抗がん剤だけではなかった


薄毛改善のカギは、その薄毛の原因の特定が先ずは大事なことである。

 

この原因は、昔に比べかなり多様性を増し、改善はより難しくなってきている。

 

しかしながら、その原因さえ特定できれば、改善率は飛躍的に上がる。

 

その原因の一つに「薬」による脱毛、「薬剤性脱毛」というのがある。

 

薬の服用や、治療法によて頭髪が抜けてしまうと言うものだが、この薬剤性脱毛に関しての知識はほとんど持っていなかった。

 

持っているとすれば、「抗がん剤」による脱毛と「放射線治療」による脱毛くらいであった。

 

そこで少しググてみることに

 

検索ワードは「抗がん剤以外での脱毛」

 

そしたら、薬剤性脱毛の種類がいくつかわかったので、紹介しておこう。

 

以下の症状改善のために飲んでいる薬があり、また、その服用と時期を合わせて薄毛が気になり出したという方は、今飲んでいるお薬について、担当医に相談してみるといいと思う。

 

 抗腫瘍剤
 高脂血症治療薬
 パーキンソン病治療薬
 消化性潰瘍治療薬
 抗血栓剤
 痛風治療薬
 非ステロイド系抗炎症薬
 ビタミンA、ビタミンA誘導体
 抗てんかん薬
 抗うつ薬
 βブロッカー
 抗甲状腺薬
 経口避妊薬などのホルモン剤
            ほか

 

結構薄毛に関連した薬は多いようだ。

 

もっとも薬でその病気が治るという事はないので、そもそも飲まない方がいいのだが・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA