新ヘアサイクル理論①


ヘアサイクル

 

ヘアサイクルに関して私なりの見解があるので今回はその自説をお伝えしたいと思う。

 

先ずは今まで定説とされたヘアサイクルを復習してみよう。

 

ヘアサイクルとは。。。

毛髪一本一本には独立した寿命があり、成長→脱毛→新生を繰り返しています。

これをヘアサイクル(毛周期)といいます。

ヘアサイクルは、成長期退行期休止期の三期に分けられます。

この毛周期は男女で違い、男3~5年、女4~7年といわれている。

 

 

これが一般的なヘアサイクルの説明ではないでしょうか。

 

はたしてこのヘアサイクルは正しいのでしょうか?

 

私は今まで不変の理論というものを見たことがありません。

 

この世にある全ての現象について100%不変の答えを持っているものは全体の数%に過ぎないといわれていますので、このヘアサイクルに関しても今までの理論が正しいとはとても思えません。

 

またこのサイクル年数に関しては、頭髪についてであり、体のほかの部位の毛はまた違った毛周期を持っています。

 

ここでは頭髪についてヘアサイクルを考えていこうと思います。なぜならこのヘアサイクルを正しく?(現在考えうる正しいと思える答え)理解することによって育毛や発毛技術において的確な施術が出来るものだと考えられるからです。

 

ヘアサイクルを説明するにあたり、この図を使っていこうと思います。

なぜこのヘアサイクル図を使用するのかというと、このサイクル図が一番的確にとらえているからです。

贅沢を言うならば、退行期にみられる毛包と毛乳頭の離脱のところの図が私の考えるものと少し違っているのですが、その違いについてもこれから説明していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA