カテゴリー別アーカイブ: 美容

理美容室の可能性

こんにちは

 

今日は10月20日、頭髪の日だそうです。

 

理美容業界には関係の深い日なのですね。

 

理美容サロンでは何かイベントやキャンペーン等やられたでしょうか。

 

さて、頭髪の日という事で、それにちなんだ(このブログはほとんどちなんだ内容ですが・・・)ことを書こうと思います。

 

さて、皆さんは世界一「ハゲ」の多い国をご存じだろうか?

 

私も唯一観る「イッテQ」という番組で初めて知ったのですが

 

「チェコ」だそうです。

 

そのハゲ率がすごい

 

 

なんと

42.79%!!

 

ほとんど2人に1人がハゲというハゲ大国!!

 

ここまでくれば薄くなっても怖くない!!(笑)

 

 

ところで日本は?というと世界14位

 

しかし、アジアではNo1!!

 

日本の薄毛人口はおよそ4200万人 | AGA治療ナビの調査によると

 

「あなたは頭髪について、薄毛や脱毛が進んでいると思いますか」という質問に対し「ひどく進んでいる」「進んでいる」「やや進んでいる」と回答した方(15歳以上男女回答数4,800人)

これを日本の人口比率で計算してみると

 

なんと!!32.75%

 

3人に1人が対象顧客であるという実態があるんです。

 

このアジアNo1の国日本において理美容室でこの対象者向けのメニューが存在していない現状は如何なものかと思うのです。

 

なぜならば次のグラフを見て欲しいんですが

このアンケートは日本で有名な育毛発毛サロンで行われたアンケートです。

そのサロンに通っているお客様のなんと80%「本当はここには(有名発毛サロン)来たくなかった」と回答したのです。

 

それだけではなく、注目すべきはそう答えたほとんどの方が「今通っている理美容サロンにこういうサービスが欲しい」と答えている点なのです。

 

では、貴店にお越しいただいているお客様のどれくらいの方々がその潜在顧客で、貴店の可能性はどれくらいあるのかのシュミレーションをしてみたいと思う。

 

この利益変動モデルは、日本の美容業で上場している企業の生産性を元に計算してみました。

 

このT社は営業利益率2.2%の会社

スタッフ1人の年間売上高が699万円ですので、月58万円となります。

美容室の客単価を凡その平均価格7,000円で計算すると、月平均82人をスタッフ一人が担当することとなります。

その数字から、美容室のお客様の来店サイクルなどから、スタッフ一人が抱える実働カルテ数を算出すると、287枚(人)という数字が出てきます。

 

この287人の実働顧客に先ほどの薄毛を実感している割合である約33%をかけると、95人という数字が出てきます。

もちろん30歳~69歳の割合ですから、正確な数字とは言えませんが、100名近いお客様があなたのサロンのスタッフ1人のお客様の中に潜在顧客として存在しているという事なのです。

もちろんその全員が実際に育毛発毛メニューをご利用になられるわけではありませんが、その10%の方、10人が弊社が提案する「発毛キャンプ®システム」をご利用になられたとすると、通常売り上げの年間699万円に、発毛キャンプフルメニューの年間利用金額X10人分1113万円になりますので

 

年間スタッフ1人の売り上げが

 

18,122,000円になるという事です。

 

この可能性がどのサロンにも眠っているという事実を理美容サロンの方々はご存じないという事なのです。

 

では、なぜやらないのでしょうか??

 

お客様がこんなに求めているメニューを

 

今一度貴店のカルテの棚卸をされてみてはいかがでしょうか

 

発毛キャンプ®システムの詳細はこちら

○○の抜け毛って本当??

こんにちは、今日はよく言われる○○の抜け毛について書いてみようと思います。

 

昔から春と秋、季節の変わり目に抜け毛が増えるといわれていますが、これは本当なのでしょうか?

 

また、本当だとしたら何が原因なのでしょうか?

 

結果には必ず原因が存在しますので、その原因について考察してみようと思います。

 

自然-Nature

 

私の見解は他のサイトのそれとは大きく異なる見解を示すかもしれませんが、今まで発毛に携わってきた中でいろんな情報をすべてリンクさせた上での仮説とその見解です。

決して私の見解が正しく、他の方の記述が間違っているといった事ではないので、ご理解ください。

 

先ず抜け毛云々を述べる前に、人間も犬も猫も植物も昆虫もこの地球に存在する生き物が自然のものであると言う事を再確認してからこのブログを読んでいただくといいかと思います。

 

この自然の一部であるということが抜けてしまうと、原因も判らなくなるし、その解決方法も見失います。

 

人間も自然の一部で他の動植物と同じだと設定したうえで考えていきましょう。

 

犬や猫

 

犬や猫にも抜け毛の時期ってのがあります。

 

ただ、犬や猫のこの抜け毛の時期は換毛期というそうです。

 

動物はこの春と秋に古い体毛が抜け落ちるのだそうです。

 

では、この時期以外は抜けないのか?

 

いえ・・・抜けます。

 

要するに人間も動物も同じだと思いませんか?

 

ただ、犬猫は人間と違い、体毛だけで季節の寒暖から身を守っていますので、アンダーコートやオーバーコートといった毛の種類で春秋の抜け毛の種類が違ったり、生まれた国によってもその違いがあるようです。

 

植物と考えると

 

人間を植物と考えるとどうでしょうか?

 

春になると暖かくなり、植物の芽が芽吹き始めます。

 

そして、夏になると新緑の木々が山を覆うように、人間もこの春から夏にかけては体温も上昇するため、細胞の代謝が活発になり、髪の毛の毛髪サイクルも盛んに行われると考えられます。

 

これは髪の毛だけに限らず、全身の細胞が活発に入れ替わる時期だと思います。

 

おのずと冬の時代に鈍化していた細胞が動き出しますので春にかけて抜け毛が多くなるように感じると思います。

 

で?夏の抜け毛は

 

夏の時期に起こるであろう事を考えてみましょう。

 

他のブログではこのような記事をよく目にします。

夏は、レジャーやアウトドアスポーツで紫外線をたくさん浴びる機会が増えます。紫外線は、日焼けによる頭皮の炎症だけでなく、毛母細胞の更新を妨げて頭皮を老化させるなど、大きなダメージを与えます。すると、抜け毛や切れ毛を引き起こしやすくなります。

また、夏になると増える汗や皮脂の分泌も、抜け毛を増やす原因の一つです。頭皮の汗や皮脂が過剰になると細菌が繁殖しやすくなり、ニキビやフケ、かゆみ、炎症を招きます。そうなると髪の毛が成長しにくくなるため抜け毛が起こります。

 

これって本当にそうでしょうか???

夏になると汗や皮脂の分泌が多くなる?

これは私は少し疑問です。

確かに汗の分泌は多くなるでしょう!

しかし、皮脂の分泌も多くなるのでしょうか?

そもそも皮脂はむやみやたらに出ることはありません。

皮膚の保護をしている皮脂膜が不足すると皮膚は皮脂を補充するために皮脂の分泌をするのではないでしょうか?

 

だとすると、乾燥する時期に皮脂の分泌が多くなるのは分かるのでが、梅雨から夏にかけての日本は湿度も高く皮膚が乾燥する時期ではないので皮脂の分泌が夏に多くなるという理由が私にはわかりません。

 

ただ、4月の終わりから、9月にかけて紫外線の量が多くなり、アウトドアシーズンになると紫外線を浴びる機会が増え、皮脂が紫外線により過酸化脂質に変化する量が増え、皮膚トラブルを起こしてしまうという事が考えられます。

 

傷んだ皮膚は、代謝を早め活発にすることで新しい皮膚へと生まれ変わらせようとします。この時に皮膚の従属器官である髪の毛も通常のサイクルを早め、抜け毛の数が増えると考えたほうがスマートなような気がします。

 

ただ、上記から考えるに、代謝を早め修復しているわけですから、幹細胞は正常に働いていると考えられます。

 

これは異常?なのでしょうか?

 

とはいうものの

 

というものの、夏は日焼けをします。

 

当然髪の毛が少ない方は、もしくは分け目やつむじの所などは日焼けすることが考えられます。

 

日焼けとはいえ、軽度の火傷ですから、その後のケアは十分過ぎるほどしなければいけません。

 

ただし、シャンプー剤を使ったヘッドスパなどは逆効果で、保湿を徹底的に行うケア方法が望ましいと思います。

 

とにかく日焼け後は冷却と保湿をしっかり行うことです。

 

大きな原因

 

最後に夏は、冷たいものを他の季節より大量の摂取する季節です。

 

アルコールの摂取量も増えます。

 

そうすると、体内水分量は低下します。

 

肉の摂取も多くなります。

 

そうすると、腸が痛み、腸内フローラも悪玉菌が増殖します。

 

腸の不調はそのまま皮膚の不調に繋がっています。

 

皮膚の従属器官である髪の毛の然りです。

 

 

先ずは表面的なケアも大事ですが、インナービューティーに力を入れることが大事かもしれません。

 

そろそろ夏も終わりに近づいてきていますので、体のケアをしっかり行ってくださいね。

 

内面的な問題で抜ける夏から秋にかけての抜け毛は頭のケアではなく、ちゃんとしたインナーケアが必要なのです。。。

最近広がりを感じるのは・・・

皆さんこんにちは

 

今週月曜火曜は名古屋・岐阜の出張でした。

 

そこで感じる点がいくつかあったのですが、それを書いてみました。

 

名古屋においては「発毛キャンプ®システム説明会」を開催させていただきました。

 

名古屋といっても正確には愛知県岡崎市という名古屋駅から30分ほど電車かかる名古屋市郊外のサロンで説明会を開催させていただきました。

 

そのサロンはヘッドスパにかなり力をれているサロンで、取次をしてくださった会社の方の情報によれば、ヘッドスパのお客様利用率も高く店販売上も月によっては何百万も売り上げるようなサロンだということでした。

 

そこでちょっとした疑問があったのです。

 

一つ目の疑問・・・・

ヘッドスパでそこまでの利用率があるのであれば、かなりの売り上げにも繋がっているサロンで新たな発毛メニューの導入を検討しているのはなぜだろうか・・・・

 

2つ目は

店販売上をかなり上げているサロンは本当に儲かっているのだろうか?

 

という2つの疑問

 

先ず一つ目の「何故発毛メニューの導入を検討しているのか?」ですが

 

ヘッドスパはそもそも快感メニューであるので、発毛メニューとはカテゴリー的違うため、全く別物で考えていたのですが、もしかしたら現在理美容室で展開されているヘッドスパメニューはメーカーなどから育毛・発毛メニューというカテゴリーで提案があっているのではないかという疑問が浮上してきたのです。

 

が・・・しかし、ヘッドスパをいくらやっても発毛率はたかだか10%程度であると推測されるので、本格的な発毛メニューの導入を検討しているサロンが多いのではないか・・・

 

もちろん発毛メニューはお客様のみらいのカタチを先払いしていただく先払いの高単価コースメニューという魅力があるので、今までの理美容室にはないメニューであることは間違いないので、その理由で検討しているという素直な検証もされるのだが、どうも前者のような気がしてならない・・・・

 

 

もう一つは、この業界に一時期店販推しの流行があったのだが、本当に店販は経営を楽にしてくれるのか?という疑問・・・

 

理美容業界の商品仕入れ原価の平均から考えると

 

ある商品を10本仕入れても8本目からしか利益とならない

 

では、理美容室にどれだけ商品数(店販品)があるのか?またその店販品は全て10本仕入れたら8本以上は売れ、デットストックとなっていないのか??

 

ある商品だけが売れたよ~~ってことだけでサロンに利益をもたらしたと考えることが出来るのかどうか・・・

 

例えばある店販品が月100万売れたとしよう

 

ザックリと30万の利益だよね

 

30万も利益があれば人一人分の給料が福利厚生費合わせても捻出できるから良い!と考えれるかもしれないが

 

その他の店販品がのデットストックがあれば、この利益も吹き飛んでしまうよね

 

店販に力入れることが悪いって言ってるわけではないんだけど、いくら上がったかより店販品全体としてどれ位の利益を出しているのかしっかり把握していかないといけないってことだよね。

 

私もサロンをしていた経験上分かるんだけど、理美容サロンの仕入れ仕切り額ではあまり儲かった感が少ないってのはよくわかるんだよね。

 

だからこそ理美容業界は少し転換する考えを持ってかないといけないと思う。

 

今までの業務とは全く違う観点でのお客様との接し方を構築していかないといけない

 

そうすれば全く新しい理美容の道が見えてくるはずだ

 

この業界はとても面白い立ち位置になるだろうと予測される。

 

本当に面白い

赤の改善

こんにちは。

いつも読んで下さりありがとうございます。

発毛キャンプ®トレーナー椿山です。

昨日のブログで頭皮の色について書きましたが、特に赤い頭皮について書きたいと思います。

 

長年頭皮を観察してきて、お客様が赤い頭皮の時の共通点があります。

普段は正常なのに、ある日赤い頭皮で来店されたお客様に限りますが、そのお客様に次のような質問をすると、ほぼ100%YESと答えます。

 

それは

 

「最近寝不足が続いていませんか?」です。

 

お客様からは「なんで判るんですか?」ってほぼ100%返ってきます。

 

先ずは前回のおさらいとして、頭皮の赤味には2つあると書きました。

 

1つ目が「うっ血」

2つ目が「炎症」でしたよね。

 

うっ血ですが、すごく簡単に言うと、血流の滞りですので、何らかの影響で血流が滞っているわけです。

 

睡眠不足も、血流の調整を行っている自律神経が乱れることにより、ホルモンバランスを崩し、血流悪化となり、うっ血状態になると考えられます。

 

皮膚には4.6㎤中に4mもの血管があると言われています。その血管の中でも毛乳頭部分に接している血管は毛細血管(5~20μm)の中でも最も細い末梢血管と言い、血流の影響を最も受けやすいと言えます。

うっ血が血流の滞りであるならば、末梢血管では血流はかなり悪い状態ではないかと考えられます。

したがって酸素と栄養の供給が行われず、毛乳頭、毛母細胞は活性されません。

 

では、このうっ血状態の解消はどうすればよいのでしょうか。

 

先ずは

 

「食」

 

そして

 

「睡眠」

 

で…

 

「体を動かすこと」です。

 

もっと言うと、入浴方法なども研究されるといいでしょう。

 

頭皮に至っては、マッサージなども有効となります。

 

しかし、肩から頸部にかけての柔軟を先に行い、頭部マッサージへと進んでいくことが重要です。

 

ゆっくり半身浴などをして、それから頭部マッサージというのも有効でしょう。

 

しかし、「食」と「睡眠」を疎かにしていると、こういった対処法も効果が半減してしまいますので、まずは基本を押さえましょう。

 

次に「炎症による赤み」ですが、これもいろんな原因が考えられるでしょう。

 

改善策としても、お客様でいろんな方法を試してみました。

 

一つ目はシャンプー剤を使用しないという方法です。

これで頭皮の炎症が治まった方がいます。

 

育毛発毛関係の書籍では抜け毛を止める方法としてもこのシャンプー剤不使用法ってのが多くあります。

 

私も5か月間ほどシャンプーをしない時期がありました。

確かに抜け毛は減少したのですが、私の場合、頭皮にイボのようなものができ、ボコボコとなってしまいましたので、全くシャンプーをしないというのは向かないのだと思い、今は4~5日に1度はかなり低刺激のシャンプーを使用しています。

 

もう一つは、炎症肌、または頭皮湿疹や吹き出物ができやすい方は、腸が弱いか?腸内フローラのバランスが崩れているか?腸で炎症を起こしているか?とにかく、腸に不調がある方が多いように思います。

もう一つは、糖質、特に砂糖や人工甘味料などの摂取でもお肌の炎症につながる方が多いと思います。

 

発酵食品や、乳酸菌などで腸内フローラのバランスを取ったり、口にするものを見直し、甘味料を極力避ける食の改善が必要となってきます。

 

当然頭皮の炎症にはシャンプーやカラー剤、スタイリング剤の影響があることは言うまでもありません。

 

炎症や頭皮湿疹が改善しないという人は、口にするものをすべて見直す必要があります。

何気に口にしているそれ!!が原因ということがあります。

 

まだまだ詳しくお伝えしたいところですが、長いブログは読みにくいものです・・・

 

もし、気になる方がいらっしゃれば、発毛キャンプ®トレーナーのいるサロンでご相談ください。

 

 

 

ヘッドスパは本当に薄毛改善となるのか??

こんにちは。

今日はちょっとヘッドスパについて私なりの見解をぶっちゃけてみようと思います。

 

今、理美容サロンにおいては頭皮の健全化、育毛、リラクゼーションなど様々な切り口でヘッドスパをメニュー化しているサロンが多いと思います。

 

そこで、このヘッドスパでも育毛目的でやられているヘッドスパについて検証してみたいと思います。

育毛や発毛目的のヘッドスパの場合、「血流促進」「頭皮の柔軟化」、または専門的に言えば、「立毛筋の活動低下をマッサージによって補う」等、そしてなにより「毛穴クレンジング」が目的ではないでしょうか。

 

薄毛=毛穴のつまりという理由から、このような毛穴クレンジングすることで抜け毛の防止というアプローチが取られているのでしょうが、果たして本当に「毛穴のつまり」=「抜け毛」なのでしょうか?

 

ここで、ある調査をした面白い男がいます。

 

東京都内で、ホームレスの方達の為の炊き出し現場を回り、約3,000人のホームレスのハゲ率を調べたのです。

 

もちろん一般の会社勤めの方々のハゲ比率も調べたのですが・・・・

 

 

さて問題です。

 

どちらがハゲ率高かったでしょうか??

 

毛穴のつまり=薄毛という理屈から考えると、シャンプーなどする機会が少ないホームレスの方々のほうが毛穴はつまり、薄毛になっていなくてはなりません。

 

 

ところが

 

 

薄毛率では全く同じだったという調査結果なのです。

 

 

この毛穴つまりが薄毛にする説に関しては、大阪府立大学のある教授も異を唱えていて、その教授曰く「毛穴の洗浄をすることにより、かえって髪の毛は弱体化してしまう」との見解を示しているほどなのです。

 

 

ただ、ヘッドスパの利点も確かにあります。

 

 

血行の促進に関しては言うまでもないでしょうが、立毛筋の代わりにバルジ領域を刺激することにより退行期の毛髪を成長期に移行させる事ができるという点では頷けます。

 

 

ただ、これもヘッドスパでもシャンプーなどで行うヘッドスパではなく、オイルマッサージや育毛剤等を塗布してもヘッドマーサージ的なヘッドスパであることが望ましいでしょう。

 

もちろん使用するオイルは酸化して過酸化脂質となってしまわないようなオイルを使うことは絶対条件です。

 

なぜ、私がシャンプー剤等を使ったヘッドスパを良く思っていないかというと・・・

シャンプー剤等の界面活性剤(洗剤)をつけたまま頭皮を必要以上にマッサージするという行為は頭皮の環境悪化にも繋がるため、控えていただきたい施術だと私は考えます。

 

反論がある方も居るかもしれませんが、洗剤を長時間頭皮につけたままある程度強い刺激を加えることのどこが頭皮の為なのか私には理解に苦しみます。

 

 

それダメ!ってTV番組ありますよね

 

 

あなたの常識は非常識かもしれません!!

なんか頭にきた件・・・・

こんにちは。

いつも当ブログを読んでくださりありがとうございます。

 

薄毛改善メニューの導入サロン(理美容サロン)が増えております。

 

そこにはもう10年以上前からオーバーストアといわれ、異常なサロン数に加え、低料金のサロンにお客様が流出していくというサロン経営には2重苦といった現状があると思います。

 

今までのカット・カラー・パーマなどの金額を上げることも出来ず、客数を増やすこともままならない。

ではどうしたらよいのか!?ということが長年続き、現在のトータルビューティーへの道へとシフトしてきたと思います。

 

そこで発毛や脱毛、エステ事業を取り入れるサロンが多くなってきています。

 

その中でも発毛事業は提供する企業も多く、多くのサロンも取り入れ始めているメニューであります。

 

そういったサロン様の中には真剣に(カットやパーマカラーと同じように)学び、習得していこうというサロンもあれば、高料金セットメニューによって収益性が上がるという金儲けに目がくらんで導入しているサロンも多いのかな・・・と思うのです。

 

ここで気を付けていただきたいのが、提供している企業などのセールスコピーだと思います。

 

例えば、「簡単」とか「医療との提携で安心」などと謳っていたりします。

 

ハッキリ言って胸糞悪い提案だと思います。

 

28年間やってきた私が言いますが、「簡単」などというのはふざけるな!!と言いたい

 

どんな医療機関も企業もこの毛生えには成功してないんだよ!!

 

何をもって「簡単」などと嘯いているんだ!!!!って思う。

 

はっきり言って舐めているとしか言いようがない

 

それと、医療機関との提携にしても、その医療機関であったり、そこのドクターのことをどれくらい知って、お客様を「紹介」しようとしているんだい!?!?

 

医療においての発毛ってどんなもので、どんな薬が使われ、どんな副作用があり、その、あなたのサロンの大事なお客様にどれほどの負担があるのか知って紹介しているの????

 

あなたは理美容師としてそんなに簡単に「技術」を習得したのかい??

 

すごく頑張ったんじゃないの??

 

知識や技術の習得がそんなに簡単な事でないことくらいわかってんでしょ

 

だったら、わかると思うけど、何かを本気で習得し、それによってお客様におひねりをもらおうと思っているなら、「そんな浮いたようなセールスコピーに惑わされないことだ!!」

今からは本物が選ばれる時代

みなさまこんにちは。

ブログタイトルが発毛キャンプなのに発毛に関しての記事が少ないなぁ~って感じていらっしゃる読者の皆様。。。

 

今まで書いた記事は全て発毛に関する事なのです!

 

私は発毛関係の本、これは独自メソッドといって、ご自分の体験により髪を増やした方の本から、ドクターがある研究の副作用的な側面から髪の毛を増やすメカニズムを書いた本、または医療関係の方が読まれる専門書まで数十冊の書籍を読んでまいりましたが、どの本も薄毛改善のやり方が例えば100あるとして、その一部分にだけフォーカスしている内容でしかありません。

 

それは、薄毛になる原因が多岐にわたるにもかかわらずその原因を1つに絞った見方から書かれたものだからです。

 

現代の医学に至っても「原因不明」の病気が多くなったような気がします。

 

薄毛に至ってもその原因がどこにあるのかは広く見ていかなければいけません。

 

その為には、その方に対する「カウンセリング」が最も重要となってまいります。

 

しかし、カウンセリングをしようにも、経験値の少ないメソッドにおいては、質問項目自体が確立しておらず、カウンセリングを行ったとしても原因まで到達できていないのが現状かもしれません。

 

また、ただの金儲け主義的なサロン(発毛サロン)においては、改善よりも大きな不安と微々たる喜びを上手くお客様に与え、長くサロンを利用させるようなビジネススキームと営業トークスクリプトが出来上がっているように思います。

 

本当に改善してやりたいと思っているのか!?!?!?!って思います。

 

しまいには病院送りで、AGA治療を受けさせ、金銭的に2重の負担を強いり、お客様を薬漬けにし、改善不可能な状態にしてしまうという悲しい結果になっていると思います。

 

でも、神様は見てますよね

 

こういったお客様の本当の喜ぶ姿よりも金儲けが第一の会社は、今では売り上げも3分の1以下にまで落ち込んでいるのです。

 

当たり前の結果です。

 

薄毛改善のようなコンプレックス産業にはこういった弱みに付け込んだビジネスモデルで暴利を貪る企業が必ず出てきますが、絶対に長持ちしません!!

 

私は、こういった結果もろくに出せないのに利益追求だけ上手いような企業に薄毛改善など任せるわけにはいきませんので、現在全国の理美容室に本物の薄毛改善メソッドを伝えていっております。

 

まだまだ導入して1年未満のサロン様ばかりですが、有名な発毛サロンの発毛率の5倍は平均でも結果を出しているのです。

 

それは、お客様と真正面から本気で向き合い、お客様と一緒に二人三脚で改善努力をしているからに他なりません。

 

まだまだ全国でも数限られたサロンしかありませんが、以下の発毛キャンプ導入サロン一覧をみてお近くにサロンがあればぜひ相談に行ってみてください。

 

 

各サロン様で薄毛改善であるとか、頭皮改善であるとかメニュー名は違うかもしれませんが、全て当社のメソッドをしっかり取得したサロン様ばかりです。

 

 

発毛キャンプ™導入サロン

 

 

不都合な真実

こんにちは。

発毛キャンプトレーナーの椿山です。

いつも読んでいただきありがとうございます。

このブログは私が理美容界に入り、発毛キャンプという発毛メソッドを作り上げるまでのストーリーから、薄毛改善メニューを導入されているサロン様、また、薄毛に悩んでいらっしゃる方のお役に立つ事が出来るといいなぁと思い書いております。

 

私が24,5歳(今から四半世紀前)になるころには、勤めていたサロンで扱うシャンプーも化粧品もそこそこ良い内容成分のものを取り扱う事が出来るようになっておりました。

 

しかし、まだ勤め人という事もあり、自分の店でなかったのでそこまで拘ることも出来ないし、当時はまだまだナチュラルなものを作っているメーカーも少なかったことから、満足いくチョイスも出来なかったのです。

 

しかし、一番頭を悩ませたのは、「カラー剤」と「パーマ液」でしたね・・・

 

この理美容室で使う薬剤についてはこのブログで書いてよいものかどうか・・・迷ったのですが、理美容師さんはその毒性を知った上で、パーマ剤カラー剤の無害化に日々努力して取り組んでいるのであえて書きたいと思います。

 

ある団体においては、カラー剤・パーマ剤を「劇毒物」と謳って、不安をあおり、自社の商品を売るという古典的な「商業理論」を構成していますが、ここでは客観的に、なお実際自分でいろんな実験をやった結果のみをお伝えしていきます。

 

初めに断っておきますが、理美容師である私が理美容の技術を非難するものではないことをご理解ください。

このブログはあくまで「発毛」という視点から検証をしていった経緯をお伝えしていこうと思います。

 

私は必ず実験を行います。

パーマ液がどんな成分でできていて、どんな化学反応が起こるのかというような理美容師なら当然知っておかなければならないような事はもちろん、経皮吸収の問題やその薬剤の毒性なども調べたいのです。

 

動物実験できればいいのですが、我々素人はそういう訳にもいきませんので、植物で実験しました。

この実験がどれ程科学的に信憑性に優れているかというのは分かりません。

 

その時の映像があれば良いのですが、今回のブログでは文字だけでお伝えしたいと思います。

 

私のお店の前には雑草がものすごく生えるところがあるんです。

その雑草をこの時期(暖かくなると)毎年毎年がんばって草取りするのですが、ある年、ふと「パーマ液をかけてみたらどうなるんだろう」って頭をよぎり、その雑草にパーマ液をかけてみる実験をしました。

 

パーマ液は1液と2液に分かれているのですが、2液の方が毒性が強いということは知っていたので、2液をその雑草にかけてみました。

 

すると・・・

 

その雑草は1時間もしないうちに萎れて、約5時間でほぼ枯れてしまうという結果になりました。

 

翌年・・・・

 

雑草は強いですね

 

また生えてきました。

 

またパーマ2液をかけました

 

枯れました・・・

 

そこからがすごいのですが

 

それから丸3年

 

その場から雑草が芽を出すことはなかったのです。。。

 

あの有名な除草剤でも翌年まで除草効果があるものではありません

 

しかし、パーマ液は翌年も、その翌年も雑草が生えることを許さなかったんです。

 

これは、土壌にパーマ液が残留する強さを示していると思います。

 

僕は悩みました・・・

 

パーマ施術をこのままお客様に続けて良いものだろうかと・・・

 

パーマやカラーというのは理美容室にとって収益を伸ばす技術です。

これを無くすという選択は中々出来るものではないかもしれません。

お客様にとってもパーマやカラーは自分を美しく表現するものです。

お客様にも必要とされています。

お客様が美しく、かっこよくなり笑顔になることは理美容師としても嬉しいことです。

 

でも、パーマ剤カラー剤が人体に与える影響を考えると素直に喜べない自分がいたのです。

 

そこで、このパーマ剤やカラー剤で人体に無害なものを探すのですが、なかなか見つかりません。

カラー剤では数点あるのですが、色数はないし、お客様が求める色も提供できないレベル

 

打つ手無しだった昔に比べ、今では科学的根拠もしっかりと出しながら、パーマやカラーの皮膚に対する影響を軽減できるものが出てきているようです。

 

私は今は、「発毛」に特化していますから、パーマやカラーに関しては、発毛させたいというお客様にはお断りをしています。

 

今回はパーマ液だけのことを書きましたが、カラー剤に至っては、発毛には深刻なものだと思います。

何故なのかは次回のブログで・・・・

 

 

 

 

 

 

喜ばしいことと不安なこと

こんにちは。

発毛キャンプトレーナーの椿山です。

今日は当ブログのメインでもある「発毛」について書こうと思います。

 

理美容サロンに広がる発毛関連商品について

昨今、発毛関連商材やメソッド、発毛のビジネススキームなどが理美容サロンへの普及が急ピッチで進んできています。

今まで敷居の高かった発毛サロンに勇気を出して行かなくても、日頃利用している理美容室で本格的な薄毛改善メニューが受けれるということはお客様にとってもメリットがあることだと思います。

これからも色んな会社が理美容室に向けて発毛関連の提案を広めていくと思います。

これについてはすごく良いことだと思っています。

どんどん広がって理美容室で「発毛」が当たり前になっていってくれればと心から思います。

ちょっと心配なこと

理美容サロンに薄毛改善のメニューが広がっていくことは喜ばしいことなのですが、少し不安と心配があります。

それは、理美容サロンが中途半端な情報で施術や商品をお客様に安易に提供し、結果が伴わなかった時に理美容サロンはその対応に苦戦するのではないか!?

また、理美容サロンでの発毛技術に対するお客様の信頼が失墜する事になりはしないかと心配しているのです。

発毛技術はご存知の通りかなり難易度の高い技術になります。

もちろん豊富な知識も必要となります。

知識は1か月間、しっかり集中して勉強すれば身につくかもしれません。

しかし、知識だけでどうにかなるような簡単な技術ではないのです。

だからこそしっかりとしたメソッドを学べばどこのサロンも追いつけない自店の強みとなるのです。

発毛サロンの発毛率

この世に育毛剤と言われる商品はかなりの種類存在しますが、どれもドングルの背比べで結果が出ても1割行けば良いところではないでしょうか。

これは日本を代表する発毛サロンにおいてもこの「1割」をオーバーすることは出来ていません。

たった1割ですよ!!

あのコマーシャルバンバン流しているあの発毛サロンも1割弱だと言ってます。10人に一人しか生やせていないのです!!

そんなサロンにひどい人になると一年間500万も支払っているそうです。

 

何故そんなにも発毛率が低いのか!?

お分かりになりますか??

実は、育毛剤をホームケアで使用している人も、各サロンでヘッドスパや育毛用機器を使用して発毛に取り組んでいらっしゃる方々が見落としている部分があります。

発毛技術の肝

これは私が毎月行っている発毛キャンプメソッドセミナーでもお伝えしているのですが、育毛剤がなぜそんなに効果が出ないのか!?です。

ものすごく端折ってお伝えします。

育毛剤は、その成分のほとんどが毛髪構造にアタックする成分で出来ているということがそもそも生えない要因だと私は考えます。

大体次の4つの成分が主なものではないでしょうか。

 血流促進

 毛乳頭・毛母細胞活性化

 毛包伸長率UP

 男性ホルモン抑制(皮脂分泌抑制)

今までの育毛剤成分の主軸はこの4つがほとんどでしたね。

最近ではこれに

 

 DHTブロック成分

 

が追加された位でしょうか。

これだけ揃えば生えて来そうなのになぁって思いますよね・・・・

でも、1割を超えることはないでしょうね。

その理由は、毛が無い=毛髪構造が無い!!からなのです。

       ☝

実は、発毛のヒントはここにあるんです!

飲む育毛剤は?

AGA治療で処方されるすべての飲む育毛薬については一言だけ申しておきます。それも声高々に申し上げます。

 

 

 

 

「飲む育毛薬は絶対に飲んではいけない!!」

理由は体に負担がかかるからです。

私のメソッドを全て受講していただければ詳細を説明しますが、医者が処方するから安全などとは微塵も思ってはいけません。

私の発毛メソッドでは7~8割の結果を出しているのですが、この飲み薬を服用していた方々の発毛は非常に困難を極めています。

なぜなら、ホルモン剤で無理やり毛を生やすということで、髪の毛を生み出す細胞が弱ってしまっていると考えています。

育毛サプリは効果ある?

サプリメント=栄養補助食品に関しては、一概に効果なし!と言い切れるものではありませんが、例えば昔からワカメやヒジキといった海藻類を食べたら髪の毛に良いという話を聞いたことがあると思います。

しかし、ワカメを食べたからと言って毛が濃くなることはないのです。

海藻類にはヨウ素やホウ素のような育毛効果があるミネラルが豊富に含んでいるのですが、ワカメやヒジキを摂取すれば髪の毛がボウボウになるかというとそうではありません。

それは、このヨウ素やホウ素は血流を上げたり、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌を増やす効果があるのですが、それだけ摂ったところで髪が増えるというような単純な構造を人間の体はしておりません。

髪の毛の材料である栄養素も必要になってくるし、その他のミネラル類(必須ミネラル)も必要ですし、酵素や補酵素も必要になってきます。もちろんビタミンも必要ですし、ファイトケミカル系も必要!!

また、どんなに材料を補給しても、腸が汚ければ、栄養素の吸収も悪くなりますし、腸内細菌に元気がないと酵素の働きも悪くなるといわれています。

運動もしかりで、血流がよくなければ、髪の毛の毛乳頭に栄養を運んでいる末梢血管まで栄養も届きません。

 

要するに、現代では7大栄養素?8大栄養素?9大栄養素?体に必要な栄養素を全て必要な分だけバランスよく摂取しない限り亜鉛を摂ったから、何かしらの成分を摂ったからといって髪が増えたり太くなったりはしません。

 

摂取→分解→吸収→運搬→再合成とすべてに必要なものがあるのですから、その根本を知ったうえでサプリメントなどの取り扱いをやってほしいと思います。

 

最後にヒント

発毛を成功させるには、コツがあります。

そのコツをお伝えする前に、重要なことを認識しといてください。

薄毛の原因は人それぞれで、かなり多岐にわたる原因が考えられるということです。

この薄毛になった「原因」を掴まなければ発毛率を上げる事は出来ないという事なのです。

逆に言えば、原因さえ捕まえれれば、どんな機器や道具を使っても、どんな薬剤や育毛剤を使ったとしても毛をはやす確率はグンッっと上がります。

 

自宅で改善を目指している人も、この原因をそのままで育毛剤に投資しても思った結果は得れないので注意しましょう~~

私は理美容業界を愛しています。

【私は理美容業界を愛しています】

なんてタイトルにしてちょっと照れている変な椿山が今日も理美容業界と薄毛などに悩む方々に向けてブログを書こうと思っています。

 

今日の本当のタイトルは私ごときが僭越ながら愛をもって暑苦しく叫ばせていただきたいと思います。

「それでいいのか!?理美容業界!!」です。

 

理美容業界の施設数は

厚生労働省が平成26年度衛生行政報告を発表
厚生労働省は2015年11月5日、衛生行政報告を発表した。平成27年3月末現在の理容施設数は12万6546件で前年比-1581件(-1.2%)だったのに対し、美容所は3436件(1.5%)増加し、過去最高の23万7525件になった。

 

実際には廃業届等をされていないサロンも多数存在しますので、実際の数字は理美容室合わせて28万件程ではないかと推察されますが・・・・

この28万件と比較できる他業種が無いくらいどんな業種よりダントツで多い店舗数なのです。

 

この理美容室店舗数と比較対象と唯一なるのが「信号機の数」なのです。

 

 

 

 

えっ!?って思われませんでした?

 

信号機ってそんなに少ないの?

いやいや・・・信号機も多いんですよ!

なんせ世界一の数を誇っていますので

その数「20万基」【出典】信号機数:2014年

都道府県別のランキングも出ていますので、興味ある方はこちらを参照。

私も最初は信号機のほうが断然多いんじゃないか!?と思ったのですが、その感覚はある程度都会に住んでいる人の感覚なのです。

私は離島出身で、生まれた町には信号機は有りませんでした。しかし、私が学校卒業してからだったでしょうか・・・小学校の前に1基だけ信号機が設置されたのです。

理由は、子供たちに「信号機の存在を認識させ、都会に出たときに戸惑わないように・・・」みたいな理由だったと思います。(笑)

 

↑↑↑実際の写真(点灯すらしていないようだ(;’∀’))

 

 

 

 

そんなローカルネタはさておき、これだけ理美容室が多ければ、そのマーケットに仕掛ける側も当然存在する訳で、いろんな企業がこの理美容マーケットを利用しているのだ。

 

実は、これだけの数ある理美容室には、ほぼ全国民が利用しているのではないでしょうか。

そこではカットしながら家族のこと、お仕事のこと、趣味や外食したこと等、話さない内容は殆ど無いのではないかというくらいの個人情報が飛びかっているのです。

これは普通の企業から見れば垂涎の的!!

 

よく理美容室がアンテナショップになってたりもする。。。

 

このブログは発毛に関してのブログなので、発毛に関する企業の例を挙げてみよう。

 

発毛サロンでは売り上げ日本一といえば、あの舌っ足らずの社長がよくCMに出ているあの企業ですよね。

あの会社の創業時に行った営業は、理容室回りをして

「薄毛で悩んでる方を紹介してください」

というものだったらしい。

 

そこで理容室はどうしたか・・・

定かではないが、紹介したのであろう・・・

自分の店の大切なお客様をだ!!

それに、本来なら頭髪に関するお客様のお悩みは理美容師が解決するべきなのにだ!

 

あの企業の最高売り上げが確か200億(現在は80億程に落ち込んでいるが)程あったと記憶しているので、200億を理容業界はプレゼントしたといっても過言ではなかろう。

本当にもったいない話だ

 

私は、発毛育毛専門の会社の幹部の方々と情報交換をする機会に恵まれ、色んなぶっちゃけ話もよくお聞きするのだが、そういった会社がお客様にアンケートを取ると、「本当ならこういったサロンには来たくなかった」と答えるお客様が8割を超えるという。

また、そのお客様のほとんどが、今通っている理美容サロンで同じようなメニューがあれば理美容サロンで施術してもらいたいと答えているのだ。

 

これを聞いても本当にもったいない話なのだ。。。

 

そして今もまた同じようなことを繰り返そうとしている。

 

 

昨今理美容業界はトータルビューティーに向け、業態転換し収益構造を変革すべく動いている。

その中で再生美容というキーワードが出てくるのだが、これは再生医療の理論をビューティーの世界で応用出来るのではないかとの動きなのだが、ここでも大事な大事なお客様を手放そうとする動きがある。

 

アウトソーシングと言えば聞こえがいいが、ただのお客様の放出にしか私は見えない。

・美容という枠から出た部分なので医療にお任せするのが賢明だ・・・

・医療機関がバックにいるので理美容師さんも安心してメニュー化できるでしょ・・・

などと嘯いているが、こんなのは詭弁だ。

 

ひどい医療関係機関になると、商品(培養液関連)は卸させていただきますが、サロンでとられたデータを提供してくださいという業者までいる。

 

今後の理美容業界の発展のために、医療機関と五分でタッグを組むならまだしも・・・高額な商品を購入した挙句、苦労して集めたデータまでも提供しないといけないとはどういうことなのだ!!←結構頭にきてる

 

出来ない事なら私もとやかく言う気はないが、ちゃんと勉強すればこの理美容業界でも出来ることだから悔しい!!

ただ、今までの勉強内容とは雲泥の差があるくらい難しい内容をしないといけないかもしれない。

でもやるべきだ!!

 

自分たちの分野で出来るお客様をホイホイ外の流出してどうする!!?

「美」に関する事なら、理美容師が率先してやっていかなければいけないのではないだろうか。

 

とにかく私は、この理美容業界に育てられたし、今もなおこの業界のおかげで生かされている。

そんな業界を愛しているので、この業界がもっともっとお客さんのことを考え、努力して豊かになり後進の若者たちがこの業界に魅力を感じてもらえるような理美容業界になって欲しいと思うし、私もこの業界に微力ながら尽力したいと思っている。

 

もう一度言う

 

「美」に関することで、安易に大切な大切なお客様とその情報を手放すようなことはしてはならない。

そんなことを続けているとお客様からも信用を失っていくことになるだろうし業界発展は未来永劫来ない!