カテゴリー別アーカイブ: 腸内フローラ

ある一致が見られる

昨日久しぶりに腸の勉強会を開催し、私もお話を伺いました。

 

途中離席していたのですが、タイミングよく興味深い話が聞けたのでブログに残しておこうと思います。

 

先ずは1枚目のグラフを見ていただきましょう。

このグラフは、グラフ内にも記載していますが、クローン病の特定疾患医療受給者証交付件数です。

 

日本では1976年には128人だったのが、平成25年には39,799人と310倍に増えています。

驚くべき増加数ですね

 

もっと驚きなのが、アメリカではここ数字の10倍もいるという事!!

 

このクローン病の原因としては以下のような記載があります。

こクローン病の原因として、遺伝的な要因が関与するという説、結核菌類似の細菌や麻疹ウイルスによる感染症説、食事の中の何らかの成分が腸管粘膜に異常な反応をひきおこしているという説、腸管の微小な血管の血流障害説などが報告されてきましたが、いずれもはっきりと証明されたものはありません。最近の研究では、なんらかの遺伝的な素因を背景として、食事や腸内細菌に対して腸に潜んでいるリンパ球などの免疫を担当する細胞が過剰に反応して病気の発症、増悪にいたると考えられています。

ー難病情報センターHPよりー

 

次にあげるグラフが、多発性硬化症という「脳」の病気のグラフになります。

この多発性硬化症って、なんとなく聞いたことはあるけど、どんな病気かわからないですよね?

という事で、また難病情報センターさんのHPから引用します。

多発性硬化症は中枢神経系の脱髄疾患の一つです。私達の神経活動は神経細胞から出る細い電線のような神経の線を伝わる電気活動によってすべて行われています。家庭の電線がショートしないようにビニールのカバーからなる絶縁体によって被われているように、神経の線も髄鞘というもので被われています。この髄鞘が壊れて中の電線がむき出しになる病気が脱髄疾患です。この脱髄が斑状にあちこちにでき(これを脱髄斑といいます)、病気が再発を繰り返すのが多発性硬化症(MS)です。

 

だそうです。

これを読んでもイマイチぴんと来ない感じですが、原因としてあげられているのが、「自己免疫疾患」という事なので、やはり「腸」に関係が深い病気という事がわかります。

 

この病気は日本では10万人あたり8人程だそうですが、欧米人においては10万人あたり100人ほどいるそうです。

どちらの難病も欧米人に多いというデータが出ています。

これをみても原因がわかってくるようです。

 

次のグラフが

10万人あたりの主な死因別ですが、見ていただきたいのが黒いグラフ線で、「悪性新生物」と書いてありますが、聞きなれた言葉でいうところの「癌」ということです。

 

癌にかかると、がんで死亡するという事より、他の疾患を併発し死亡するケースが多いので癌が死因というのは私的には納得しがたいことですが、ガンを引き金に死亡したと考えてください。

 

この数字も右肩上がりに増加しているのがわかると思います。

 

この3つのグラフをよくよく観察してわかることは、ほとんど同じ増加傾向にあり、すごく似た形になっているのがお分かりになると思います。

 

という事は、ある年代からこの日本において何かが変わり、それが原因でこのような難病や癌などが増えてきているという事が誰の目にも明らかだという事がわかると思います。

 

さて、その原因とは一体何なのでしょうか。

 

クローン病や多発性硬化症に関しては「自己免疫」が大きくかかわっているという事がわかったと思います。

では、癌はどうでしょうか?

実は生活習慣や食生活となっております。

 

飲酒で免疫力低下・・・

 

食事内容云々・・・・この食事で主に関係しているのは「腸」!

 

免疫の60%~70%はこの「腸」に存在

 

こういった事からわかることは、この日本において大きく変化した「食」によって腸内環境、すなわち「免疫異常」がおこり、様々な病を起こしているのではないかという事です。

 

先ず私たちがやらなければならないことは、「食の改善」だという事だと思います。

 

無形分化遺産にも登録された「和食文化」を今一度取り戻し、健康で文化的な生活をしていきましょう。

 

もとのもとのもと

さて、FK-23加熱処理乳酸菌+LFK摂取において、アトピー症状の改善は可能かについて、摂取歴2年9か月愛用してくださった30代男性の経過報告をいたします。

 

先ず、アトピーやアレルギーの改善には、「腸活」は必須となっておりますが、その中でも食物繊維(水溶性&不溶性両方)摂取をすることが大事なことだと勝手に思い込んでいる私としては、ヴィーナスではどこまで結果を出せるのか不安なところがありました。

 

しかし、FK23でのフローラ改善データも、LFKによる皮膚トラブル改善データやその特許も持っているこの2原料であれば、摂取によって改善することは明らかなはず。

 

このお客様の簡単な情報は

30代 男性

IT関連会社勤務

アトピー歴 生まれつき

アトピー症状の重さ 三段階評価では「中」レベルの症状。おでこや首周りは乾燥と炎症、耳の上は切れていて、ひじの内側は湿疹・乾燥・出血程度、特に冬場の乾燥は強。

 

といった内容の方、初回購入は17年8月が初回購入。現在まで写真のヴィーナス(内容量60粒入り15日間分)1袋 税込5,400円。を1か月に1袋購入(毎月購入)で2年と10か月目。

 

去年の冬・・・冬場乾燥が激しくなり、痒みも増すので、掻きすぎて出血している個所も多数あったところが、2018年2月に、お肌を拝見した際、ずいぶん良くなっている感じがしたので、感想を聞いてみると。

「今年の冬は皮膚の乾燥が例年よりもかなり良くなっているのを実感している。」とのこと

 

今年の冬場も継続して乾燥は改善。

 

今年5月、皮膚がすごくキレイになってきていたので、「皮膚がすごくきれいになっていますね」って声をかけたところ、「いつもだと、花粉のシーズンが終わるころ、皮膚の状態は最悪の状態になるんだけれども、今年は全くなかった」とのこと。

 

実際、若干、以前のステロイド治療の後遺症は見受けられるけれども、アトピーとは思えないほど皮膚がキレイになっている。

 

食物繊維配合していないとひどいアトピーには効果が出にくいのではないかという心配は、無駄に終わった。

 

それも、通常の基本摂取量の半分でここまで改善したことは、私には少し驚きでもある。

これが、基本摂取量の2袋摂取したら、もう少し早く改善したのかは比較できないのだけれども、継続していただくことで、期間は読めないが確実に改善していくであろうという事は確信できた。

 

要するに、髪の毛の元は「皮膚」、その皮膚の元は「腸」なのだから、やはり発毛には腸活は「必須」なのだ

 

「プロテサン ヴィーナス」の画像検索結果

 

ヤセ菌をどう飼うか

こんにちは。

 

最近の腸活ブームはいつものブームのごとく一瞬でなくなってしまうのでしょうか

 

出来れば腸に関するこれからの研究がもっと進み、一過性の流行ではなく、健康の基本として長く続いてほしいと思っています。

 

さて、今回はこれからの時期女性には特に興味があるシェイプアップ(ダイエット)と腸内細菌について書こうと思います。

 

周りにいませんか?何をどんだけ食べても太らない人・・・・

 

いやいや私は空気と水だけでも太ってしまうのよ・・・・

 

ってこんな両極端な人

 

これは大げさではなく、実際にそういった方もいるようです。

 

例えていうなら、牧草しか食べていない牛は何故あんな巨体になるのでしょうか。

 

遺伝だから?

 

いえ違います。

 

牛には草からアミノ酸を作り出す微生物がたくさんいるからなのです。

 

こんな微生物が動物のいたるところでいろんな働きをしているわけです。

 

これは人間も同じ事、人間の体表面、体の中(特に腸)でもこの微生物(細菌たち)がいろんな働きをしています。

 

最近では、最近全体の遺伝子を解析できる「メタゲノム解析」により腸内細菌叢の遺伝子の組成を調べることが可能になり、その数がある程度正確に出せるようになりました。

 

その数なんと3万種、1,000兆個にもなるそうです。

 

今までは500種類~1000種類、100兆個と言っていたのでかなりの数の差になっていますね。

 

この細菌を今までは「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」として分けていましたが、現在では、より正確に腸内細菌の性質を示すために、「フィルミクテス門」「バクテロイデス門」「アクチノバクテリア門」「プロテオバクテリア門」という4門で区別されるようになりました。

 

このうち、フィルミクテス門は太った人の腸内に多く存在し、バクテロイデス門は痩せた人の腸内に多く存在しているそうです。

 

この2つの門は今までの言い方で言う「日和見菌」に該当する菌達です。

 

このフィル門とバクテ門の数をどの様にコントロールしたらよいのでしょうか。

 

または?このコントロールは可能なのでしょうか?

 

それは簡単なことなのです。

 

フィル門(デブ菌)は高脂肪高カロリーの食事が腸に入ってくると、脂肪の吸収効率が最適になる状態に分解し、腸壁は脂肪をグングン吸収できるようになるし

 

バクテ門(ヤセ菌)は脂肪分解能力が低いため腸壁の脂肪吸収率も低くなるため、「ヤセ菌」と呼ばれています。

このバクテ門(ヤセ菌)は高食物繊維・低脂肪食を好物としているようです。

 

この二つの腸内細菌群は宿主がふだんどんな食事をしているかによってそのバランスを変えていくそうです。

 

さて、貴方ならどうンな食事を心がけるでしょうか??

幸せの度合いは○○○の大きさに比例する!

 

私たち動物の祖先は「ヒドラ」などの腔腸動物であったことをご存知でしょうか?

ヒドラ達腔腸動物は「脳」を持っていません。
腸が脳の役割もしているそうです。

生物の進化史を見ていくと最初の神経組織が出来たのは脳ではなく「腸」だそうです。

幸せホルモンであるドーパミンやセロトニンはもともと腸内細菌間の伝達物質だったそうです。

腸だけで生きてきた期間が長かったために、脳が出来た時にその内少しだけ脳に送るようになったと考えられています。

その証拠にセロトニンは人間の腸に90%が存在し、脳にはたったの2%しかないという事実!!

実はあなたの幸せ感は「腸」が握っていると考えた方がよさそうです。

さて、あなたはどんな「腸活」をやってますか~~

幸せと密着に関係している正しい「腸活」のやり方を楽しみながら学びに来てみてください。

イベントページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.facebook.com/events/2052271451707343/

人間のエゴはこれからも作り出す。

O-157って人間のエゴが作り出したって知ってた?

 

 

O-157は元々穏やかな菌で、牛の第1胃にいる菌です。
そこに20年ほど前から牧草しか食べない牛にトウモロコシを与えるようになり、
そのトウモロコシに豊富に含まれる炭水化物を消化するために牛の胃が酸性に
傾き、そこにいたO-157はその酸性に耐えうるべく新たな遺伝子を獲得し、
強力な毒素を作るように進化したんです。

 

 

そして、ここからが大事!!

もともとO-157は穏やかで、毒素の産生にエネルギーのほとんどを使うため、生きる力の弱い菌なのです。

ですから、外界や腸内みたいに多種多様な菌が豊富にいるところでは、すぐに淘汰されてしまうんです。

ですが、消毒、殺菌、除菌などで極端に清潔にされた環境では敵がいないので猛威を振るうんだそうです。

人間もまた腸内フローラが乏しい人はこういった菌の影響を受けやすく、食中毒や胃炎、腸炎になりやすいと言われています。

-藤田紘一郎著書「長命革命」より-

最近では除菌殺菌ブームと言っていいほど除菌殺菌商品のコマーシャルを見ない日がありませんね。

しかし・・・この世に存在する菌の95%は人間にとって無害だと言われています。

そうなんです。

人間は太古の昔から菌と共生してきたのです。

その大切な仲間をむやみに殺し、バランスを欠いたからこそ起こっている病気があるのではないかと思います。

受け継がれるもの

先日「腸活」セミナーにてお聞きした興味深い内容をシェアしたいと思います。

 

最近、腸にかんして、いや腸に住んでいる沢山の「菌」の重要性が解ってきましたね。

 

赤ちゃんはお母さんの産道を通るときにその基本となる最近(基本細菌)に感染します。

 

さらに人間の肌にいる細菌や病院内の細菌にも感染します。

 

この細菌ミックスに感染しないまま健康な人生をスタートすることは出来ないそうです。

 

そして、産後三週間で免疫システムを構築すいるそうです。

 

ここで問題となってくるのが産道を通らず生まれてくる「帝王切開」だそうです。

 

基本細菌を受け継がず生まれてきた子供はアレルギーや喘息にかかりやすいともいわれています。

 

ここからが問題・・・・

 

現在欧米諸国では3分の1以上の赤ちゃんが「エレガントに」帝王切開で生まれてくるそうです。

 

日本ではまだ1割程度だそうですが、最近では産婦人科で帝王切開を薦められるケースが増えてきたといいます。

 

産婦人科医は「赤ちゃんが狭い産道で締め付けられ苦しい思いもしなくていいし、会陰裂傷や後産といった辛いことから解放されますよ~~」といった、さも妊婦さんにメリットがあるかの如く言葉巧みに薦めるそうです・・・※もちろんいろんな理由で帝王切開せざる得ないお母さんは致し方ないのですが・・・

 

 

これも産婦人科医のなり手がないという理由でもある、産婦人科医に休みはない!というところではないでしょうか。

 

出産はいつになるか読めないので、産婦人科医は休日だろうが就寝中だろうが、妊婦さんが産気づいたらすぐに飛んでいかなくてはなりません。

 

そういった過酷な労働環境だけに、お産をコントロールできる「帝王切開」を進めているのではないかと考えられます。

 

ちょっと怖い話ですね・・・

 

 

こういった腸内フローラの勉強会では色んな話題が出てきて面白いセミナーでした。

 

 

発毛の鍵は・・・

こんにちは。

 

発毛キャンプ®トレーナーの椿山です。

 

28年間発毛というカテゴリーで数多くのお客様に接してきて、この2年、発毛キャンプ®システムを確立してからの発毛率は過去のそれとは比べ物にならないくらい高い確率で発毛しております。

 

このビフォーアフターは

ビフォー3月22日

アフター8月30日ですから、約5か月間の結果です。

この様に結果を出している方と中々結果が出るのが遅い方が存在します。

 

この結果が出るのが早い方を検証したところある共通点が見えてきました。

 

発毛キャンプ®システムでは、外からのケアはもちろんのことながら、インナーケアにも力を入れております。

 

特にインナーケアには注力しており、その中でも腸内細菌、腸環境の改善は最優先課題としております。

 

何故ならば、今までお客様のスキン、スキャルプの健康状態を長年観察してきて、胃腸の弱い人は肌にトラブルを持ちやすいという現場での実証と、最近腸内フローラの研究が進み、腸の重要性がその研究からも解明されてきたからです。

 

腸と肌は密接な関係性にあり、腸内環境の荒れはそのままお肌の荒れに繋がっています。

 

発毛キャンプ®システムにおいても腸内フローラの正常化のために摂取していただいているものがあります。

 

それをキチンと摂取している方とそうでない方では結果に大きな差が出るようです。

もちろんもっと長い期間の経過観察は必要ですが、その傾向にあるようです。

 

しかし、腸が正常かどうかというのはわからないよ~~という方も多いのではないでしょうか

 

そこで、辨野義己先生のホームページをご紹介します。

タイトルが「いいうんち研究所」

 

腸の調子はウンチを見れば一目瞭然!!

 

https://www.toilet.or.jp/iiunchi-labo/unchirsch200809.html

 

このサイトでは「腸年齢チェック」が出来ますので、チャレンジしてみてください。

 

私の判定結果は・・・・

 

 

腸年齢=実年齢,腸年齢は若くてバッチリ合格!今の生活続けて。

 

でした~~(パチパチパチパチ)

 

あなたもチャレンジしてみてください。

 

腸内年齢=見た目年齢ですから!!

 

辨野義己先生プロフィール

独立行政法人 理化学研究所バイオリソースセンター微生物材料開発室長。 農学博士。酪農学園大学獣医学科卒、東京農工大学大学院を経て2004年から現職。35年以上にわたって腸内細菌学・微生物分類学の研究に取り組んでいる。

おもな著書として、「ウンコミュニケーションBOOK」(ぱる出版)、「ヨーグルト生活で「腸キレイ」」(毎日新聞社) 「ビフィズス菌パワーで改善する花粉症」(講談社)、「べんのお便り」(幻冬舎)、「病気にならない生き方で、なる病気」(ブックマン社)などがある。

ここに文字を入力