれほど酷く抜けてしまっているというのは考えにくいことなのですが・・・

 

もしかしたら噓をついているのか???

 

しかし、奥様も横に座られてのカウンセリングでしたので、内容が違えば奥様からも指摘があったであろうし、噓をついているようには思えなかったのです。

 

とりあえず脱毛根診断を解析センター(当時は外部機関に解析を依頼していた)に採取した脱毛根を送り、その結果が出て、シャンプーや育毛剤、その他もろもろのオーダーメイドの薄毛改善キットを処方する方向で説明をしていました。

 

ただ、その方あまりお金はかけることが出来ないということで、当時毎月処方するキットの総額が月5万円ほどしていたものは現実難しそうな雰囲気・・・・

 

まぁ私自身も原因が解っていないのに高額なお支払いをさせる事など出来ないと思っていたので、改善は厳しいとお伝えして断ろうかと考えだしていたところでした・・・

 

カウンセリングも行き詰まり、次回脱毛根診断の結果だけお伝えしたい旨を伝え、時間のご来店日の予約をいただいていた時でした。

 

奥様がトイレに立たれたのです・・・

 

そこでそのお客様から

 

「あの・・・・実は・・・・」と聞いた言葉で原因が明らかになったのです。

 

厳密にはその後の改善アドバイスにより、ホームケアである事を実践していただき、3か月後にご来店になられた際にはかなり改善してしまったという事実から、その最後に聞いた内容が原因だったのだということが判明したのです。

 

それは・・・・

 

奥様が席を立たれてすぐに

お客様が言ったこと・・・

 

「実は、大学生の時に一人暮らししていた時からラーメンが好きで、、、毎日カップラーメンを食べているのです」

 

なっ!!!なにぃぃ~~~!?!?

 

なぜ言わなかったんだ!?!?!?今まで!!

 

あぁ・・・奥様がいらっしゃったからか・・・・

 

 

私は小声で「今もですか??」と尋ねると、奥様には内緒で現在も毎日食べているということ・・・・

 

 

それであれば改善方法はあるかもしれない!!

 

それもお金もかけずに!!

 

もちろん奥様には内緒でその改善方法を伝え毎日実施していただいた結果、3か月後には見違えるように改善しました。

 

売り上げはほとんど発生しないコンサルティングでしたが、初めての症例の検証と、その経験が得られたことは当時は大きかったことと、何よりお客様が笑顔でご報告に来られたその喜びを見れたことがなによりですよね。

(本来商売はこんなことではいけないのかもしれませんが・・・(;^_^A  )

 

どうやって治したかについては企業秘密・・・スミマセン

 

 

最新の発毛メソッド「発毛キャンプ®システム」