カテゴリー別アーカイブ: 未分類

発毛でまず初めにやるべきこと

こんにちは。

 

今までいろんな情報を発信してきましたが、今から薄毛予防、またはもうすでに薄毛になっている方が今から育毛・発毛をやっていく上で初めにやって欲しいことがあります。

 

育毛・発毛に関する情報はネットに氾濫していますが、初めに行わなければいけない事に関しての記述は皆無に等しいのでここでお伝えしようと思います。

 

これはとても大事なことですので是非行ってください。

 

何をするかというと、今の状態を先ずは確認することです。

 

先ず、現在の状態、薄毛の進行具合、頭皮の状態(色や硬さ、頭皮湿疹の有無など)をチェックしていただきたいと思います。

 

頭皮の色がわからない場合には、行きつけの理美容サロンで理美容師さんに診てもらうのが一番です。

 

そして、今の状態を写真に収めていてください。

 

そして、3週間に一度くらいの頻度で頭部の撮影をしてください。出来れば毎日撮影すると、些細な変化も感じる事が出来ると思います。

 

改善具合がわからないと自身のモチベーション維持がかなり難しくなりますので必ず行ってくださいね。

 

出来れば誰かに撮って頂くのがよいと思います。

 

撮影での注意点としましては

 

・同じ場所、同じ照明(明るさ)、同じ撮影距離、同じ画素数、同じ撮影機器といったように同条件で撮影することが大事です。

 

さぁ、早速撮影してみましょう!!

 

現状を知ることで今後の行動にも大きく意識付けが違ってきます。

 

さて、撮影が済んだらいよいよスタートですが、スタートしてからも定期的にこの撮影と頭皮の改善具合は常にチェックしていってください。

 

このメモリーすることはダイエットなどではとても重要視していることで、メモリーダイエットとも言い、メモリー(記録)するだけでダイエット効果があるともいわれています。

 

毎日記録することで食事内容にも気を抜くことがなくなり、モチベーション維持にも効果的です。

 

 

 

導入を考えているサロン様へ注意喚起

こんにちは。

 

東京出張から帰ってきて、なぜか身体がボロボロになっております・・・

 

今回の出張の目的は、すでに育毛発毛メニューを提案しているサロン様への発毛キャンプシステムの情報提供のために行ってきました。

 

最近感じることは、育毛発毛を本気で取り組んでサロンのメニュー化を進めているサロン様が増えてきたことです。

 

当然のことではあると思うのですが、お客様の「美」を提供する理美容室において、年々深刻化している薄毛に対しての提案メニューがサロンに無いという事は問題でもあったわけです。

 

お客様の悩みに対して真摯に向き合うサロンが増えてくるという事は喜ばしいことではある一方で、発毛育毛に関する商材やメソッド、機器の販売等、その周辺サービスを提供する企業も増えて来ている中で、サロンのことを本気で考え、正しい知識や技術、機器知識などを提供できている企業が皆無であるという嘆かわしい現実があるという事です。

 

すでに取り入れているサロン様のお話を聞くと、育毛発毛に必要な情報がほとんど提供されていません。

 

提供されていたとしてもかなり古い情報で、現場での最新のエビデンスに基づいた情報の提供がされていないという事です。

 

このままサロン様がそういった中途半端なメニューや情報をお客様に提供していけば、必ずどこかで破綻することは目に見えています。

 

一番の被害者はお客様であり、サロン様になると思います。

 

提供した企業はほとんどダメージなく次の提案を形を変え、厚かましくしてくるでしょう。

 

今からいろんな企業や団体が、この発毛・育毛・メディカルビューティーの提案をしてくると思いますが、とにかくいくつかの情報を入れ、それから精査し投資していくべきだと考えます。

 

世の中には中身のないものを中身があるかのように見せて上手く販売するプロ達がいます。

 

それはそれで一つの技術として認めますが、そこにお客様がいる以上は軽率な判断で取り入れ、それをそのお客様に提供してほしくないと思っています。

 

 

それらを提供している企業にもうちょっとマシな情報を提供するように言ったところで経験のない素人同然の人たちが販売しているわけですから無理な話なので、選択する側に賢明な判断が求められます。

 

そこで注意してほしい文言がいくつかあります。

 

「経営に困ってませんか?」などといった内容や、「これだけ儲かりまっせ」という見せ方のもの、「簡単」などといった誰にでもできるような言葉を使ったり、「この商品が・・・」とうように商品や機器ありきのメソッド、「メディカルとの連携」を謳い、安心感を匂わせる様なもの・・・・

 

それでも判断できないようなら、こう言ってください。

 

「今までの結果を見せてください」と

 

ほとんどの企業や団体、その他個人発信のメソッドは「エビデンス」をほとんど持っていません。

 

あっても数人分位でしょう。

 

そこが大きな決め手となると思います。

 

サロンが求めるべきものは、商品でもなければ機器でもありません。

 

一朝一夕には習得できない「経験」を買うべきだと思います。

 

提供先がどれほどの「経験」を持っているか!?

 

その経験値に基づくリスクヘッジがあるかどうか!?

 

その証拠となるものは「エビデンス数」です。

 

それを提示できる提携企業の話は聞く価値はあると思います。

 

「育毛元年」を来年に控え、導入サロンが今後増えていくだろうと思います。

 

 

決める前に多くの情報に触れて決めるようにしてくださいね。

 

 

 

美容師さんはそんなところまで求めてない・・・?

おはようございます。

 

起こる出来事には、良いことも悪いことも平等に起こるといわれていますが、得てして人は悪いことに注視するところがあるので幸せになりづらいといわれているよね。

 

私も昨日は良いことと悪いことがいっぺんに起こった一日でした。

 

でも、悪い出来事の方が自分にとって重要な要素を含んでいる場合、良いことが3起こって、悪いことが1だとしても気分が晴れないものですね。

 

私はブログでもわかるように、ビューティー業界(理美容室・エステサロン)の方々に育毛・発毛ビジネスをお伝えしています。

 

そこで、同じ育毛講座などを開いているメイン講師の方々と情報交換の意味も含め育毛発毛の技術や知識の情報交換を行っているのですが、そういった方々から悲しいお言葉を聞くことがあるんです。

 

私はこの育毛発毛に関しては28年という長い年月をかけて研究してきましたので、どんな講師の方々や、研究者が来ても知識においても経験においても勝っていると自負しています。

 

そんな相手がこう言うんです。

 

「私もそこまでの知識を取り入れて教えるのは無理だし、そもそも業界の人たちがそこまで求めていないんですよね」って・・・

 

これを聞いて悲しくなっちゃうんですよね

 

理美容業界はお肌や髪の「美」のプロである以上、最低限これくらいは知っていてほしいって思う内容でも、「そこまでは求めていない」というメーカーやその講師達

 

これを聞いて悲しくないはずがないんですよ

 

悔しくないはずがないんです。

 

ビューティー業界、特に理美容業界はそんな上っ面の情報に振り回され、ただでも入るような知識にお金を払い時間を使ってるんです。

 

メーカーやそれを取り巻く講師陣もそのレベルで金儲けさせてもらっているんです

 

メーカーや講師の方々が悪いと言っているのではありません、その方々が儲かっているということは、それを求める消費者がいるからこそなのです。

 

求めている人の数=儲け(ビジネス)になるわけですから・・・・

 

 

でも、すごく悲しいよね

 

本当はもっともっと可能性のある業界なのに、そういう風にしか見られず、レベルの低い情報しか流れてこないっていうのは

 

私がどんなに吠えようと求めている人の自由だから、何も変わんないのかもしれないけど、私は理美容師さんの、いや・・・この業界の可能性を信じ、自分自身も日々進化し続け理美容業界に価値ある情報を送り続けようと思います。

 

 

イメージギャップ

皆さんこんにちは。

 

昨日神戸出張から帰ってきて、仕事が山積していて何から手を付けようか・・・って感じですが、ブログから書こうと思います。

 

神戸出張で、芦屋にある「インディアンカレー」という店にランチしに行ったんですね。

 

 

そのカレー店にはトイレがなく、向かいにある商業ビルに行くしかないということで、その商業ビルのトイレを借りに行ったときにハッと気づいた事があったので、その事について今回はブログを書こうと思います。

 

芦屋といえば六麓荘で有名ですが、お金持ちさんたちの集まった場所というイメージですよね。

 

歩いている方も、街も、家も、走っている車も高級な感じで、町全体がセレブな雰囲気を醸し出しているんですね。

 

そこで、その商業施設のトイレに入ったときに、入った瞬間気づいたんです。

 

全く臭いがしないんです。

 

どんなに奇麗な商業施設でも芳香剤などで誤魔化してはいても、トイレ独特のアンモニア臭がかすかにしたりとか、なにかしらトイレ独特の匂いってあると思うんですが、全く何の臭いもしないんですよね・・・そこは

 

そして、とても清潔なんです。

 

商業施設のトイレなのに床の一部分も濡れていないし、鏡もピカピカ

 

すげぇ~なぁ芦屋!!って思っちゃいましたね。

 

ここで、ビューティー事業をやれている人には考えてほしいと思うんです。

 

美容室に来店する人って、美しくしてくれる場所で、お店もおしゃれ!店員も小綺麗にしておしゃれ!って場所だと、トイレなんかの清潔さのレベルもかなり高いレベルでないとマイナスギャップが生じるんですよ

 

これをもうちょっとわかりやすく言うと

 

貴方が、めちゃくちゃ見た目ボロボロの清潔感のない飲食店に入ったとしましょう。

 

店内もそこそこ汚いので、出てくるお料理にもちょっと不安を持ちながら待っていて、いざ出てきた料理を食べたら滅茶苦茶美味しかったんです。

 

これがプラスギャップですよね

 

何故そう言えるかというと、同じ料理で同じ美味しさの料理を奇麗でお洒落なお店で出てきたら、汚いところで食べた時とは違った反応を人はするんです。

 

奇麗でお洒落で評判がいいお店だと、最初の期待値が高いので同じ美味しさだとしてもその料理にはそんなに評価は高くならないというのがあるんです。

 

話を戻すと

 

美に関連するお店では、店内の清掃が少しでも行き届いていないと、期待度との落差でマイナスギャップが生じてしまいます。

 

ですから、ビューティー事業をやられているとこは、そのギャップを意識して店内を作り上げないといけないんだと思います。

 

ってことを、芦屋で感じたので今日は書いてみました~~

 

トイレのチェックしてみて下いね。

皮脂の酸化速度について

こんにちは。

 

皮脂の酸化について今日も持論を展開していこうと思います。

 

先日セミナーでの質疑応答で、この皮脂の酸化スピードについての質問をいただきました。

 

「皮脂は5~6時間で酸化してしまうという話を聞いたことがあるのですが・・・」

 

私の答えは「NO」でした。

 

この5~6時間という数字がどこから出てきたのか気になっていくつかのサイトをググってみたら、ある記事(ブログ)にこの5~6時間という記述があり、確認できました。

 

これはあくまで商品(シャンプーや洗顔剤)を売りたいショップやメーカーの理論ではないかと思い、大学や研究所と言われるようなところの教授や研究員らの文献はないかと探してみました。

 

その中に、「ス ク ア レ ン の 酸化反応速度」という文献があり、内容を確認いたしました。

 

答えを先に言うと、「ハッキリとわからない」というのが答えではないでしょうか。

 

この文献の冒頭にはこのように書かれています。

 

「そ れ らの速度を定量的に 討 した研究 は非常 に少なく,速 度解析の研究 はほとん ど行 われ ていな い。」

 

そうなんです。

 

あまりにも研究データが少なすぎるのです。

 

皮脂を構成する成分は、ワックスエステル(約25%)、スクアレン(約12%)、トリグリセライド(約60%)と言われています。

 

このうち酸化しやすいのがスクワランという物質です。

 

この酸化しやすい皮脂中12%のスクワランの酸化スピードの文献の結論は

ここに回分型反 装置封入酸素 力 化より,ス クアレンの酸化反 速度を測定 し,微 小な酸化領域の酸化 動を
討し以下の点が明らかになった。
1) 過酸化物生成反 は,非 常に い誘導期とその約10³倍の速度を持った加速期の2段 階で進行する。
2) 反 過程を 起反 と反 中間体の連鎖反 を考慮した反 過程によって解析 した。過酸化物の生成速度は,反 初期では 起反 が,ま た,加 速期では連鎖反の速度によって支配されることが分かった。
3) 反 初期の誘導期と過酸化物が微量生成 して起こる加速期の両期間において,総 括的な脂質の酸化反応速度は脂 質 濃 度 に 関 して 一次 反応 で表 され,そ の 速 度 定数は次 式 の 通 りで あ る 。
k1(h-1)= 6.3×108exp (-1.1× 104/T)
k2(h-1)= 8.7×1012exp (-1.2× 104/T)

「ス ク ア レ ン の 酸 化 反応 速 度」

 

 

スクワレン以外は、脂肪酸とグリセリンに分かれ、保湿や弱酸性に保つ役割をしているわけですが、弱酸性に保つということは酸化にブレーキをかけてくれているわけです。

 

皮脂と常在菌のバランス、皮脂の質、そういったものが正常であれば、酸化のスピードはかなり緩やかに推移するでしょうし、紫外線などに当たる時間などでも大きく違ってくるでしょう。

 

トリグリセライドなどは中性脂肪なので、食べたものが大きく左右します。

 

そうなってくると、文献等で出された数字は確かに1つの参考値にはなるとは思うけど、その人その人によって酸化スピードは違ってきて当然ということなのです。

 

それに、生きている人間の皮膚上では常に皮脂膜の循環は起こっているので、表面の酸化した皮脂、その下の皮膚と密接した新しい皮脂という層になっていると思うので何時間で酸化し、皮膚トラブルになるのか!?という理論は実験レベルでは測れないと思うのです。

 

何が言いたいのかというと、何かの情報を受け取ったら、その情報について自分なりに深く検証する必要があるということだと思うのです。

 

ネットの情報にしても研究者が出した情報にしても、また、このブログの情報にしても100%正しいという情報はないと思うのです。

 

すべてを鵜吞みにせず、すべての情報をリンクさせ判断していかないということです。

 

 

 

 

 

 

 

筋トレするとハゲる??

こんにちは。今回はちょっとプライベートな投稿です。

 

私は9/1よりプライベートであるプロジェクトを開始しました。

 

それは50歳の誕生日に人生史上最高の体を手に入れようというものです。

 

「My Best Body Project 50」です←こうやって誰かに告知しないと続かない弱っちい意志の持ち主なので(;^_^A

 

 

そのプロジェクトはさておき、表題にあったように、筋トレをやると禿る??のではないかという質問をいただきますので、私が以前体づくりをやった時の経験談を踏まえて少し解説したいと思います。

 

 

実は、私が43歳の時にダイエットの神が降臨してきました。あのダイエットのビフォーアフターの番組みたいに・・・・

 

それまでは、仕事柄飲み会も多く、喫煙に深酒、寝不足に暴飲暴食・・・

 

みるみる醜い身体に成り下がった自分の体を見て情けなくてなさけなくて突然思い立ったのがきっかけでした。

 

身長は168cmしかなかったのに体重は80kgを超えるか超えないかというところまでいってました。。。たぶん・・・

その時の体がこれ・・・

なんともみっともない・・・・(´;ω;`)ウッ…

 

 

この時の体重は正確には覚えていないのです。

 

自分の体に対してだらしなくなると、体重さえ気にしていないので体重計などに乗ることもほとんどなかったんです。

 

でも、今から考えると80kgはゆうにあったのではないかと思います。

 

一念発起しある年の5月19日よりダイエットというか、その時もかっこいい体を作ろうってことで開始したんです。

 

先ず始めたのが食事内容の改善、そしてランニング、筋トレでした。

 

最初の2ヵ月、まったく成果が出なかったりと苦労はしましたが、5か月後には62kgまで体重は落ち、ランニングも普通に10km位は走れるようになっていました。

 

この間、筋トレ方法や、食事内容の改善、ランニング方法等々、かなりの書籍やネットで調べては改善しということを繰り返しやっていました。

 

なんとか自分の中でBestに近い内容になって、安定して狙った身体に持って行っている感触はつかんでいました。

 

その時の最終形がこちら

まだまだ完成には程遠いですが・・・

 

自分の体が変わってくると、周りからいろんな質問が投げかけられます。

 

もちろん一番多いのが、どうやったら痩せれるのか!?です。

 

この質問に関しては、次のように答えます。

 

痩せたいなら

 

摂るカロリー < 消費カロリー であること

 

です!!当然ですよね

 

食事などで摂取するカロリーが、使うカロリーより多ければ脂肪として貯蓄されます。

 

逆に摂取カロリーより使用カロリーが多ければ、今まで貯蓄していた体内の脂肪を使いますので自ずと痩せるというのは明らかなことです。

 

要は、自分が摂取しているカロリーと、基礎代謝(体が何もしなくても使っているカロリー)と運動などでどれくらいのカロリーを使用しているかを「把握」するだけなのです。

 

これをちゃんと把握していれば、あとは使用カロリーを多くすれば痩せるわけですから話は簡単です。

 

 

次に、筋トレすると禿げるって聞くんだけど、本当なの??って質問が男性からは意外と多いんです。

 

これは、筋トレ=筋肉増量=男性ホルモンの増加が必須といった関連性によるものだと思います。

 

男性ホルモン分泌が盛んであればあるほど筋肉は付きやすくなりますからね。

 

ですから、筋トレは先ずスクワット系からやるのが一番効率よく筋肉がつくといわれています。

 

先にスクワットをやることで男性ホルモンの分泌を促し、その後の各部位の筋トレで筋肉増量していく・・・

 

至極簡単に書くとこんな流れで筋トレしていきます。

 

この男性ホルモンの分泌を上げる=禿げるとなっているように思います。

 

しかし、このスクワットでは、男性ホルモンと同時に、成長ホルモン=細胞修復ホルモンともいわれるホルモンの分泌も促され、活性酸素などで傷んだ細胞はこのホルモンによって修復され、若々しさを持続できるともいわれています。

 

あのいつまでも若々しく、ハードな芸能生活を送っていた森光子さんも毎日のスクワットは欠かさずやっていたというし

 

一時期流行った「美魔女」も太ももの皮下脂肪が少ない人ほど見た目年齢が若いというデータもあり、そういた方もスクワットをしていたという事からも、若さとこの細胞修復ホルモンの関係は深いと思いますので、筋トレ=禿という方程式は成り立たないと思います。

 

ただし、筋トレを異常にやっている人たち(ボディービルダー)などでは、極端な食事制限や、男性ホルモンの過剰投与などが考えられますので、そういった方々のハゲ率は大きいかもしれません。

 

しかし、通常の筋トレ(一般人が行う)位で禿げになることは考えにくいと思います。

 

逆に、筋トレしている人の方が、細胞修復ホルモンは増加し、血流増加をし細胞の代謝も促されますので健康的であると考えられますので、薄毛の改善にもなるのではないかと思います。

 

現に私がトレーニングをしっかりやっていた3年前が一番見た目年齢が若く言われていたことを考えると、適度なトレーニングは若返りが期待できると考えられます。

 

ということで、薄毛改善のためにも適度なトレーニングは行ったほうがよさそうです。

 

 

 

 

 

初上陸

こんにちは

今週月曜・火曜日と二日間鹿児島に入り、美容室をお借りして発毛キャンプ®システムをお伝えしに行ってまいりました。

 

美容室4サロンと鹿児島のディーラーさんが参加してくださっていました。

 

どのサロン様もすでに発毛メニューや再生美容に関わる商材や店販商品の扱いをしているサロン様ばかりで、知識もさることながら美容業界の変化を敏感にキャッチされ、それを経営に生かされているサロン様ばかりでなかなかの刺激あるセミナーをさせていただきました。

 

今後、理美容室というお客様にとっては普段利用しているサロンで気軽に、なお結果の出るメニューが受けれるようになる日が近いことは実感しています。

 

さてさて

 

せっかくの鹿児島

 

私は近現代史が好きで、それ関係の書籍も多く読ませていただくのですが、その登場人物で一番尊敬しているのが「西郷隆盛」なのです。

 

その西郷翁を輩出した鹿児島に来たからには、西郷南洲翁ゆかりの場所を訪れないといけません。

 

まず最初に訪れたのは

 

鹿児島市城山町にある西郷隆盛洞窟です。

そこの説明文にはこう書かれていました。

「9月24日、午前4時政府軍城山総攻撃が始まりました。城山に立てこもる薩軍兵士は、わずか300余。これを囲む政府軍は何重もの柵をめぐらし、その数4万。死を決した西郷は、夜明けを待って、5日間過ごしたこの洞窟を出ました。桐野利秋、別府晋介、村田新八、池上四郎といった私学校の幹部たちも一緒です。この日の西郷の出立ちは妻のイトが縫ったしまの単衣に白い兵児帯。ゆっくりと岩崎谷を下ります。その時流れ弾が西郷の腰に命中。別府の介錯をあおいで49歳の生涯を閉じたのです」・・・と

 

その後、西郷南洲翁の菩提寺南洲寺を訪れ、南洲翁の墓前で手を合わせ参らせていただきました。

 

ここには西南戦争に敗れた薩軍2023名もの将兵が眠っているそうです。

ここは桜島が一望できるところにあり、桜島に行ってみたくなり、その後桜島へ・・・・

 

西郷翁を稚拙な一文で表現することなど出来ませんが・・・

江戸時代から明治へと時代が変わっていく中で、世の中の価値観が変わろうと頑として人としての大切なものを守り続けたのが西郷翁であったと思います。

 

 

 

あの○○が導入できるサロン数に制限がかかります!!

 

発毛キャンプ®システム説明会

発毛キャンプ®システムトレーナーの椿山です。

今回は発毛キャンプ®初上陸の鹿児島セミナーのご案内です。

 

先ず、この言葉が出てきただけで普通の経営者は読むのを止めてしまうかもしれません。

それは「育毛・発毛」というワードです。

いかがでしょうか?

 

「またか・・・」と思われませんでしたか?

私だったら思います。しかし待ってください!!

ちょっと今までの「育毛・発毛」のご案内と同じようにこの手紙を読みやめるのはもったいないです。

 

今回は育毛剤のご紹介ではありません!

 

今までの育毛系の商材もやり方も全く異なるアプローチ法をお伝えします。

 

私は25年もの間この薄毛に関してその原因と改善方法を現場と書籍などで研究し、時には博士に学んできましたが、結果・・・何も解決しないまま28年という莫大な時間が過ぎてしまいました。

 

全く新しいアプローチがあった・・・

 

ところが!2年前に出会ってしまったのです。

それは、H○RG療法というものでした。

 

その発毛実績はなんと「99%」

 

ありえないと思いました・・・

しかし、調べると、その実績が本当であるという事がすぐにわかったのです。

それは、今までの薄毛治療とは全く別物だったのです。

「納得」でした・・・そのアプローチは本当に私には衝撃でした・・・

 

 

今までは、「毛根」や「皮脂腺(テストステロンがどうのこうの)」とか、「血流」をよくする、「毛穴の詰まり」など毛髪構造のみにアプローチをかけていたのが育毛技術の主流でしたよね!?

 

このH○RG療法は全く違います! このH○RGは「皮膚の再生」「頭皮の再生」が目的なのです!!

要するに、H○RG療法のベースは今目覚ましい進歩を遂げている「再生医療」がベースとなっているのです。

 

そこから私はこのHRG治療で使われている○○を探し始めるのです。

そして2015年の10月、ある社長を介してその商材にたどり着きました。

 

それから何人かのモニターを施術させていただいた結果が裏面の写真になります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

頭皮改善こそが発毛への近道であるということ

 

この方は、たった2ヶ月で驚異的な改善をされた方なのですが、上の写真でお分かりになるように、見違えるほど「皮膚」が綺麗になっています。皮膚の改善なくして真の発毛はないと言っても過言ではありません。

アプローチすべきは「頭皮」なのです!

このモニターは理容師(47歳)で、この再生美容システムを導入前提で一回だけお試しで体験された方なのですが、ご自分でセットしていたら明らかな違いを感じて、2回目以降も継続してやって欲しいとのことでやってこられました。

確かにここまで濃くなれば、理容師であれば毛髪状態の変化に気づかれることでしょう。

 これもまたたった1ヶ月の結果というのが驚きなのです。

 

残念ながらお伝えできるサロンに限りがあります

 

この結果を目の当たりにし、「ありえない!?」と、思いました。

そしてすぐに私はすぐに福岡では有名な再生医療専門のTドクターの所へ行きました。                                                                                                  ドクター曰く、2時間後には導入したサイトカインは細胞のレセプターに作用し、効果を発揮し始めるのでこの結果は「ありえない事ではない!」という事でした。

 

 この発毛キャンプ®システムセミナーを始動して1年が経過し、全国で多くのサロン様に導入していただきましたが、サロン様においても多くの結果を出されております。その結果については講習の中でお伝えさせていただきます。

 

今回のメニュー提案は、全く今までになかったサロンメニューという注目度もありますが、

結果が出せる高料金コースメニュー としての可能性をサロン様に感じていただいているという確信を持っております。

 

この情報を手にした、まさに「今」が導入のチャンスなのです!

セミナー情報

 

【 セミナー内容 】  

 自然脱落毛から見る脱毛根の種類とその対策

 幹細胞が毛根組織を再生するメカニズム

 抜け毛を防ぐ身近なあの物質を増やすには?

 魅力ある理美容業界にするには

 理美容業界の我々が取り戻すべき職務領域とは?

 ニュースレターと口コミで売上1.5倍のサロン例

 導入サロン実例と導入費を半年で回収する方法

 

日時:2017月6日19(月)13:00~

会場:Re born(リボーン)様

住所:鹿児島市永吉2丁目27-11 1F

(限定5サロンとなっておりますのでお申し込みはお早めに。)

 

会社名(店舗名)【必須】

参加される方のお名前(代表者)【必須】

参加人数【必須】
  

住 所【必須】

電話番号【必須】

メールアドレス【必須】

ご質問等がありましたらご記入ください

 

 

 

 

50g=600~1000ml

こんにちは。

発毛キャンプ®トレーナーの椿山です。

1週間ぶりのブログになりますね・・・

サボっていたわけではなく、最近理美容室で育毛発毛のメニュー化が加速していまして、その仕組みづくり等で頭がパンクしそうになっていました。

 

それはさておき、昨日は飲みすぎまして・・・

ちょっと二日酔いなのですが、大量のアルコール摂取をした次の日、体重が落ちているってことないですか?

私はなんと・・・今朝2キロ体重が減っていました・・・

 

体重が減ったと言っても脂肪や筋肉が落ちたのではないんです

 

その証拠に次の日にはキッチリおまけまでついて体重は増加しているという悲しい結果になっています。

 

では、2kgも何が体内から無くなったかというと、それは・・・

 

「水分」なんです。

 

私の場合、2㎏の減少ということは、まだ軽度の脱水症状です。

 

この脱水症状には3段階あるようですので、ご紹介しておきます。

 

まず初期段階の軽度脱水ですがこれはまだ自分で水や経口補水液を補給する事で回復する段階で家庭で治療が出来ます。
体重の減少が5%未満、自分から動く事が出来て意識が明瞭、口の中は湿っていて手足は冷たくなく、人差し指で親指の爪をギュッと握って白くして色が2、3秒で戻るという状態です。

 

次に中等度脱水で、この段階から病院へ行く必要があります。
体重の減少が5%〜10%、動くのがだるくなり眠くなったり妙に興奮したりします。

口の中が少し乾いてきていて親指の爪を押して色が戻るまで3秒〜4秒という時間が掛かります。

 

最後に高度脱水で、危険な状態です。
体重減少が10%を越え、身体は動けなくなり、意識が曖昧で、口がカラカラに手足が冷たくなって、親指の爪を押した時に色が戻るまで4秒以上かかります。

 

では、何故アルコールを飲むとこの様な脱水症状が現れるのか?

それは、アルコールには利尿作用があるため、飲み過ぎると脱水状態になるんですね。

 

もう少し詳しく説明すると

 

利尿作用とは、身体の水分を調整する抗利尿ホルモンの分泌が抑制されることで生じるそうです。抗利尿ホルモンの分泌が抑制されると、体内の水分が尿として排出されやすくなり、脱水の原因となるようです。

 

アルコールの利尿作用では50gの純アルコール摂取で600~1,000mlの利尿効果があると推定されています。

このときに排出されるのは、飲んだお酒の水分ではなく、まずは、血液中の水分が排出され、続いて浸透圧上昇により血管に移動する体液の水分が排出されます。そのため、脱水症状が引き起こされやすくなるのです。

 

なぜ、発毛の話で、この脱水状態の説明をしているかというと、髪の毛も皮膚もある幹細胞から生まれた͡娘細胞であるのですが、この細胞の働きは細胞内液、外液がバランスよく有ることが最も大事なのです。

 

下の絵のように

原始地球の単細胞生物だったとき、海水が栄養の運搬や、老廃物の排出、又は酸素や電解質の供給を行っていたように、我々多細胞生物になってもこのメカニズムは変わっていないのです。

 

よって、発毛もこのホメオシタシスを維持することが大事だってことなのです。

 

これからの時期、暑くなると身体は脱水状態になりがちです。

 

育毛・発毛を頑張っている方は、水分補給を常に心がけることが大切ですよ。

 

ゴーセル詳細はこちら

 

 

[自己紹介] 発毛オタク社長、ブログ始めました

こんにちは。

ブログ、始めました。

 

たぶん、ブログを始める人の88%くらい? がこの言葉で書き始めるのでは???

なんて思いながらやっぱり肝心の書き出しが思い浮かばず・・・

私もつきなみなこの言葉でブログを開始。

毛髪、頭皮、皮膚、健康について幅広くつぶやきます!

・・・  社長がつぶやきます ↓。

薄毛研究26年の実績を誇るつばちゃん、弊社の社長 であります。

発毛の鍵は皮膚再生にあり!という発見を元にじゃんじゃんお客様の髪の毛生やしてます。この「じゃんじゃん生やす」を全国に届けるため情報発信をしていきます。

もちろん、つばちゃんが!です。w

そして、わたくし ふくちゃん がたまーになかなかいい投稿していきます。(笑)

多くの方に楽しく読んでいただけたらいいなぁ~♡