カテゴリー別アーカイブ: 未分類

美容のセクショナリズムについて

はたして美容とは何をどう指しているのだろうか?

 

「セクショナリズムとは」の画像検索結果

美容業界といっても美容室からエステサロン、美容整形まで幅広くあり、その分野分野で軸とするものの考えた方が違うし、学ぶ分野についても違っている。

 

ここでは理容室や美容室いった師業について考えてみようと思う。

 

美容師の仕事とは何だろうか?

 

髪の毛をカットし、またはパーマをしカラーして、その造形美によってお客様の容姿を美しくすることでしょうか。

 

美容師の業とは、このカットやパーマ、カラーをすることで完結してしまっている。

 

はたしてこれでよいのでしょうか。

 

例えば、頭痛がして内科に行ったとしよう。

 

先生に

 

「目の奥が痛いんですけど・・・」

 

「鼻の横がズンズンするんですけど・・・」と言っても

 

「それは耳鼻科に行ってください。」「眼科に行ってください」という事にならないか?

 

内科であるのに体の中で起こっていることがわからない

 

医療においてではなく、その基礎となる科学そのものがセクショナリズムかされ、ジャンルが違えば全くわからない学者が多いといった笑い話に良く似ていると思う。

 

美容というのを美容師たちは髪の毛を造形する事だけとセクショナリズム化し、美しい髪の毛は心身の健康からなっているという基本をまったく意識しない。

 

また、健康の基本が「食」「睡眠」「運動」といった事で成り立つとしたなら、そのそれぞれの分野においても美のプロフェッショナルとして最低限の知識が必要となることは重々明白な事であるにもかかわらず今まで無視してきた経緯がある。

 

セクショナリズムすることでその技術や学問が深く追及され、今まで解明されなかった謎が解明され、人のお役に立つことはあるかもしれないが、セクショナリズム化されることで大事なことを見逃した理論となる危険性の方が高いように思う。

 

これからの美容師は今までの業界の常識を今一度見つめなおし、美のプロフェッショナルとして総合的且つ深くそれぞれを学ぶ姿勢が生き残れる道ではないかと考える。

 

※セクショナリズムとは

「集団・組織内部の各部署が互いに協力し合うことなく、自分たちが保持する権限や利害にこだわり、外部からの干渉を排除しようとする排他的傾向のことをいう。」

 

 

↑こういった業界に未来はないように思える。

 

 

本当に薄毛治療の未来は明るいのか?

 

理化学研究所と再生医療ベンチャーのオーガンテクノロジーズが毛髪再生の種になる細胞の大量培養記述を確立したとのニュースが上がってきた。

 

果たしてこの技術は薄毛で悩む男性のみならず女性の救世主となり得るのであろうか。

 

培養プレートの上で考えうる最善の環境を整え培養された細胞が、薄毛になった人の皮膚内で本当にうまく成長するのだろうか・・・・

 

もしうまく成長するとするならば、そもそも薄毛にはならなかったのではないだろうか。

 

この技術を生かすためには薄毛になった原因を先ずは抑え、その細胞が問題なく成長するための皮膚環境づくりは絶対必須のことであると思う。

 

 

https://www.sankei.com/life/news/180604/lif1806040040-n1.html

禿げない人は○○が奇麗

先日昭和7年生まれの音楽好きの紳士がお見えになられた際にあることに気付いてしまった。

 

フロントが少し後退して、髪の毛も細くはなっているが、86歳という年齢にしては薄毛の進行はあまりしていない方なんだが、何故この年齢でも薄毛にならずに髪の毛が健在なのかを観察してみた。

 

他にもこの方同様70代にしては・・・○○が奇麗

 

60代後半なのに・・・○○一つない

 

といった様に、薄毛になっていない男性にはある共通項があるんです。

 

それは、皮膚が奇麗ってことなんです

 

画像にある様な、老人になるとよく出来る老人性のいぼもほとんどありません。

 

逆に若いうちから薄毛になる人はこのようなイボやシミ、頭皮湿疹、皮膚の感染症など色んな皮膚トラブルを発症しているケースが多いように思います。

 

老人性のいぼには「軟性線維腫・アクロコロドン・スキンタッグ・脂漏性角化症」などがありますが、ご高齢になられても薄毛になっていない方は、このどれも少ないのが特徴です。

 

こういったことからも薄毛予防は健康な皮膚があってこそなのです。

 

健康な皮膚は、健康な身体があってのこと

 

頭皮や毛髪ばかりでなく、体の健康を目指すことが長く髪の毛と付き合っていく最善の方法なのです。

ヤセ菌をどう飼うか

こんにちは。

 

最近の腸活ブームはいつものブームのごとく一瞬でなくなってしまうのでしょうか

 

出来れば腸に関するこれからの研究がもっと進み、一過性の流行ではなく、健康の基本として長く続いてほしいと思っています。

 

さて、今回はこれからの時期女性には特に興味があるシェイプアップ(ダイエット)と腸内細菌について書こうと思います。

 

周りにいませんか?何をどんだけ食べても太らない人・・・・

 

いやいや私は空気と水だけでも太ってしまうのよ・・・・

 

ってこんな両極端な人

 

これは大げさではなく、実際にそういった方もいるようです。

 

例えていうなら、牧草しか食べていない牛は何故あんな巨体になるのでしょうか。

 

遺伝だから?

 

いえ違います。

 

牛には草からアミノ酸を作り出す微生物がたくさんいるからなのです。

 

こんな微生物が動物のいたるところでいろんな働きをしているわけです。

 

これは人間も同じ事、人間の体表面、体の中(特に腸)でもこの微生物(細菌たち)がいろんな働きをしています。

 

最近では、最近全体の遺伝子を解析できる「メタゲノム解析」により腸内細菌叢の遺伝子の組成を調べることが可能になり、その数がある程度正確に出せるようになりました。

 

その数なんと3万種、1,000兆個にもなるそうです。

 

今までは500種類~1000種類、100兆個と言っていたのでかなりの数の差になっていますね。

 

この細菌を今までは「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」として分けていましたが、現在では、より正確に腸内細菌の性質を示すために、「フィルミクテス門」「バクテロイデス門」「アクチノバクテリア門」「プロテオバクテリア門」という4門で区別されるようになりました。

 

このうち、フィルミクテス門は太った人の腸内に多く存在し、バクテロイデス門は痩せた人の腸内に多く存在しているそうです。

 

この2つの門は今までの言い方で言う「日和見菌」に該当する菌達です。

 

このフィル門とバクテ門の数をどの様にコントロールしたらよいのでしょうか。

 

または?このコントロールは可能なのでしょうか?

 

それは簡単なことなのです。

 

フィル門(デブ菌)は高脂肪高カロリーの食事が腸に入ってくると、脂肪の吸収効率が最適になる状態に分解し、腸壁は脂肪をグングン吸収できるようになるし

 

バクテ門(ヤセ菌)は脂肪分解能力が低いため腸壁の脂肪吸収率も低くなるため、「ヤセ菌」と呼ばれています。

このバクテ門(ヤセ菌)は高食物繊維・低脂肪食を好物としているようです。

 

この二つの腸内細菌群は宿主がふだんどんな食事をしているかによってそのバランスを変えていくそうです。

 

さて、貴方ならどうンな食事を心がけるでしょうか??

JMBA(一般社団法人日本メディカルビューティー協会)のメインメニューとなりました。

こんにちは。

今回は告知をさせていただきます。

私が28年間研究し続け、この2年で発毛に関するメソッドとして完成させた発毛キャンプ®システムがJMBAのメディカルビューティーシステムのグローリスト認定のメインメソッドとなりましたことをご報告いたします。

 

JMBAとは

医療と美容の架け橋となり、新たなマーケットを創造することにより関連企業様、エンドユーザー様のお役立ちをする事を目的に2015年に発足した協会であります。

 

活動といたしましては、

設立以来、グローリストの養成やレベルアップのための教育関連活動、認定グローリスト等の資格認定活動、消費者から信頼されるグローリストを確立するための業界活動、消費者への情報提供活動、登録サロン制度の実施等、多方面にわたる幅広い活動を展開。

しかし、近年の再生医療の目覚ましい進歩や、サロンのトータルビューティーへの業態転換などが目まぐるしく変化してきた昨今の状況などを踏まえ、メディカルビューティーシステム®のアップデートを行う事という事で、弊社発毛キャンプ®システムが協会のグローリスト育成のメインの教科書として採用されたという事です。

 

 

これを機に、協会では新たな制度、新たな商品、新たなコンテンツなどをサロン様にご満足いただける内容へと新たにシフトして行きます。

 

JMBAでは、発毛、エステ、インナーといった美と健康をテーマにした知識教育と、技術教育を行っていきますが、それに加えその武器をいかに使いこなすか!?所謂その知識や技術をお客様の喜びに変え、ビジネスとしてしっかり確立していただかなければなりません。

 

そこで、2本目の柱として「ビジネスマネージメントアカデミー」を併設し、サロンが今以上に発展していくお手伝いも同時に行っていく内容となっております。

 

 

先ずは、福岡を中心に九州地区を重要拠点として活動を始めるにあたり第一回説明会を下記日程にて福岡で開催することとなりました。

つきましては、皆様には是非ご参加していただきたくここにご案内申し上げます。

また、チラシには記載していませんが、この説明会においてはアンバサダー企業サポート企業の募集をさせていただきます。

御社にとって有益な情報となると思いますので、ご多様中とは存じますが、ぜひともご参加くださいますようお願い申し上げます。 

 

日 時:平成29年11月27日(月曜日)13時~15時(12時45分受付開始)

場 所:〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街5−3

クリオコート博多 会場:クリスティーナ

講 師:日本メディカル美容育毛研究会会長 筒井浩一郎氏

    株式会社アップワード代表取締役社長 河北龍志氏

参加費:無料

定 員:30名

※下記問い合わせフォームにご記入の上お問い合わせいただきましたら、ご案内チラシ裏面にFAX申込用紙がございますので、ご記入していただきFAXお願いいたします。

※九州・山口地域全域からの参加が見込まれます、各サロン2名まで。

 

講師紹介

筒井浩一郎氏・・・日本メディカル美容育毛研究会会長、日本メソセラピー研究会、日本美容皮膚科学会会員

鹿児島大学医学部卒業。九州大学医学部第一内科、明静会美容皮膚科クリニック院長、美容外科・皮膚科ELクリニック院長歴任。再生医療、特に幹細胞療法に精通し、最新育毛医療では草分け的存在として高く評価されています。

 

河北龍志氏・・・株式会社アップワード代表取締役社長、株式会社ツツミプランニング副社長、株式会社処方屋取締役。

大学卒業後、某化粧品メーカーの研究室にて、永年化粧品の処方設計を手がけてこられた化粧品製造のプロフェッショナル、特にGFの化粧品への処方設計においては国内でもトップクラスの技術と知識を持っており、その化粧品は化粧品の枠を超え医薬品レベルの効果を発揮するといわれている。

 

 

 

発毛でまず初めにやるべきこと

こんにちは。

 

今までいろんな情報を発信してきましたが、今から薄毛予防、またはもうすでに薄毛になっている方が今から育毛・発毛をやっていく上で初めにやって欲しいことがあります。

 

育毛・発毛に関する情報はネットに氾濫していますが、初めに行わなければいけない事に関しての記述は皆無に等しいのでここでお伝えしようと思います。

 

これはとても大事なことですので是非行ってください。

 

何をするかというと、今の状態を先ずは確認することです。

 

先ず、現在の状態、薄毛の進行具合、頭皮の状態(色や硬さ、頭皮湿疹の有無など)をチェックしていただきたいと思います。

 

頭皮の色がわからない場合には、行きつけの理美容サロンで理美容師さんに診てもらうのが一番です。

 

そして、今の状態を写真に収めていてください。

 

そして、3週間に一度くらいの頻度で頭部の撮影をしてください。出来れば毎日撮影すると、些細な変化も感じる事が出来ると思います。

 

改善具合がわからないと自身のモチベーション維持がかなり難しくなりますので必ず行ってくださいね。

 

出来れば誰かに撮って頂くのがよいと思います。

 

撮影での注意点としましては

 

・同じ場所、同じ照明(明るさ)、同じ撮影距離、同じ画素数、同じ撮影機器といったように同条件で撮影することが大事です。

 

さぁ、早速撮影してみましょう!!

 

現状を知ることで今後の行動にも大きく意識付けが違ってきます。

 

さて、撮影が済んだらいよいよスタートですが、スタートしてからも定期的にこの撮影と頭皮の改善具合は常にチェックしていってください。

 

このメモリーすることはダイエットなどではとても重要視していることで、メモリーダイエットとも言い、メモリー(記録)するだけでダイエット効果があるともいわれています。

 

毎日記録することで食事内容にも気を抜くことがなくなり、モチベーション維持にも効果的です。

 

 

 

導入を考えているサロン様へ注意喚起

こんにちは。

 

東京出張から帰ってきて、なぜか身体がボロボロになっております・・・

 

今回の出張の目的は、すでに育毛発毛メニューを提案しているサロン様への発毛キャンプシステムの情報提供のために行ってきました。

 

最近感じることは、育毛発毛を本気で取り組んでサロンのメニュー化を進めているサロン様が増えてきたことです。

 

当然のことではあると思うのですが、お客様の「美」を提供する理美容室において、年々深刻化している薄毛に対しての提案メニューがサロンに無いという事は問題でもあったわけです。

 

お客様の悩みに対して真摯に向き合うサロンが増えてくるという事は喜ばしいことではある一方で、発毛育毛に関する商材やメソッド、機器の販売等、その周辺サービスを提供する企業も増えて来ている中で、サロンのことを本気で考え、正しい知識や技術、機器知識などを提供できている企業が皆無であるという嘆かわしい現実があるという事です。

 

すでに取り入れているサロン様のお話を聞くと、育毛発毛に必要な情報がほとんど提供されていません。

 

提供されていたとしてもかなり古い情報で、現場での最新のエビデンスに基づいた情報の提供がされていないという事です。

 

このままサロン様がそういった中途半端なメニューや情報をお客様に提供していけば、必ずどこかで破綻することは目に見えています。

 

一番の被害者はお客様であり、サロン様になると思います。

 

提供した企業はほとんどダメージなく次の提案を形を変え、厚かましくしてくるでしょう。

 

今からいろんな企業や団体が、この発毛・育毛・メディカルビューティーの提案をしてくると思いますが、とにかくいくつかの情報を入れ、それから精査し投資していくべきだと考えます。

 

世の中には中身のないものを中身があるかのように見せて上手く販売するプロ達がいます。

 

それはそれで一つの技術として認めますが、そこにお客様がいる以上は軽率な判断で取り入れ、それをそのお客様に提供してほしくないと思っています。

 

 

それらを提供している企業にもうちょっとマシな情報を提供するように言ったところで経験のない素人同然の人たちが販売しているわけですから無理な話なので、選択する側に賢明な判断が求められます。

 

そこで注意してほしい文言がいくつかあります。

 

「経営に困ってませんか?」などといった内容や、「これだけ儲かりまっせ」という見せ方のもの、「簡単」などといった誰にでもできるような言葉を使ったり、「この商品が・・・」とうように商品や機器ありきのメソッド、「メディカルとの連携」を謳い、安心感を匂わせる様なもの・・・・

 

それでも判断できないようなら、こう言ってください。

 

「今までの結果を見せてください」と

 

ほとんどの企業や団体、その他個人発信のメソッドは「エビデンス」をほとんど持っていません。

 

あっても数人分位でしょう。

 

そこが大きな決め手となると思います。

 

サロンが求めるべきものは、商品でもなければ機器でもありません。

 

一朝一夕には習得できない「経験」を買うべきだと思います。

 

提供先がどれほどの「経験」を持っているか!?

 

その経験値に基づくリスクヘッジがあるかどうか!?

 

その証拠となるものは「エビデンス数」です。

 

それを提示できる提携企業の話は聞く価値はあると思います。

 

「育毛元年」を来年に控え、導入サロンが今後増えていくだろうと思います。

 

 

決める前に多くの情報に触れて決めるようにしてくださいね。

 

 

 

美容師さんはそんなところまで求めてない・・・?

おはようございます。

 

起こる出来事には、良いことも悪いことも平等に起こるといわれていますが、得てして人は悪いことに注視するところがあるので幸せになりづらいといわれているよね。

 

私も昨日は良いことと悪いことがいっぺんに起こった一日でした。

 

でも、悪い出来事の方が自分にとって重要な要素を含んでいる場合、良いことが3起こって、悪いことが1だとしても気分が晴れないものですね。

 

私はブログでもわかるように、ビューティー業界(理美容室・エステサロン)の方々に育毛・発毛ビジネスをお伝えしています。

 

そこで、同じ育毛講座などを開いているメイン講師の方々と情報交換の意味も含め育毛発毛の技術や知識の情報交換を行っているのですが、そういった方々から悲しいお言葉を聞くことがあるんです。

 

私はこの育毛発毛に関しては28年という長い年月をかけて研究してきましたので、どんな講師の方々や、研究者が来ても知識においても経験においても勝っていると自負しています。

 

そんな相手がこう言うんです。

 

「私もそこまでの知識を取り入れて教えるのは無理だし、そもそも業界の人たちがそこまで求めていないんですよね」って・・・

 

これを聞いて悲しくなっちゃうんですよね

 

理美容業界はお肌や髪の「美」のプロである以上、最低限これくらいは知っていてほしいって思う内容でも、「そこまでは求めていない」というメーカーやその講師達

 

これを聞いて悲しくないはずがないんですよ

 

悔しくないはずがないんです。

 

ビューティー業界、特に理美容業界はそんな上っ面の情報に振り回され、ただでも入るような知識にお金を払い時間を使ってるんです。

 

メーカーやそれを取り巻く講師陣もそのレベルで金儲けさせてもらっているんです

 

メーカーや講師の方々が悪いと言っているのではありません、その方々が儲かっているということは、それを求める消費者がいるからこそなのです。

 

求めている人の数=儲け(ビジネス)になるわけですから・・・・

 

 

でも、すごく悲しいよね

 

本当はもっともっと可能性のある業界なのに、そういう風にしか見られず、レベルの低い情報しか流れてこないっていうのは

 

私がどんなに吠えようと求めている人の自由だから、何も変わんないのかもしれないけど、私は理美容師さんの、いや・・・この業界の可能性を信じ、自分自身も日々進化し続け理美容業界に価値ある情報を送り続けようと思います。

 

 

イメージギャップ

皆さんこんにちは。

 

昨日神戸出張から帰ってきて、仕事が山積していて何から手を付けようか・・・って感じですが、ブログから書こうと思います。

 

神戸出張で、芦屋にある「インディアンカレー」という店にランチしに行ったんですね。

 

 

そのカレー店にはトイレがなく、向かいにある商業ビルに行くしかないということで、その商業ビルのトイレを借りに行ったときにハッと気づいた事があったので、その事について今回はブログを書こうと思います。

 

芦屋といえば六麓荘で有名ですが、お金持ちさんたちの集まった場所というイメージですよね。

 

歩いている方も、街も、家も、走っている車も高級な感じで、町全体がセレブな雰囲気を醸し出しているんですね。

 

そこで、その商業施設のトイレに入ったときに、入った瞬間気づいたんです。

 

全く臭いがしないんです。

 

どんなに奇麗な商業施設でも芳香剤などで誤魔化してはいても、トイレ独特のアンモニア臭がかすかにしたりとか、なにかしらトイレ独特の匂いってあると思うんですが、全く何の臭いもしないんですよね・・・そこは

 

そして、とても清潔なんです。

 

商業施設のトイレなのに床の一部分も濡れていないし、鏡もピカピカ

 

すげぇ~なぁ芦屋!!って思っちゃいましたね。

 

ここで、ビューティー事業をやれている人には考えてほしいと思うんです。

 

美容室に来店する人って、美しくしてくれる場所で、お店もおしゃれ!店員も小綺麗にしておしゃれ!って場所だと、トイレなんかの清潔さのレベルもかなり高いレベルでないとマイナスギャップが生じるんですよ

 

これをもうちょっとわかりやすく言うと

 

貴方が、めちゃくちゃ見た目ボロボロの清潔感のない飲食店に入ったとしましょう。

 

店内もそこそこ汚いので、出てくるお料理にもちょっと不安を持ちながら待っていて、いざ出てきた料理を食べたら滅茶苦茶美味しかったんです。

 

これがプラスギャップですよね

 

何故そう言えるかというと、同じ料理で同じ美味しさの料理を奇麗でお洒落なお店で出てきたら、汚いところで食べた時とは違った反応を人はするんです。

 

奇麗でお洒落で評判がいいお店だと、最初の期待値が高いので同じ美味しさだとしてもその料理にはそんなに評価は高くならないというのがあるんです。

 

話を戻すと

 

美に関連するお店では、店内の清掃が少しでも行き届いていないと、期待度との落差でマイナスギャップが生じてしまいます。

 

ですから、ビューティー事業をやられているとこは、そのギャップを意識して店内を作り上げないといけないんだと思います。

 

ってことを、芦屋で感じたので今日は書いてみました~~

 

トイレのチェックしてみて下いね。

皮脂の酸化速度について

こんにちは。

 

皮脂の酸化について今日も持論を展開していこうと思います。

 

先日セミナーでの質疑応答で、この皮脂の酸化スピードについての質問をいただきました。

 

「皮脂は5~6時間で酸化してしまうという話を聞いたことがあるのですが・・・」

 

私の答えは「NO」でした。

 

この5~6時間という数字がどこから出てきたのか気になっていくつかのサイトをググってみたら、ある記事(ブログ)にこの5~6時間という記述があり、確認できました。

 

これはあくまで商品(シャンプーや洗顔剤)を売りたいショップやメーカーの理論ではないかと思い、大学や研究所と言われるようなところの教授や研究員らの文献はないかと探してみました。

 

その中に、「ス ク ア レ ン の 酸化反応速度」という文献があり、内容を確認いたしました。

 

答えを先に言うと、「ハッキリとわからない」というのが答えではないでしょうか。

 

この文献の冒頭にはこのように書かれています。

 

「そ れ らの速度を定量的に 討 した研究 は非常 に少なく,速 度解析の研究 はほとん ど行 われ ていな い。」

 

そうなんです。

 

あまりにも研究データが少なすぎるのです。

 

皮脂を構成する成分は、ワックスエステル(約25%)、スクアレン(約12%)、トリグリセライド(約60%)と言われています。

 

このうち酸化しやすいのがスクワランという物質です。

 

この酸化しやすい皮脂中12%のスクワランの酸化スピードの文献の結論は

ここに回分型反 装置封入酸素 力 化より,ス クアレンの酸化反 速度を測定 し,微 小な酸化領域の酸化 動を
討し以下の点が明らかになった。
1) 過酸化物生成反 は,非 常に い誘導期とその約10³倍の速度を持った加速期の2段 階で進行する。
2) 反 過程を 起反 と反 中間体の連鎖反 を考慮した反 過程によって解析 した。過酸化物の生成速度は,反 初期では 起反 が,ま た,加 速期では連鎖反の速度によって支配されることが分かった。
3) 反 初期の誘導期と過酸化物が微量生成 して起こる加速期の両期間において,総 括的な脂質の酸化反応速度は脂 質 濃 度 に 関 して 一次 反応 で表 され,そ の 速 度 定数は次 式 の 通 りで あ る 。
k1(h-1)= 6.3×108exp (-1.1× 104/T)
k2(h-1)= 8.7×1012exp (-1.2× 104/T)

「ス ク ア レ ン の 酸 化 反応 速 度」

 

 

スクワレン以外は、脂肪酸とグリセリンに分かれ、保湿や弱酸性に保つ役割をしているわけですが、弱酸性に保つということは酸化にブレーキをかけてくれているわけです。

 

皮脂と常在菌のバランス、皮脂の質、そういったものが正常であれば、酸化のスピードはかなり緩やかに推移するでしょうし、紫外線などに当たる時間などでも大きく違ってくるでしょう。

 

トリグリセライドなどは中性脂肪なので、食べたものが大きく左右します。

 

そうなってくると、文献等で出された数字は確かに1つの参考値にはなるとは思うけど、その人その人によって酸化スピードは違ってきて当然ということなのです。

 

それに、生きている人間の皮膚上では常に皮脂膜の循環は起こっているので、表面の酸化した皮脂、その下の皮膚と密接した新しい皮脂という層になっていると思うので何時間で酸化し、皮膚トラブルになるのか!?という理論は実験レベルでは測れないと思うのです。

 

何が言いたいのかというと、何かの情報を受け取ったら、その情報について自分なりに深く検証する必要があるということだと思うのです。

 

ネットの情報にしても研究者が出した情報にしても、また、このブログの情報にしても100%正しいという情報はないと思うのです。

 

すべてを鵜吞みにせず、すべての情報をリンクさせ判断していかないということです。