自宅で楽しく発毛キャンプ®⑳~自宅では難しい?~


こんにちは。

 

発毛キャンプトレーナーの椿山です。

 

タイトルには自宅で~~って書いているのですが、今日の内容は薄毛改善などをしている技術者にとってためになる話かと思います。

 

特にここ最近の投稿は、女性の薄毛改善から男性の改善に移ってきているのですが、女性の薄毛改善に比べ男性の薄毛改善は数倍難しいところがありますので、何故難しいのかについて脱毛根の種類別に解説行けたらと思っております。

この解説だけでいくつかに分けて解説していかないといけないボリュームですので、興味があればお付き合いください。

 

脱毛根の種類に関してはネット上でもかなり説明があるかと思いますが、その後の説明のためにも一応ここでも紹介しておきます。

 

こういった脱毛根画像はよく見られるのではないかと思います。

画像が30年前に学んだ時のものですので、かなり古く鮮明ではないので私が撮影した画像を使って一つずつ詳しく説明していこうと思います。

 

先ず、一般的にこの脱毛根は正常な脱毛根とされています。

しかし、この脱毛根には「壮年性脱毛根」という名前もついています。

この脱毛根からネットなどで説明されている「壮年性脱毛症」についての矛盾なども書いていこうと思います。

 

この脱毛根は見ての通り先端が丸みを帯び、いわゆる棍棒状の脱毛根といい、正常な毛髪サイクルの休止期を迎えた脱毛根とされています。

 

がしかし、この壮年性の脱毛根には次のような説明もされているのです。

思春期以降に、遺伝的要素を持つ一部の男性に起こります。男性ホルモンの影響を大きく受ける前頭部から頭頂部のヘアサイクルが乱され(成長期が短くなる)、髪が十分に育たずうぶ毛状態になるため、頭皮が透けて見えるようになります。最終的には休止期から成長期に移行しない毛根も増え、毛髪量も少なくなっていきます。

 

思春期以降にと書いてあるように、10代からでも起こり得る脱毛だという事なのです。

正常な脱毛根でありながら、何故起こるのかというと、次のように記述されています。

 

ヘアサイクルを乱す原因は、男性ホルモンが毛乳頭の細胞内にある酵素により、DHTという強力な男性ホルモンに変化し、このDHTが毛乳頭細胞に働いて発毛を阻害するためと考えられています。遺伝的な要因を持つ人は、このDHTの影響をより強く受けます。

 

記述にはDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、発毛を阻害・・・・

 

これは嘘ではないのですが、遺伝というからにはDNAである設計図が親より継承され、その設計図の元禿げたのだとすると、親やその先祖と同じ時期に同じような禿げ方、兄弟も同じ時期に、同じ禿げ方をしなければ可笑しなことだと思いませんか??

 

また、DHTにより発毛阻害されているにもかかわらず、正常な棍棒状をした脱毛根となりえるのか?など説明にも無理と矛盾が生じているように思います。

 

それに、若くして薄くなる人を数多く診断させていただきましたが、この正常な脱毛根の方々ばかりではないという現実もあるのです。

 

記述からは思春期から抜け始める脱毛は、壮年性であり、遺伝が主な原因だというように読み取れてしまいますが、そうではない脱毛根の場合はどうなのでしょうか?

我々はこの原因についてはある程度解明してきています。

 

 

しかし、この正常な脱毛根をしているのに薄毛が進行しているという方に関しては確かに改善が難しいというのが現状です。

 

言い忘れていましたが、正常かどうかは先端が丸みを帯び「棍棒状」または「らっきょ型」の脱毛根で、毛幹部と毛球部の大きさの比率が「1:1.8」というのが正常とされています。

 

それと、若年にて薄毛になっている方の人口は年々増加しているという事を考えても、「遺伝」「男性ホルモン」といった原因のみと判断するのはあまりにも短慮ではないかと思うのです。

 

遺伝の発現にしても今はエピジェネティクスという考え方があり、同じ遺伝子を持っていたとしても、後天的環境要因が結果を左右するといわれているのであれば、その後天的要因に着目して、改善するアドバイスが必要ではないかと思われます。

 

この正常な脱毛根であるにもかかわらず若年から薄毛に悩んでいる方の改善は一番難しいところではあるので、今後も研究を進めていきたい脱毛根である。

 

次回は脂漏性の脱毛根について書こうと思う。実はこの脂漏性は今回書いたDHTと深い関係がありそうなのに、別の説明がされていたりするのだが、その辺りも突っ込んで書こうと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA